FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほほえみの原形がわかった

今朝のお祈りの時 
始めて「微笑み」なるものが分かった

「微笑み」は笑いである
「微笑み」というものはなくて
笑いが余りにも広い空間と 永い時間の中でぼやけたために
「微笑み」にしか見えなくなってしまったのだ

人間の笑いや 微笑みはあるが
宇宙の笑いや 微笑みを人は夢みない
子供のような笑いや微笑みを人は夢みても 
それは人間的だ

人間は人間の考える人間的な笑いや微笑みでなく
もっと宇宙的な笑いや 微笑みを求めねばならない

宇宙的な笑いは「微笑み」にしか感じられない
スリーラーマクリシュナの微笑みは笑いなのである

あれが 微笑みにしか見えないのは 
余りにもその笑いが
広い広い空間と時間の中で笑っているから
人間には微笑みとしか
感じられないのである
あれは笑いが 大きく引き延ばされたものである

本当の微笑みとは笑いそのものである
その笑いも 宇宙的な笑いでなければならない

風船に描いた絵が膨らまされると ぼやけて
伸びた絵となるように
時空の中で 笑ったそれは微笑みとなるのである

一者の微笑みとは実は一者の笑い そのものだったのだ
底抜けの笑いだ
それが分かって来た

宇宙は笑っている
宇宙は大爆発している
波と幾何学が混じり合って大爆発をしているのだ

その爆発は笑いだ
底抜けの大爆発だ
それが一者の微笑みなのだ

微笑もう 人よ
それも単なる微笑みでなく宇宙の笑い
大きい大きい 広い広い笑いでなくてはならない

それが「微笑み」となるのである
ラーマクリシュナの微笑みは
世界を包み 未来を語っている
その微笑みこそ 我等がゆくてである

1983.12.30.
スポンサーサイト

| 1983年 | 13:20 | TOP↑

≫ EDIT

感じられない程の宇宙の笑い

波があった 波があった
波が現物 現象をつくるのか
永遠の未来と永遠の今 
そのぶつかり

消えた 消えたものである
永遠の未来が ワシの翼をもつ 
その滑走の中へぶちこまれる
大波が起きる
いやその大波こそ それらのもとなのだ

時間は波かもしれない
時間の原形は波かも知れない
波 波 波こそ消えたものの母胎なのか

その波にまた宇宙構造の基礎をなす幾何学が入って来ると
世界は揺れる

太陽の爆発も幾何学と原形 
母胎なる「波」との混合 触れ合い 
「歌い」がその爆発となっているようだ
宇宙も爆発し続けているのだ

静かに見えても それは永い永い 広い広い時間と空間の
中にあって静かに見えているのだ

宇宙は波という本体と 幾何学とのぶつかり合いで
大爆発をし続けている
そして 彼等はそこで笑っている  
それが宇宙の笑いだ

その笑いが 余りにも大きく引き延ばされているので
我々には見えないのだ
感じられないのだ

声は 声はずっと後に来たものだ
心も 心もずっと後に来たものだ

1983.12.29.

| 1983年 | 15:46 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙的大伴奏

波動 波動  
恍惚 恍惚

恍惚 恍惚 
波動 波動

和音にかかった伴奏の音

波動 波動 
波 波 波

宇宙の音 宇宙の波 
波 恍惚

波 伴奏 
宇宙的大伴奏

それは未来を「今」に
入れ込んだ時出来る 
これが作曲の秘訣である

宇宙を割ることが出来る 
宇宙を割ることが出来る 
この音階で

宇宙が割れて 溶けてゆく

1983.11.30.

| 1983年 | 14:42 | TOP↑

≫ EDIT

笑いは物質

笑いは透明
笑いは透明

笑いは物質
笑いは物質

心のない笑い
心のない笑い

笑いは物質
笑いは透明
笑いは透明

高貴 透明 礼拝 笑い
物質 物質
心のない笑い
心のない笑い

透明 透明 透明 
物質 物質 物質

心のないもの 
心のない世界
心のない 笑いの世界

1983.11.18.

| 1983年 | 19:44 | TOP↑

≫ EDIT

未来をつくるワニの眼

ワニの眼の位置が見付かった
ワニの眼の位置が見付かった
また違う所に見付かった

それは未来にである
今までのワニの眼の位置は
僕はそこから生まれた という過去の位置であった

すると その透明と記号との重なりの位置を
過去の世界に 奥なる世界に
現在においても奥の方に探した
ところがその位置が未来にもある事に気付いた

未来 未来 未来
アメリカ人は 未来に眼を向けているではないか
今までの私の置いていた位置は アジア流の位置である
そうだ アジアからアメリカ流に移ろう 

アジアは 過去の根源に近いところに 
何かのそんな真実なものの位置を探したがる
ところがそれも良いが 未来にもその位置があるのだ

未来に来るものは全て記号であり
透明との重なりの一点を持ちつつ それは広がってくる
その未来にワニの眼を見るのだ
そこでは笑いしかない ふざけしかない 神話しかない

友よ 笑おう ふざけよう
ワニの眼の中から生まれるのでなしに 
ワニの眼の中から生んでゆくのである

私はそれだ あなたもそれだ
未来だ
未来をつくるワニの眼だ
生まれたのでなしに生むのだ

ふざけ廻る世界をつくるワニの眼だ
未来はそれだ 私はそれだ
私は未来だ

あなたもそれだ
笑おう ふざけよう
ふざけさせよう

1983.11.04.

| 1983年 | 22:42 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT