FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朝焼けの響

今の人間のDNAは汚れ切っている
そんなものにまかせておれない
このままでは人類は滅んでしまう

直線と零の神秘が隠されている幾何学
宇宙の根源の構図
夢の架け橋 魔法の小箱を今 ここに開くのだ

幾何学的ヨーガの開幕 詩と神話の登場
雄叫び
静かで しかも力強く燃えているもの
自己と宇宙 親と子の共同作業が始まる
我等はその神への使いだ

朝焼けは黄金の日々の開幕
それは正しく「吼え声」
未来に向って直結し 夢と希望と
空想と力との結合する

吼えよ人よ 未来に呑み込まれ 未来を立たしめる
朝焼けの響きと共に

紅の絵筆は 魔法の小箱から取り出された浄福の雄叫び
太陽よ 来ませ 浄福の炎よ
七頭立ての馬車に乗って 清らかな波動を撒き散らし給え
人間のDNAを透明なものと成し給え

黄金の音波 黄金の色彩波 黄金の香りある
人類社会を作る為に
おお 透明なる角度を持つ者よ

2006.03.03.
スポンサーサイト



| 2006年 | 23:20 | TOP↑

≫ EDIT

頭文明から 地の文明へ

言語を形相に売り渡す という方法は

大成功である

なぜなら言語は 頭から出てくるもの

それが形相という地に

政権を 売り渡した事になる


いよいよ頭文明から 待望の地の

文明が来始めたのである

カバの形相のおかげで

よろこびが涙となって ふき上げてくるし

体内から 踊りが湧いてくるし

これでやっと 永遠なる生きた時間の

中で生きられるようだ


地こそ 肉体こそ 本当のものを 

知っているのだ

そこに定着し始めた


踊りが 体中からふき出てくる


2006.12.26.

| 2006年 | 17:05 | TOP↑

≫ EDIT

カバの誕生

エジプトのカバ信仰

アホのようなカバの一線

それが 生命をつくる基である


他者をもたず

自己だけの一線に生きるカバ

そこからひらめきが はね返ってきた

これは 有り難い一瞬であった


他者のないカバの形相

これを発掘したのである

これは言語をこえている

これは他者をこえている


これだ

この形相こそ

相対と言語を消す

最も大切な鍵となるものだ

と分った


カバのこの形相の中に

オチャメもある

聖もある アホもある

一本立ちもある


そこから 生命が誕生するのだ

この 知を一滴も入れない形相

これを持たねばならない


これ以外に 何ごとにも関心を

持ってはいけない

今の人間にとって 最も必要なことは

このカバの形相に かえる事である


形相と言語を入れかえるのである

30年間 問題として来たこの

言語をやっつける事が 出来るように

なった

そして相対をやっつける事が出来

るようになった

勝利の日が来たのだ


2006.12.21.

| 2006年 | 21:58 | TOP↑

≫ EDIT

水文明と香り

水文明の方程式が 現われた

1-1=0 或いは 1´-1´=1である

0=1


この1-1とは 自己を消すと0となる

手伝うこと 下僕となる事である


何に下僕となるのか

それは 天の下僕となるのである 

それが1-1=0である


すると0=1と言う事は 0になると

はじめて1となる

即ち 本当の自己となるのである

水文明とは この事である


本当の自己をつくるのには

自己を何者かに 捧げねばならない

それが天への手伝いである

水文明とは これである


すると人は黄金の香りそのものと

なってくる


0=1は無我である

成ることを欲する者は

0にも1にもなれないで

知識だけの人生で 終ってしまう


花は 咲かねばならない

人も 人にならねばならない

しかし 成ろうとすると成らない


0になり1になって 黄金の香り波に

自己を捧げねばならない

そこにとけてゆくと そのものになる


ここではじめて 命そのものが出てくる

誕生である

お祭り おどり 命の躍動が

おきてくる


相対を消して 自己の中にとどまれ

ギリシャの神 それへの信仰は

静かであった 燃えてはいなかった

ああしてくれ こうしてくれと 燃えて

いなかった


静かに神の前にひざまずいて

聖なる神のみ姿 形相を仰ぎ見る

だけであった

そこで自己を 消すのである


日本庭園や茶の湯には

それがある

はでやかで 燃える世界に

入ってゆかない


花はどのように生けるのですか

それに対して

「野にあるように生ける」と答えが

返って来た


ここに日本がある

ここに日本人がある

日本人は大昔から 流れ伝わって来ている

精神に帰らねばならない

そこにこそ 自由がある


本当の自由をもった日本人に帰らねば

ならない

自然は 眼の前にあるのではない

自然は 自己の内にあるのである


老子は 自然に帰れと説いた

神も仏も そこにはなかった

天だけがそこにあった

そして 天は我が内にあった


野にある花は 我が内にあった

夕焼けの女神はただ つっ立っただけであった

それが 詩そのものであった

香りそのものであった


2006.10.17.

| 2006年 | 21:22 | TOP↑

≫ EDIT

水の文明

人は今日まで 約1万年

欲する世界に住んできた

知識も その内の一つである


金のスプーンと 銀のスプーンの

どちらがいいか 

欲しい物を取れと言ったら

金のスプーンを取った

という具合である

便利なもの 価値あるものを

取った


そういう欲の世界に住んでいた

知識欲も その内の一つである

いろんな事を知って 偉い賢いと思っている


ところが インドのラーマ・クリシュナは

味わうことの世界を説いた

日本の茶道も 味わう事を教える

これは相当 高級部類に属する


貧乏をも 不自由をも味わって

生きる人は 天国に近い所に

住んでいる人である


欲を持たない素朴な人も 天国の

近くに住む人である


光を欲する人は 光を失う

天国を欲する人は 天国を失う

真理を欲する人は 真理を失う


今日までの文明は 火の文明だとも

いえる

しかし火は 表面的なもので

火の古里は 水である


静かな水 一滴の露

小さなせせらぎ

それを味わう人は 幸せを得る


味わいは 幻想の世界の

入国手形のようなものである


幻想の世界は 現物の世界でなく

夢を描く世界で

宇宙より大きい世界でも 夢を

描ける


ところが人は 幻想とか 夢は

腹の足しにもならない くだらない

ものと思いがちである

ところがそうではない

幻想こそ 我が命である


静かさの中に 我が命の巾を

ひろげ

豊かさをひろげ

静かなよろこびにひたる


日本の茶道のように 

イギリスにも茶の道があって

茶を口の中で かみしめて

宇宙を味わう


フランスでも 河にブドウ酒を

流して 宇宙を味わう


満月に手を合わせて拝む

人々もいる

そういう詩の世界 神話の世界

こそが 

我が世界である


燃える はでやかな事ばかりを

欲しないで

つつましく 静かな春のそよ風に

身をひたすよろこび


その喜びの顔を つくる事である

求めていると その顔が出てこない

求めは何か 相対的にあるものを

欲する


これを 相対人間 相対文明の中に

住む人という


そういう人は 永遠の幸せを

得る事は出来ない

他者との間で悩み やさしさを求め

一生求め通して 迷いの魂で終わって

しまう


ラーマクリシュナの偉いところは

目標を 持たなかったところにある

成らねばならぬ何ものも 持たなかった

自分の内にあるよきものを 味わった


彼は成ることを教えた人ではなく

味わうことを 教えた人である

その味わうから あのほほみの顔が

出来てくるのである


ラーマクリシュナの讃歌の詩の歌を

歌っていると

ラーマクリシュナの あのほほえみは

どこから出てくるのかと

歌ったものである


私の求めて来たものは そこにあった事が

分かる

では果して そのほほえみはどこから

出てくるのか

それを見つけるのに 約50年程かけてきた


2006.10.12.

| 2006年 | 21:55 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT