FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

詩のつっ立ち

最後に残るもの 
それは 詩と神話という幻想の世界である
正しく彼らは ピュアーというものだ

幻想こそが命である
幻想の行為を 存立たらしめるものは
子が親の手伝いをするということにある
天の手伝いをする為に子があるのである

そこに欲や 個我から離れた子が存在する
欲望は個をつくり 妄想をつくる元となる

手伝いの中に歓びを見い出し
手伝いそのものを命とし
手伝いそのものを幻想の住み家とする

ここで幻想は 迷いの幻想でなく
歓びの幻想となる

幻想を 迷いの幻想としないためには
停めたところから それは来ねばならない
停めるところに 幻想の幻想たるいわれがある

幻想に止めがなければ
それは とりとめもないものになってしまう
ふわついた幻想であってはならないのである

この世で一番止めねばならないもの
それは幻想であり
止まり つっ立っているものが詩である

夕焼け空 その香り
天界の反映像

あれは 詩の香りである
樹は一本立っているように
詩のつっ立ちである

神や 神々や 女神やという名称を
そこでは越えている

名称のあるもの 人 動物
その他生命という名称も
取り除かれた世界
そこに詩がある

その止めるもの
その止めをどこにおくか
何がその止めをつくる役目をするのか
それが見つかれば 幻想が幻想たる意味と
価値が出て来るのである

扇を考えてみよ
その開かれた姿
それが幻想そのものであり
それが宇宙そのものの姿である

しかしその扇には要(かなめ)なくして
扇は開かない

宇宙は開かれ動いている
詩のつっ立ちが 宇宙の錦絵を開くのである

2005.12.26.
スポンサーサイト



| 2005年 | 00:05 | TOP↑

≫ EDIT

反転のラッパを吹き鳴らせ

夕焼け空の女神
この姿は天界の物語の反映像である
幻想の王者 幻想の女神
夕焼けの女神の物語は 天界の物語である

その物語の反映像が夕焼け空である
その天界のお祭りの 
満足と歓びとその涙が
一粒 地上に降った
その歓びと涙の一粒がオチャメとなった

すると瞬間という一粒の時間が出来上った
それがオチャメの一粒の種である
そこから物が現われて来た

空間 力 光 エネルギー 運動その他
生物も現われた
月も太陽も星々も歌い始めた
天界の物語の継承者たちが踊る

星々は輝いて 永遠に歌う
地上も 天界の物語と同じようになった

ところが言語という
分別観念が発生した
その言語は 初めは光り輝いていた
しかしそれは 永くは続かなかった

人は相対の世界を造り
荒れ狂う世界歴史を展開した
それが今に至っているのである

人々はその荒れ狂う世界において 
全滅するより他に
道がないのであろうか

反転 反転 その反転を
もたらす者は誰か

神話 神話のラッパ吹きしかいない
人々よ その神話のラッパを吹け

天の使者よ 使者たちよ‼
集まるのだ‼

2005.12.24.

| 2005年 | 23:15 | TOP↑

≫ EDIT

頭をとって ヘルプの行為へ移る

朝焼けは 

ヘルプの出発である


夕焼けは

自信のつっ立ちである

それが黄金の音の波動と

色彩と 香りの世界へ

導いてくれる


朝焼けは 詩の世界と

ヘルプの幻想の世界へ入ってゆける


夕焼けの女神像には 頭が

ついていなかった

それは 頭で思考する事を止める

という事であり

つっ立ちは 幻想の世界である


詩の中に ヘルプがあれば

我が消える

また頭をなくして 幻想に

入ると

現象界を 知的に理解

しようという我が消える


残るは 感情をやっつける

ことのみとなる

これをどのようにして 追っ払うか

である

これは 知のあやまちから

来ていることは確かである


2005.12.31.

| 2005年 | 21:57 | TOP↑

≫ EDIT

幻想 遊戯 ヘルプ

幻想 遊戯 ヘルプ これが真理の

三要素である

幻想を持たない者は 合理知を宝とする


合理知は 人間の内なる遊戯性を

つぶしてしまう

オチャメも人間にとって 大切なものである


そのオチャメ心は 人間を幻想の世界へ

楽々と運んでくれる

それは知的な理性から 真実な世界への

旅立ちである


人は現代 欲望のドレイとなっている

そして欲望の幻想世界を うろついている

本当の幻想の世界でなくて

みのり無き幻想の世界を うろついて

いるのである


なぜなら欲幻想の世界は エゴに満ちていて

よろこびは すぐ悲しみにかわる

それこそ まぼろし人間である



子は親許から離れ 自己の自立の為

にのみ生きる

それは 一つの欲である


親への手伝いを忘れて 自分のこと

のみに 生きている

これが自己を苦しめ 荒れ狂う社会を

つくっているのである


宇宙の親なる根源の一者は

休むことなく この宇宙という大きな物を

動かしている

その手伝いをした者が いるであろうか


宇宙を動かす手伝いをする……それを

聞いたら

何をお前は言い出すのか バカとちがうか

と人々は言うでしょう

しかしこれは バカではないのです


そうした 親の手伝いという大切な事を

しているのです

私はいつも これをしています


まず朝起きると まっ先に東の空を眺めて

その空を 紅に染める手伝いをするのです

先ず魔法の小箱を開け 筆をとり出し

東天を 紅に染めるのです


これは 太陽の昇ってくるのを 

その前途をきよめ むかえるのです

これも 知的な人々から比べると

バカのすることです


こうして私は 宇宙という親から

離れずに

その運行の手伝いをしています

こんな幻想を宝として 生きて

いるのです


これが私にとって 欲幻想の

この人間生活から

親を忘れず 親の手伝いという

大事なことをさせてくれている

重大行事なのです


無価値と思われるような 幻想の

手伝い

これが詩情の世界展開そのもの

なのです


合理知と詩情はこのように 異なる

ものがあるのです

幻想を持たない者は 詩情を

忘れてしまいます

神話を忘れてしまいます

そして知的 哲学的 科学的世界を

うろつきます


そのうろつきが 欲人間へ定着させて

しまうのです


人間にとって 最も必要なことは

このヘルプと 幻想と 遊戯性なのです


2005.12.31.

| 2005年 | 16:35 | TOP↑

≫ EDIT

ヘルプ者はつっ立つ

ヘルプ者は 自信をもって

つっ立つのである


天の継承者は

つっ立つ形相と オチャメの

遊戯なる形相をもつ


悠々と歩き オチャメの顔の

光に輝いている

神話の形相とは それである


詩とはこうして 永遠なる未来時間の

上を

悠々と歩くものである


2005.12.31.

| 2005年 | 15:35 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT