FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぞにみちている宇宙

この世は「なぞ」にみちている

それが 神話だ

それが オチャメだ


その「なぞ」の中から物質が

うまれ

生命をもつものが うまれた

思考するものたちは 動きはじめた


人である


人は 言語をつくった

相対感念が そこからうまれた

そして そこから<なぜ>を

もつようになった

なやみは そこから起きはじめた


詩作 哲学 宗教 科学そして

経済へと

苦の道を 歩みつづけてきた


人は 言語を持たなかった元の

人間にかえらねばならない


<なぜ>が消えて 友をもつ

宇宙のすべてが 彼自身となる


友が来た

彼の内から 友が来た


風の中からも

空間の中からも

自己なる友が来た


手拍子をうって

オチャメの手拍子をうって

それらは 近づいてきた


なぞに満ちている世界では

<なぜ>は通用しないのである


科学も 宗教も すべてが

オチャメの中で

ほほえみはじめる


1996.12.20.
スポンサーサイト

| 1996年 | 15:37 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメは生命をいかす

はじめに ドロ沼の中から

生命が生まれた


そこに オチャメが来た

すると 生命体は躍動し

はじめた


オチャメがこないと 躍動しない

のである


オチャメは 躍動のもとである

生命を生命たらしめる もとである


オチャメがこないと 生命は

ただの生命で とどまってしまう


人が人となるのは

オチャメによってである


しかるに人は オチャメを忘れて

知のかたまりと なっている

合理主義のかたまりである


人は 人でない

知のロボットが 歩いているのである

街々には そんな人間がうごき

まわっている

本当の生きた人間でなしに


オチャメを 全細胞に 

流しこめ

細胞は 燃えてくる

それは 贈り物である


贈り物のために 生きよ

贈り物として いきよ


1996.12.15.

| 1996年 | 19:52 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメのほほえみ

インドの スリー・ラーマクリシュナは

特異な存在であった

スリー・ラーマクリシュナや クリシュナ神話には

オチャメがある


オチャメは 哲学を笑わせ

腰をぬかせる


大空にかかる虹

黄色い花 赤い花

透明な オチャメのささやき


損得 生死を超えて

存在するオチャメ


もしここに

いつもニコニコしている人種が

いたらどうだろうか


教典も 哲学書も持たない

人種がここに いたら

どうだろうか


何をしても 何をされても

いつもニコニコしている者が

いたら どうだろうか


ドイツの詩人ゲーテが

ドイツの哲人ニーチェが

イタリアの太陽のもとに

降参してしまった


なぜ今まで

つまらぬことを

考えつづけてきたのかと


大自然の中に

オチャメを 感じとろう

自分の顔が

ほころびてくる


今までの 精神文明に

オチャメがなかった事が

一大欠陥である


聖者や賢者はあまり

合理的な

かたい かしこいことを

いいすぎてきた


トマトや 柿や 太陽が

何もいわず

赤い顔して

ほほえんでいた


1996.12.08.

| 1996年 | 23:15 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの木が

科学技術が 発展してきて

オチャメの前で 頭を下げる

経済が いやらしい顔して

走っている

オチャメが顔を そむけてしまった


人間は 宇宙という木の果実を

食いつくし

踏みつぶし

根まで 掘りおこそうとしている


そして 理論 論理 発明という

網をひっぱって

倒した木が 

自分の頭の上に 倒れてきた


1996.12.08.

| 1996年 | 23:11 | TOP↑

≫ EDIT

オチャメの種

一粒の種が

いずこからともなく

とんで来た


それは オチャメという

種であった


それが 人間のはじまりであり

それが トマトや リンゴや

時間や空間の

はじまりであった


1996.12.08. 

| 1996年 | 20:26 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT