| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界は踊る 肉体も踊る

肉体全体に 踊らしめよ

遊ばしめよ

そこいらの 空気にも

踊らしめよ

遊ばしめるのだ

躍れ 歌え

みんなで 踊るのだ


肉体全体で 踊るのだ

歌うのだ

遊ばしめよ

世界全体が 踊っている

硬直させるな


宇宙全体が 踊り

歌っているのが わからないか

肉体のはしばしに いたるまで

踊っている

踊らしめよ

歌わしめよ


硬直させないで

世界を 肉体全体を

なめらかにしておくれ

硬直や 批判や それらから 

解放させる事だ

世界は 踊る


1973.12.20.
スポンサーサイト

| 1973年 | 17:16 | TOP↑

≫ EDIT

おお あなたはブラフマンでした

おお あなたはブラフマンでした

あなたは 私をくさらせてくれる 相手です

あなたが 私をくさらせてくれる ブラフマンです

私をどうかくさらさて下さい


師とか 先生とかでなくして

あなたの 友人として下さい

私を遊び手とさせてくれるのは

あなたです

あなたこそ ブラフマンでした


ブラフマンを 祈り拝むのでなく

あなたと 遊べるのでした

私は あなたと 遊びます

私は 遊べます

友人として あなたと

あなたを 拝むのでなく


神を拝むのは

第一の段階でしたね

第三の最期の段階は

あなたと 遊べる事でした

あなたと私は ここで関わりが

なくなりました

有難う

これで人生は終りそうです

ゴールは来ました

あなたとすべてと関わりなく

しかも遊びとして遊べるのですから

これ程楽しい事はありません


あなたよ

ブラフマンはあなたでした

私とどうか

遊んで下さい


1973.12.20.

| 1973年 | 10:21 | TOP↑

≫ EDIT

善い人間は 悪い人間

人は「善」という言葉に

ひっかかっている

「善」とはよい事であり

よい事をする事がよい事

であると

その善いことにひっかかっている

すると悪い事をする人間を

あいつは悪い奴だと

とがめてしまう

本当にそいつは 悪い奴なのだろうか


悪いと 善いは両方とも

本当のものではないのだ

善いということに 

人はひっかかっていると

悪い事をすると 又それに

ひっかかってしまう

善い事は 善いようなかっこうをして

かくれている悪魔なのだ

その悪魔をみつけ出したら

善いことにひっかからなくなる

善いことは人を 偽善者にさせてしまう

善い事からも 人は離れ

それ以外のものにならねばならない

善と悪をこえたものに


善と悪をこえたものになるには

どうすればよいか

善悪を考える

その考える事をやめることだ

考えをやめて意識を胸の高さの

背骨の位置にあつめておれ

そこに意識を集めていると

人間は真実な人間になれる

もうろうとした

神のような顔をした人間になれる


1973.12.01.

| 1973年 | 10:04 | TOP↑

≫ EDIT

強力な光ブラフマンが

雲が静かに 流れていた

土が音もなく 野菜を

育てていた

時は刻々 流れていた


つくられてゆく 「時」も

持続性をおびている諸物も

すべて 泣きの涙にふるえていた

泣きの涙 歓喜の涙だ


幻も何もかも すべて

のみこみ

真実の光に つらぬき通し

光そのままに かえしてしまう


ブラフマンの

協力な力が

すべてをくつがえし

すべてを変えてしまう


歓喜の光の 泣きのるつぼの中に

狂ほしく それは 射られ

のみほされて しまうのだ


ブラフマンの光は 強烈な光だ

自己の内にも 涙が宿って

そのすべてとなり

しかも宇宙のそれは中点となる


泣きの大洪水が

我れを 泣いて立たしめる

すべてのものに関係なく


1973.12.01.

| 1973年 | 00:37 | TOP↑

≫ EDIT

梵の洪水

おお 神よ 私を泣かして下さい

私には それしか 楽しみがないのです

それ以外 この世に 何の楽しみが

ありましょうか

私を泣かせて下さって有難う


私は 泣いて 泣いて

泣きの中に ひたる

梵は私だ 私は梵だ

私はきえて 私はきえて

梵となった


泣きこそ 梵

梵を 泣かせて下さい

これ以上のよろこびが

どこにあろう


私なる我は 消えて

神も 消えて

梵のみとなる

その梵が あちらにあったものが

すごい偉力ですべてをつらぬいて

いる事を

うすうす感じていたが

それをとらえる自己のない

状態がつづいて

しばらく 待った 


だが 来るものは来た

それ 光は我が内に来た

我れが 梵の中点となった

泣いて 泣いて 洪水が

又もや やって来た


この洪水は 昔味わっていた

洪水とは ちがったものだ

自己のない

梵の洪水だ

すべて 幻までが

光にみち 泣きの涙に

ふるえ もだえ

輝いている


ただ 泣きだけしかない

梵一色

我れのみ

自己のない

神のない 彼方なる

真実なる実在


梵も消え

己が梵となる

梵が自己のない中で

自己と一つとなる

泣きは 洪水となって

おしよせ

我をのみこんでしまった


世界は泣きのるつぼの中に

あった


これ以外にこの世に

よろこびというものはない

私はこれをさがしていたのだ


来るべきものが 来たのだ

すべての多様性は消え

自己も消えた

闇も光もなにもない

泣いて 泣いて

泣きの光

それだけしかない


歓喜だ

泣きそのもの

それは我れを中心とした時

ピタリとすべて 合った

そして すべてはそれとなった

泣きだ 洪水だ

おし流されてしまうのだ


おお 我!

梵よ!


1973.11.26.

| 1973年 | 13:59 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT