FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

破れる頭

破れる 破れる 私の心が破れる
私の心がちょうどミルクのツボが傾いて
ミルクがこぼれ落ちるように……なる
心が元の心になるその一瞬

破れる 破れる 私の心が
心が元の心になろうとする時 私の心は狂いそう
礼拝が遊びの中で礼拝となる時
……その糸口の入口の前で 私は消えてしまいそうだ

おお クリシュナの遊び
ゴピーたちは 決してきれいな着物を着ていなかった
牧童やゴピーたちは薄ぎたない
――いや厚ぎたない着物を着ているほこりまみれの
男の子女の子であったのだ
クリシュナは遊んだ
その厚ぎたない子供たちと 厚ぎたない子供たちと

ミルクがこぼれる ミルクがこぼれる
ああ ミルクがこぼれる
厚ぎたない子たちは それを手でつかんで
がむしゃらに飲みはじめる

ミルクが顔一面について 牧童やゴピーはうれしそう
頭が破れそう
私はどこへ行くの

1976.12.19.
スポンサーサイト



| 1976年 | 21:56 | TOP↑

≫ EDIT

魔法のツボの中の涙

床の中で泣いていました
アジメールの田舎 ホイサガールの
我々のアシュラムの床の中で
夜の三時十五分でした

土まみれの子供達と共に寝ころび 戯れる自分となりました
床の中で夢の中で うつつの中で
そしてその泥んこの子供達と 寝ころんで遊べる自分の
それは「礼拝」に他ありませんでした
だから私は 泣けていたのです

相対的感傷で 泣いたのではありません
私が私になりたくて そして私が私になれた 
それを泣いていたのです
天上の梵が地上の梵(ブラフマン)と
なれた「喜び」です
私の最も望んでいたものです
夢の中でもそれが出来たことは 私にとって
これ以上ない「宝」でした
私は床起き上がり すぐペンをとりました

どうしてこんなきたない子供達と共に
寝ころんで遊べるようになれたのでしょう
「礼拝」がそこに実現できるようになったのでしょう

それはこの半砂漠で私が 井戸掘りを試みていた時
子供達が衣類を欲しさに 私の手伝いをしたからです
衣類の欲しさからの子供でしたが
それ以上に 私に手伝ってやろうという人間本来の「心」が
そうさせているのが ありありと感じとれたからです
触るのもきたならしいその子供達が 私に手伝ってくれた
その半砂漠地帯での井戸掘りは
明日にでも水が出ようとしています
私の心に水がでてきたのです
それが「地上の実現」という形をとって泣けたのです
「礼拝」が可能となったからです
私にとってこの床の中での夢まぼろしではなく
心が 日頃の思いが実現をみのらせたのです

泥んこによごれたうすぎたない子供達と 寝ころべるその心
如何なる人をも礼拝することの出来るその心 
それは泥んこの汚れた者と寝ころんで
――寝ころんで遊ぶそれからであることを
門戸を私は見出したのです

涙は私の朝明けを告げるものでしたでしょう
三時半です
私は床に就こうかどうしようか迷っています
中途半端な時間です

私は床の中で「喜び」の中で
明子のことをふと思い出していました
彼女の最も欲していること それがこの心だからです
私はそれを透き通るガラス部屋の彼女を見るように
それを知っているのです
「礼拝」――それは そのようにきたならしい 垢でよごれた
子供達と寝ころんで遊べること その中から実現されて来る――のだということをやっとつかみました

それは子供達から ホイサガールの
身分いやしい子供達とされているマルワリの子供達から
教えられたのです

ここでは 小鳥達が私の教師でした
小鳥達はいろんな事を私に教えてくれました
ここでは私には 小鳥の声が分かるのでした

この――人間界にはさまざまな聖典がありますが
それらはすべて 人間の考えた教典でした
しかし小鳥達から聞いた言葉によると それらの教典は如何に
人間味のある脚色にすぎない事かが分かりました
自然のものは自然を知っています
即ち 真の真理をです
子供達もその小鳥達と同じたぐいのものでした

昨朝116人の子供達に日本から届いた子供用の衣類を
与えてやったのです
その時の子供達の「喜び」と その着替えた時の見違えるような
変わりように私はびっくりしました

きたない衣類をはぎとり きれいなものに着替えれば
――みごと「インテリジャン」の少年に
早変わりするではありませんか 一変です
世はマジックの中にあります
私は今朝床の中で一変しました
魔法のツボの中で涙が……

1976.12.19.

| 1976年 | 00:29 | TOP↑

≫ EDIT

顔だ

人間世界は知識や言葉で
勝負するのではない
顔だ

顔は自己のすべてをあらわす
実現した者の顔は
普通とはちがう

普通の顔は 常に
迷い 悩み 人間関係に関わり
問題を持つ顔である

それではいつまでも 
うだつが上がらぬ
「ああしよう こうしよう」
「仕事を大きくしよう」
「宗教団体を大きくしよう」
「どうしたら大きくなるのだろうか」
と悩み 策を考えうろつく

人間に最も大切なものは
実現以外にないのだ

1976.10.27.

| 1976年 | 19:25 | TOP↑

≫ EDIT

意識人間から神経人間に

人間は 俗事 俗話の中に入ってゆくと
神性なる背骨の神経に統一を失う
あくまで 清い神経が
背骨の中で保たれて居らねばならない
極微にまで反応し 震えあがる神経だ

人間は物事を考えるが
考え 思想をもっているが
それが人間であると思うが
それは人間の一つの働きであって 自分ではない

自分の本当の自分の状態は――
自分というものは 思考ではない
震え上がるその神経の その中点にある
そこに自己が見い出される

震えること そこに自己がある
思考の人間の中にあるのではない
震えこそ 宇宙の極微と
極大とに 合一した点である

背骨を真っ直ぐに 透明に立て保て
俗心俗事にふれる事は
ぬかみその中に自己を漬けるようなものである
その臭みは神性を 自己をかき消してしまう
すると元の神経を取り戻すのにひまがかかる

統一され 実現された者でもそうなのに
されていない者は よほど注意し懸命に
ならねばならない

神経を背骨の神経を透明にせよ
「震え上がる」ことの出来るまでの
清く敏感な神経に 仕立てよ

これは並大抵の努力ではない
研ぎ澄まされた刃物の如く
自己の背骨の神経をとげ

人間は意志より神経の方に近い
考える人間から 神経人間に――
「震え上がる」世界に入れ
「震える」世界は幾何学的
即ち 相対の世界から一元の世界に入る
回転軸を通過するところの――
中心的世界である

意識人間から神経人間に――
知情意の精神人間から物理的な
純粋人間に帰れ
自己をけがしてはならない

精神の世界より物理や
幾何学的世界の方が
遥かに歴史が古いのである

1976.10.27.

| 1976年 | 10:33 | TOP↑

≫ EDIT

私の次に来る者たちに

あなたはなぜ 早く来なかったのですか
あなたは普通の人とは
違うのですよ
顔を見れば 分かるのです

普通の人は 普通の顔をしています
しかしあなたは 普通の人ではありません
神の人です
神以外の何ものでもありません
その顔が それを示しています
あなたは 今現われてよかったのです

私は今まで 間違いばかり
言って来たのです
しかし今は時が来ました
あなたは 私の真実の言葉だけを
聞けます
はじめから 新しい言葉を聞けます

1976.10.02.

| 1976年 | 23:24 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT