FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神はなかった

神はなかった
創造主のような神は

神は消えた
ブラフマンに自己が合流する

そのブラフマン
その時
そのブラフマン

――消えてあるもの
ピュアー
ピュアーなる消えてあるそれ

――それは神だ
ブラフマンと自己と神の
三つはなかったのだ

安心してそこにとどまれ
ブラフマン以外には
何もなかったのだ

1977.12.24.
スポンサーサイト



| 1977年 | 08:11 | TOP↑

≫ EDIT

警戒させる心

あなたの中に 人に警戒心を与えるものがないか
私の中に 人に警戒心を与えるものがないか
それを観察せよ
あなた即ちお前だ 私だ
私の中に 他人に警戒心をいだかせるようなものがないか
それから捨てよう
修養とか 神とかは後回しにしておけ
先ず自分の中にそんなものがないか
警戒させるようなものがありはしないか
それから捨てよう

お早うなどのあいさつもまだかたい
ハーイでいい ハーイと言え
かたぐるしい言葉は捨てろ
自分から捨てよ
ハーイだ ハーイ
警戒心が消える 
自分からも 他人からも警戒心が消える

他の者が自分の前で 何をしていても
その者が 安心しておれるような自分であるか
いかなる警戒心も 起こさせない自分であるか

お前よ 警戒心を他に与えない自分となれ
人はそこからとけてくる
これが我々が人間に帰る第一段階だ
これもしないで かたいこと――修養だとか 神様だとか
かたぐるしいことばかり 言っているから
よけい堅い人間になって 他人を警戒させる人間と
なってしまったのである

そして かたぐるしいあいさつや その他が生れたのである
道徳もその部類の中から生れている
人をだめにするのは そんな道徳や聖典や宗教だったのだ

そんなことより 先ず自分の中にある他人を警戒させるような
雰囲気から捨ててゆくのだ
これが 人間が人間にかえる第一歩だ
「修養」……もし そんなものがあるならば
まず その第一歩が出来てからのことだ

人間が 人間になってから天になれ
天はもっと大きなピュアーをもっている
お前達など ふっとんでしまうぞ

感覚 感情 理知などそんなケチなものは
全て消されてしまって 透明になってしまうぞ
空っぽの箱のようになってしまうぞ
透き通って スカスカになってしまうぞ

悟りとか 恍惚とか そんな夢みたいなことは 
どこか かき消されてしまうぞ
そんな事はすべて人間の欲求の幻
夢見るいたずら
悪夢のようなものだったのだよ

空っぽに透明に 「ピュアー」になった者には
この上もない幸福がそこに
いっぱいに 満ち溢れてくるのだ

軽い軽い身と心に いや身と心もないピュアー
神経とピュアー意識のみがピリピリして
震えの中にいる
光速を突破して この宇宙を
突き抜けているのだ

ただ 震えのみが来る
歌いと踊りが いっぱいとなる
まず 他人に警戒心を与えるそれから
取り除いてゆけ

1977.12.04.

| 1977年 | 10:45 | TOP↑

≫ EDIT

不動

不動の自信
力強い歌声
ピュアーの一人舞台は舞う

そこには 何者も
いかなる思考も寄せつけない
ピュアーは 舞う
ピュアーは踊る

ピュアーは 自信にみちて
不動だ
大声でそれは歌う
あびせかけるように 
それは歌う
自信と 力と 不動の
かたまりだ

病気も おびえも 迷いも
いかなる弱さも ふっとんでしまう 
ピュアーの歌を歌え

1977.11.19.

| 1977年 | 23:57 | TOP↑

≫ EDIT

ピュアーの一人舞台

ピュアーが踊る
ピュアーが踊る
ピュアーの一人舞台だ

ピュアーが踊る
ピュアーが踊る
ピュアーの一人舞台だ
ピユアーの一人舞台以外には何もない

ピュアー……星の彼方に そのピュアーがある
やはり光速以上のものが
取り扱われなければならない

頭で何やかやと 考えて見つけ出すな
見つけ出したところで
それらは 間接直感の品物にすぎない
ニュートンのユークリッド幾何学の
範囲を超えない

哲学思考も アメリカの「人間」であるも
更にそれから 星の彼方
光速の彼方 宇宙の彼方
ピュアーのみに 意識を
集中させねばならない

ピュアーはそれだ
お前の求めているすべてだ
そして それは
お前のまわり いたる所にある
ピュアー以外には 何物も
この世に 存在していない

お前たちの 見ているものは 
お前たちでこしらえた幻だけだ
それを とらえて
これはどうの あれはどうのと言っている
 
お前たちの 見ているものと
考えているものは 全て 
頭で考え 頭でつくったものだ
そこには 善と悪とが 存在するのだ

お前達のつくった物と
はじめから ある物と
見極めよ
それには 考えをやめて
天のピュアーにまず意識を向けよ
ピュアーは お前たちのものとなる

踊りが始まる
ピュアーの大洪水に
お前は 狂いまくるであろう

1977.11.19.

| 1977年 | 10:48 | TOP↑

≫ EDIT

破壊音

おお 物が落ちる 物が
そしてそれは ついに平面の上に落ちた
音をたてて それは落ちた

それは 原爆の炸裂音の如く
落ちて 響きわたった
小さい物の落下であったが

物がこわれる時も そうだろう
大破壊音をおこし
それは破れる

破壊だ
破壊音――今まであった形が
壊れるのだ

アメリカ人が ハーイと言ってニコニコする
物質と物質の衝突だ
そこには情感や理由がない
響のハーイの音声を
起こさせたのだ

感情や理知もない
ただ物が落ちる状(すがた)であり
壊れる状である
歌が歌われるのも
そこから歌われるのだ

電子と電子が 衝突するのも
そのもの自体が
「実在」だ――

ハーイと片手をあげて
人にニコニコ近づく―――

両手が上がって 踊り出す
歌となる
物は踊る 動き出す
地球もすべてが
動き始める

おお地球は 動いている
おお地球は 踊っているではないか
強力な破壊音を たてて
世界は「響」に
満ち溢れている

クリシュナの笛の音は吹かれる
ラーダとクリシュナの劇は
演じられた

1977.11.02.

| 1977年 | 09:29 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT