| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

価値文明の崩壊期がはじまる

① 詩神が現われた

  そして 私の思考は 全部まちがっていると

  ――詩神(霧)がそれを すべて消してしまわれた



② 三千年生きてやると 大ホラを吹く

  そのホラの広さと 大きさに乗った



③ それが フトした事に 三千年生きてやると 心で

  思っているのに 心の底から 八千年という数字が

  飛び出して来た

  その結果 人間は 数字に虜になっていた事を知り

  数字というものはないのだ 人がつくったものだと

  分った



④ 落葉一枚が 瞑想中に手にあった

  この事から 無価値を知ったと同時に 人間は長い

  間 価値の文明の中に うつつをぬかし その中で

  欲のかたまりのDNAをつくって 生きて来ている

  事を知った


2004.12.30.
スポンサーサイト

| 2004年 | 20:06 | TOP↑

≫ EDIT

無価値のおどりがはじまる

一枚の落葉

瞑想中に 一枚の落葉が 

手の中にあった


人は価値をさがして 歩きまわっている

それが今日までの 文明の歴史だ


求道も 価値をさがしての 歩みだった

それは 求道の動機が不純である

それに人は 気付かなかった

私も長い間 それをつづけてきたのだった


よくも それからぬける事が 出来てよかった

無価値の世界

足文明がそれだ


足に意識を集め 全身をオチャメの

ひびきそのものとせよ


詩神が 思考を止めよと言ったが

これでいよいよ 思考をやっつける

ことが出来てきた


価値を求めるのは やはり欲望である


2004.12.26.

| 2004年 | 19:59 | TOP↑

≫ EDIT

八千年のホラは

日ごろから 三千年生きるのだと 自分に

言い聞かせていたら

八千年という言葉が 内から響いて来た


なぜ 三千年から 八千年が生まれ

出たのか

それは 無限を教える為ではなかったか

無限という数字を 越える為のもので

はなかったか


無限は 有限の反語なら

どこまでも 時間を意識している

人は数字に ひっかかっている


言語にひっかかり 数字にひっか

かっている


大ホラは その為に必要だ

八千年生きるのだ


求めも 求めるものに ひっかかっている

求めをなくせ

ホラをふけ


数字の無い世界 それが詩の

世界である

詩の世界には 数字がない

求めるものがない


2004.12.15. 

| 2004年 | 08:18 | TOP↑

≫ EDIT

ホラ

ホラは 合理をこえている

宇宙の大きく広い距離は ホラである


ホラは オチャメでもある

人間は かたいばかりが 人間でない

大きい余裕をもって

大きい翼を はばたかせ


それは 夢となり ホラとなる

ホラの夢を持てないようでは 小さくなる


小さいという事は 一番いけない

小さいという事は 合理からくる


非合理には 限界がない

暖かいという事は 非合理の世界である

非合理の世界は 暖かい

春の発芽も 木々のホラである


彼らは きそって大輪の花を

咲かそうとしている


夢ある花は 非合理の花

人間も 花である

広く大きいホラをふいて 花を

さかせ

愉快になってくる

かたい人間は 小さくなって

花もひらかず ちってしまう


ホラを吹け 

ホラは人をよろこばす


2004.12.01. 

| 2004年 | 08:10 | TOP↑

≫ EDIT

本当の知恵は 足許からくる

天を向いて 歩け

それは 非平衡系の角度である

創造の角度である


その角度を更に 足にまで

送れ

天と地が つらなってくる

その つらなりの中を

すべてを入れこみ 一族となせ


それ以上の自信は どこにあろうか

オチャメのほほえみが やってくる

自然に体が 踊れてくる

力みをなくして ふるえの

中におれ


そのふるえは 感覚的悟性の

ふるえである

知恵や知識から 波動 波形の

世界に 入ったのである

白紙の舞も 波動の世界である


オチャメの波動の世界である

舞の世界である

親の意志と 子の意志の

合唱のひびきである


2004.07.31.

| 2004年 | 08:06 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT