FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

訪問者

彼は 訪問者

私は 訪問者

…………


遠き昔

インドにおいて

四・五千年昔に

宇宙の根源をつきとめた


神 神々の信仰の ジャングルの中から

その「存在」を ブラフマンと名付けた

人々はそれに向かって強烈な

信仰心をもやした

しかし それに至ることは

ほとんど不可能であった


彼らは四つの道を それに選んだ

バクティヨガ ラージャヨガ ギャーナヨガ 

カルマヨガ


その一方 ヨーロッパにおいては

二千五・六百年前から

やはりその宇宙の根源を

さがしていた


それは 信仰や宗教の道にでなく

哲学の道を通った

アナクスマンドロス プラトン

ニーチェ ヘーゲル ヘルダーリン

そして ハイデッカー等へと

その道は切れることなく

生きつづけてきた


そして 同じく彼等も

その哲学思想の

ジャングルの中に 迷いこみ

ややにすれば 道を見失

ないそうになった


だが彼等の歩みは

盲信におちいりやすい

宗教の道でなかったが故に

ついに 一つの道をみつける

ことが出来た


それは「詩」であった

「詩」と詩歌とを 彼等は

区別することが出来たのである


インドは その故郷への

帰郷に

いつも 神をおいたが

彼等は 神をおくことなく

「詩」をそこにみつけ出した

のである


ところが もう一つの道を

開拓していた者がいた

プラトンは「神は幾何学である」

といったのに対して

ヨハネケプラーは 「この宇宙の根底には

幾何学がある もし神があるとするなら

その幾何学が神である」と

ついに幾何学を そこに見付けていた

それは 今から四百年前のことである


しかし人々は その偉大さに

気付かなかった

この「詩」と「幾何学」がどこで

どのように合流することが

できるのであろうか


私はこれらをよそに

光速瞑想をみつけ

その帰郷の方法を 発見した

そしてそこにピュアーなるもの

をみつけ

それを「消えた構図」と

名付けた


ブラフマンは 空や無でもなく

また消えたものでもなく

「消えた構図」の世界だという

そしてその消えた構図の

根源なるものと

この有の世界との接点が

「神話」であると名付けた


ではその「詩」と「神話」と

「幾何学」がどのような

つながりをもつのであろうか


たしかに 「詩」をみつけた

ハイデッカーは 正しかった

彼は「思索は詩作である」

「詩は詩歌とはちがう」といい

「詩は言葉でもって存在を建設

するものである」といっている


この「詩」に関しては アメリカ人も

それをみつけている

木は一本立っている それは「詩」で

あると


ではその「詩」とは 一体どんな

実態を もつものなのであろうか

ハイデッカーは その実態を

つきつめることなく

「詩」そのものを 相手どった

その「詩」でもって 有と無との

接点に近づこうとした


しかしそれは 無駄な時間を

ついやすばかりであった

その詩なるものの 実態をもって

その接点を実現せねば

ならないのである


その実態をもって それを

実現することが出来れば

その接点である「神話」を

実現することが出来る

これが この有として生まれた

人間の自己実現の道である


我々人間には 二つの事を

実現せねばならないのである

一つは故郷であるブラフマン

に合一すること

次は有として生きている

人間の実現である


インドでは この世をマーヤの

世界だといった

そして幻と名付けた

何の価値もないのだとした

価値はブラフマンのみにあると


しかし 

ラーマクリシュナは

そのマーヤの世界にも価値を

みつけた

そこがラーマクリシュナの偉いところ

である


我々が実現せねばならぬのは

実にこのマーヤの 実現であった

有として生まれたこの宇宙には

有としての本質がある

我々人はあくまで 肉体をもった

人間として

このマーヤを実現せねば

ならない


その本質として

その有と無との接点として

「神話」なるものがあり

それを実現する事こそ

我々の使命である

あらわれとしてこの世が

現われたその意義が

そこにあるのである


その「神話」の実現は

この「詩」の実態をもって

神話に 近づかんとするので

なく

その実態でもって

訪問者としてあらわれてくる

のである


それによって

その「神話」が 結果的に

実現されてくるのである


神話の実現にやっきとなって

求道し

道を登っていくのでなく

我々は「詩」の実態 即ち

透明なる角度をもって

訪問者として この世に

やってくるのである


その透明な角度こそが

「神話」の実態でもある


訪問者 訪問者

汝は求道者でなく

訪問者である


「詩」として 「詩」の実態をもって

この世に訪問者として

くるのである


透明な角度

透明な角度は

礼拝そのものである

礼拝そのものとして

くるのである


1988.12.23.
スポンサーサイト

| 1988年 | 13:20 | TOP↑

≫ EDIT

お前は生きているか

お前は生きているか

お前は躍動しているか


お前はつまらぬ人間感情の

中で

生きていないか


躍動すること

生命が ふるえていること

いつもその状態でおれ


存在生命の躍動を忘れると

お前はすぐ

人間感情の中に

おちているのだ

そして つまらぬ中をうろつく


躍動すること

すべてのものの 躍動を

感じながら生きること

これこそ 本当に生きている

状態である


そういう意味で

ほとんどの人は

死んだ状態で 生きている


それは生きているのでは

ない


宇宙と感応しあって

生きること

それが 生きた人間なのだ


つまらぬ中に 首をつっこむな

ほこりの中で 一生を

おくらせるな


躍動すること

すべてのものの 生きているのを

感じて生きること

それから すべり落ちるな


落ちた中でいくら

いい事を考えても

考え出しても

それは いつわりに近い

ものを 見つけているだけだ


もっと本物の

核心にふれよ

生きている中で 生きよ

人間のつまらぬ生活の中で

生きるな

それは永遠につづく


あれがほしい 

これがほしいの

そんな心の中で 生きるな


もっとちがう生き方をせよ


躍動する透明な

角度の中で生きよ


本当に生きる人間は

距離に意識を集め

躍動しつづけている


1988.12.15.

| 1988年 | 19:14 | TOP↑

≫ EDIT

そこには宗教はなかった

そこには 宗教はなかった

神だとか 信仰だとかがなかった

だがそこの人々は やさしく

細かい透明な バイブレーションの

重なりであった


体全体が 波動に波うっていた

躍動 躍動 感動にみちていた

しかもそれ自体が 光そのものだった

ピュアーそのものだった


そしてその上 その人々は

各自が 独立していた

だれに よりそう事もなく

だれに よりかかる事もなく

だれを 愛することもなく

一人つっ立ち しかもやさしく

人々の間をとおる 神話のような

やさしく 面白くて

時には じょう談をいって

人々をたのしませ

しかもそこに関係がない 細かい 細かい

やさしい やさしい 線の重なりであった


宗教も 神も 信仰も 教典も

そこには 無かった

だがそこの人々は 輝いていた


のびのびと 時間と空間の中を

泳いでいた

踊る事が好きで

ほほえむ事が好きで

求める事がなく

一方通行の人々だった


ほほえみをふりまき

じょう談をふりまき

輝きをふりまき

科学的な知恵をふりまき

宇宙にとびだす 天子や

天女のようだった


スピード スピード

ゆったりしているようだが

そのゆったりが スピードからきている

ようだ

彼等は何をしていても

手ぎわよく かたづけてしまう


そしてその余裕でもって 人と人の

間を通るのである


1988.11.10.

| 1988年 | 10:49 | TOP↑

≫ EDIT

科学者は詩人でなければならない 

科学が 宇宙の真理を

求明しようとしているが

その行きつく所で

そののぞみを神に

ささげた時

その者は その中に参入

できる


神にささげるというより

すべてを 礼拝で迎えた時

参入する資格が できるのである

詩的真理はその時

顔を出してくる


消えた構造の世界が

科学的真理と 詩的

真理の組み合わせによって

知る事が出来る


極限の世界である 消えた

構造の世界は

物理学的に とらえられ

認識できるだけの

世界ではない


また精神的に その

世界を 知る事もできない

世界である


なぜならそこは 詩的真理の

世界だからである

だから科学者は 詩人で

なければならない


1988.08.13.

| 1988年 | 10:04 | TOP↑

≫ EDIT

品性は宇宙から

物をもって 静かな所に自己をおけ

物とは教養でもあるし 経済力でもある

また 立派な家でもある


とにかく人は プアーより豊かな方がよい

物をもたず貧しければ 人間は

ガツガツしてくる

何につけても 豊かであること

そして自己を 静かな所におけば

立派な人格が出てくる


いくら知識をたくわえても

いくら立派な家にすみ 物をたくさん

持っていても

静かな中に 自己をおかなければ

品性がなくなる


そこで一番大きい物とは 宇宙である

宇宙より大きい物はない

そして 一番静かな所とは

長い長い波長である

だから宇宙をもって 長波の中におれ


長波といっても たんなる物理的な

長波ではない

幾何学的な角度をもった 長波である


その長波に 意識を集めると

人間の言葉は おだやかな

ていねいな言葉とかわる


もし人は ていねいな言葉を

使わなかったら

人はなんぼでも 落ちていく


言葉は 自己の堕落を

くいとめてくれる

それには先ず 長い長い長波に

意識を集めよ


しかもその長波は 透明な

角度であると 認識せよ


角度が 大切である

静かな 透明な角度が


1988.05.13.

| 1988年 | 09:07 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT