FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

精とは

精とは たしかに

我々が知っている  花の精とか

樹の精とか 

水の精とかいったようなものである


花の精が 子供になって

子供たちと一緒に 遊んだとか

花の精が子供に 語りかけたというように

おとぎの国のような話を

我々は 見たり聞いたり

書物でよんで 知っている


天子が 翼をはやして

大人たちの夢や幻に 現われてくる

こともある


或いは 花や樹々の精が 大人にも

語りかけてくる事もある

これらはすべて 動きの世界である


存在事物が

存在している

その存在のみを とらえるとき

そのものは 静の中にあり

停止の世界にある


「樹が一本立っている

そこに 詩がある」と とらえたとき

それは 停止しており

動ではない

人間の意識が 停止の中で

とらえたものである


ところが 人間の心が 動きはじめ

そのものを 動きの中で とらえると

神話の世界に入る


生命としてとらえ 動き エネルギー

として とらえはじめると

動きがはじまる

不動と 動と 考えてもよい


動の世界に入ると

「精」を とらえはじめたのである

そして それらを 生きものとして

とらえた時

そこに 「精」がとび出してくる


「精」は 人間の心によって

幻的に つくり出されたものではない

そのものは 生きているのである

それを 人間がとらえた時

そのものと 人間との間に

ふれ合いがおき

そのものが 動きはじめるのである


1989.12.13. 
スポンサーサイト

| 1989年 | 12:54 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙的神話と地球的神話

宇宙的神話と 地上的神話とがある

我々が得てして 地球的神話の

中にいる


地球的神話の中にいると

地球の表面を 歩く者としての

人間となる


それを基礎として ものを考える

それを 基礎として生きる

歩く 人間として


そこには 天上には 星と空があり

あたりに 鳥 樹 山 空気 机 椅子がある

それが地球的人間である


しかし人間は

地球の人間でなく

宇宙的存在である


人間はもっともっと 意識を宇宙に

とばして

大きい宇宙に 生きねばならない


地球にいるから 墓場の土を考えたり

親から産まれた誕生を考える


人間はそういう 一時の生死の中に

生きているのではない

宇宙的に永遠に 生きているのである


神話も 神信仰も 文明も

地球的であってはならない


有であろうと 無であろうと

長であろうと 短であろうと 

生であろうと 死であろうと

白であろうと 黒であろうと

鳥であろうと 人間であろうと

花であろうと 水であろうと

太陽であろうと 月であろうと

真理であろうと 不真理であろうと

そんな ちっぽけな事に

耳かたむけるな

そんなちっぽけな中に 生きるな


時間 空間 神 

神々 信仰 歩く人間 とぶ人間を

超えて

この宇宙をぬけでよ


そこに 神話があり

神があり お前そのものがある

神とお前という そんなものは

どこにも 見あたらないのだ
 

そこに 神話があり 詩があり

花の精がある


それは 透明な線によって 織られている

透明な角度によって 織られている

お前が そこにある


真理と 不真理をこえよ

地球をこえよ

宇宙をこえよ

考えをこえよ


はばたけ

大鳥となれ

宇宙を包みこむ者よ

宇宙を動かす者よ


1989.12.13.

| 1989年 | 00:23 | TOP↑

≫ EDIT

詩と神話の関係が分って来た(4)

禅味は 無と有の境にあって

無の性格を 多量にもっている


その神話が もっとすべての物の中に

精を見るとき

それらは踊り出し

透明な遊びとなる


わびさびの 透明から

遊びの透明に かわってくる

ダルマ大師の きびしい姿や 

こじきの世界や はがくれの

世界でなしに

いつも 未来に向って踊り出す

輝いた世界が やってくる


ダルマ大師に ハマキをくわえさしてみよ

ダルマ大師を キャデラックに乗せてみよ

両手を上げて 踊り出すかも知れない


きびしさや 黒い服装を

一生つづける必要はない

禅がこじき姿や はがくれの

武士道と ひっついたところに

迷いがあった


無であれ 空であれ

一神教であれ 多神教でられ

先ず人間は 人間存在そのものが

詩であり

人間の内なるバイブレーション

そのものが 神話である


「樹が一本立っている それは詩である」


「松は 葉っぱと葉っぱを

ふれ合わせて 子供が産まれる」


「僕はワニの眼の中から 生まれた」


これらの言葉を 足がかりとして

詩と神話を 実現しよう


1989.11.28.

| 1989年 | 21:37 | TOP↑

≫ EDIT

詩と神話の関係が分って来た(3)

神話への旅と

詩への旅

禅はそのうち 詩への旅の

方に近い


空 無 それらの旅は

停止の方向に向かう

いわゆる 根源の方向である

しかし その根源的なものへの

旅は 行きついた所で

おりて来なければならない


いわゆる 人間性の中に


禅味とは それである

遊びがそこに やってくるのである

透明な角度をもって


では 神話の高みとは何を

意味しているのだろうか

それは「詩」である

詩と神話は 隣り合い

無と有の接点をもっている


詩は 物の有そのもの

存在そのものをとらえ

停止しており 動きがなく

言葉もなく

無の世界側にあり

神話は動きとなり 心となり

有の世界に属する


精も 有の世界に属し

リンゴや 机や椅子が

時には 神話と見え

詩と見えることがある


それは そのものの精を見た時

神話が現れ

存在そのものをとらえた時

詩がとらえられるのである


1989.11.27.

| 1989年 | 21:37 | TOP↑

≫ EDIT

詩と神話の関係が分って来た(2)


詩の中には 生きた動物

生きて それ自体がとび廻り

走りまわれるものが

入らない世界である

それは神話の世界に属する


詩は 「樹が一本立っている

そこに詩がある」ように

動物が 入ってこない世界である


動物には心があり その心の

入っていない世界である


例えば夕焼け空も そうである

それ自体が 詩である

そこに 鳥が飛び

うさぎがとびはねてくると

神話になる


いずれにも 根源的には

不動があるが

あらわれとしての神話には

動がある


いわゆる植物や 鉱物以外の

生き物が登場すると

動きの世界 心の世界に入り

神話となる


そういう意味で 詩は

奥なる世界に近い

あらわれとしての遊びは

神話と 手を結んでいる


神話の中に 遊びがひそかに

しのび寄っていく

それはリズムをもって

それは 透明な

歌と音楽をもって


あらわれとしての 

歌と音楽は

神話の中で 踊りはじめる


木の精 花の精

人間の心の中にある精

「詩」は踊り出てくる


静かに精は 神話を立たしめ

時にはチャメッケのある世界まで

展開してしまう


光司が「僕はワニの眼の中から

生まれた」

それが これである


透明な角度は 踊り

はね 贈り物として

細い線で 布絵を織りなす


そこには 知識の世界とはちがって

理性の はじきとばされる世界である

人間の心のよごれは むろん

入ることは 許されない

神的な者だけが 参入できる

世界である


詩の世界も むろんそうであり

そこでは 仏陀のいう空の世界

無の世界が

かい間みられる


そういうような意味で

禅の世界は 詩的で

神話が そこにない


人間が 神話の世界から 

遠のいたのは

知的になり 哲学的になり過ぎ

物質欲的に なりすぎたから

である


人間が 人間たらんとし

人間が 自己実現せんとするならば

この神話を持たねば

ならないのである


いわゆる今は

神話の危機のどん底へ

直行しつつある時代である


それは 神への信仰が余りにも

権威を持ち過ぎ

神話の位置を くらませたからである


神は もともとなくて

神話性が 神を創り出したのである

ということを

忘れてしまわせたからである


人間喪失 人間喪失は

そうした歴史のもとに 底をついて

しまったのである


故に 人間は

自己の本性である 詩と神話を

今こそ ここに

復活させねばならない


ハイネが 言っているように

神話を文学の中から

見つけようとすることは

さかさまである

文学的空想はむしろ

神話の退化に 拍車を

かけたのである


神話こそ 人間の精神が持つ

根源的言語であり

この神話の深みより

汲みとられるべきである


「松は葉っぱと 葉っぱをふれ合わして

子供をつくる」

これは 現実の世界をこえて

透明な角度を もっている


我々は自己の浅い 現実的な考えで

神話に近づこうとするのでなく

神話の言葉をききとる為に

まず神話の高みにまで

自己を 高めねばならない


それが為に

透明なる線

透明なる角度

透明なるリズムの中を

旅しなければならないのである


これこそ 我々が

どこかに置き忘れてきた

一本の笛である

その一本の笛

神笛を

我々は 吹きつづけ

旅しつづけるのが

この生きた人生である


1989.11.27.

| 1989年 | 14:48 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT