FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭をとって ヘルプの行為へ移る

朝焼けは 

ヘルプの出発である


夕焼けは

自信のつっ立ちである

それが黄金の音の波動と

色彩と 香りの世界へ

導いてくれる


朝焼けは 詩の世界と

ヘルプの幻想の世界へ入ってゆける


夕焼けの女神像には 頭が

ついていなかった

それは 頭で思考する事を止める

という事であり

つっ立ちは 幻想の世界である


詩の中に ヘルプがあれば

我が消える

また頭をなくして 幻想に

入ると

現象界を 知的に理解

しようという我が消える


残るは 感情をやっつける

ことのみとなる

これをどのようにして 追っ払うか

である

これは 知のあやまちから

来ていることは確かである


2005.12.31.
スポンサーサイト

| 2005年 | 21:57 | TOP↑

≫ EDIT

幻想 遊戯 ヘルプ

幻想 遊戯 ヘルプ これが真理の

三要素である

幻想を持たない者は 合理知を宝とする


合理知は 人間の内なる遊戯性を

つぶしてしまう

オチャメも人間にとって 大切なものである


そのオチャメ心は 人間を幻想の世界へ

楽々と運んでくれる

それは知的な理性から 真実な世界への

旅立ちである


人は現代 欲望のドレイとなっている

そして欲望の幻想世界を うろついている

本当の幻想の世界でなくて

みのり無き幻想の世界を うろついて

いるのである


なぜなら欲幻想の世界は エゴに満ちていて

よろこびは すぐ悲しみにかわる

それこそ まぼろし人間である



子は親許から離れ 自己の自立の為

にのみ生きる

それは 一つの欲である


親への手伝いを忘れて 自分のこと

のみに 生きている

これが自己を苦しめ 荒れ狂う社会を

つくっているのである


宇宙の親なる根源の一者は

休むことなく この宇宙という大きな物を

動かしている

その手伝いをした者が いるであろうか


宇宙を動かす手伝いをする……それを

聞いたら

何をお前は言い出すのか バカとちがうか

と人々は言うでしょう

しかしこれは バカではないのです


そうした 親の手伝いという大切な事を

しているのです

私はいつも これをしています


まず朝起きると まっ先に東の空を眺めて

その空を 紅に染める手伝いをするのです

先ず魔法の小箱を開け 筆をとり出し

東天を 紅に染めるのです


これは 太陽の昇ってくるのを 

その前途をきよめ むかえるのです

これも 知的な人々から比べると

バカのすることです


こうして私は 宇宙という親から

離れずに

その運行の手伝いをしています

こんな幻想を宝として 生きて

いるのです


これが私にとって 欲幻想の

この人間生活から

親を忘れず 親の手伝いという

大事なことをさせてくれている

重大行事なのです


無価値と思われるような 幻想の

手伝い

これが詩情の世界展開そのもの

なのです


合理知と詩情はこのように 異なる

ものがあるのです

幻想を持たない者は 詩情を

忘れてしまいます

神話を忘れてしまいます

そして知的 哲学的 科学的世界を

うろつきます


そのうろつきが 欲人間へ定着させて

しまうのです


人間にとって 最も必要なことは

このヘルプと 幻想と 遊戯性なのです


2005.12.31.

| 2005年 | 16:35 | TOP↑

≫ EDIT

ヘルプ者はつっ立つ

ヘルプ者は 自信をもって

つっ立つのである


天の継承者は

つっ立つ形相と オチャメの

遊戯なる形相をもつ


悠々と歩き オチャメの顔の

光に輝いている

神話の形相とは それである


詩とはこうして 永遠なる未来時間の

上を

悠々と歩くものである


2005.12.31.

| 2005年 | 15:35 | TOP↑

≫ EDIT

ヘルプ (1)

ヘルプ 遊戯 幻想

この三つの要素が

この宇宙展開である


宇宙の真理は

三要素によって成り立っている

この三つが 自らである


自らなる者は 自ら燃え光を

はなつ

オチャメであって

ヘルプ者であって

香りの幻想に世界を

つつむ者である


太陽が光を放ち ゆっくり

動いているように

自らはつっ立ち 香りを放って

ゆくのである

踊りとは 舞とは それである


それが詩であり 神話である


金の竪琴を奏でる者

その調べは その者の法である


2005.12.30.

| 2005年 | 15:33 | TOP↑

≫ EDIT

物質としての生命

この物質としての生命と 精神的生物

としての生命の二重性を

如何にしてコントロールしてゆくかが

意識と肉体の二重性の中で

なされてゆくかが

これからの課題である


その機械化 即ち一般化される為に

電磁波 電子頭脳の研究が必要と

なってくるのである


DNAは一つの機械である

その機械を どのように改良して

ゆくかが問題である


そしてその前に 「人間とは何か」が

明白にならねばならないならないのである


DNA RNAの核酸を構成している

基本単位は

塩基と糖とリン酸の三つ成分が

つながったものであるが

それ等のもとに

黄金の音波と 色彩波と 香り波という

物質的 精神的な音楽による

遊戯性と 幻想性と ヘルプという

重大な三要素が

含まれていなければならない

でなければ DNAを元にかえせないのである


2005.12.29.

| 2005年 | 10:25 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT