FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

未来時間と酔い

未来時間は汝を

酔わす


酔いが 角度と

オチャメをつくり

神話をたたしめる


1999.12.23.
スポンサーサイト



| 1999年 | 23:49 | TOP↑

≫ EDIT

子供がいた

子供がいた
道端に咲く一輪の野花を見つけた

子供はそれを じっとみつめた
やがて子供は その一輪の野花を
手折って
それを 大人に差し出した

大人は嬉しげに ありがとうと言って
子供から
その一輪の野花を 受け取った

しかし 子供の深く覗き見た宇宙を
受け取ることが出来なかった

子供は その野花の奥にある
神秘なる宇宙を
宇宙のささやきを 聞いていたのである

1999.12.21.

| 1999年 | 22:08 | TOP↑

≫ EDIT

親と子が

空は青い
人が動いている
親と子が

子が上が裸
親は服をたくさん
着ている

道の石を運んでいる

風が吹く
トマトジュースを飲む

風が吹く
トマトジュースを飲む

石は重い
日が傾く
トマトジュースを飲む

風が止む
石を運ぶ
石は重い

1999.12.21.

| 1999年 | 11:26 | TOP↑

≫ EDIT

青いトマト

青いトマトが 赤くなった
そこに詩がある

太陽の光 
そこに詩がある

それを感じないだろうか
それを感じると
トマトが笑っているのが
分かる

太陽があなたの
お腹に入って 
笑っているのが分かって来る

あなたの体が 
トマトになってしまった

1999.12.19.

| 1999年 | 21:59 | TOP↑

≫ EDIT

無意味から無目的へ

「無意味」というのは意味の解体を示している
それは合理主義は良くないという事であり
合理で今日までの文明が流れてきたが 
それは間違っていたという事である

無意味の奥へ進むと さらにはっきりするものがあった
それは「無目的」という言葉である
宇宙には人間の知りうるような意識では
解らないものがあるのだ

「無目的」……この生は何も目的があるのでない
それなのに合一とか帰郷とか 悟るとか 解脱とか 
人はそれらの目的物をもって進み
そうならねば……という重荷を負って生きている

「無目的」なる生と宇宙の存在を知ると 
一度に肩の荷が降りるのである

本当の自由が そこにあった

1999.11.10.

| 1999年 | 23:20 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT