| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新ウパニシャッド

一 我々は滅んでもいい
   
   真理を実現してゆく

   真理実現とは人を「崇拝」し

   ソフトで秩序だった社会建設と

   自己の確立にある


二 我々は人々を「崇拝」し

   生産をあげ幸福を分ち合い

   生産は農業生産を中心とする


三 我々は能率で人を見ず
  
   感情的 或いは知的に人を批判しない 

   我々にあるのは「崇拝」のみある 

   この一線を守る

四 我々はこの真理を人類的或いは

   世界的なものとする

   即ち一切のものの存在価値を

   認め共に栄えてゆくのである


五 我々はこの一線を破ると自己に
   
   ムチを加える 

   あらそいをやめて 崇拝する

   やさしさは 「崇拝」の樹に咲く果実である 

   前進する……個人と  国家と 人類のため


六 我々は一本の神性でつらぬかれた

   大樹をつくる 

   即ち根と幹と果実に 天と地をつらぬく

   社会づくりをするのである

   いくら果実がみのって

   聖者の如く恍惚を味わっていても ダメだし 

   人民に奉仕してもダメである 

   それらが確立される為には

   根である社会機構が 確立されねばならないのだ


七 個人の利益と 国家の利益と人類の利益が

   直結し 循環したものでなくてはならない

   いわゆる税金のない 雇用関係のない 搾取のない

   物価が一定した社会で 労働のすべてが 奉仕的である 

   これこそ真の人間社会であり 民主主義社会である

   根が確立されれば 幹も果実も本物となる


1972.12.31.
スポンサーサイト

| 1972年 | 10:43 | TOP↑

≫ EDIT

梨のかおりが

梨のかおりが してくる

ご神殿に供えた梨から


この梨は 昨日 新潟から

おくられて来たものだ


彼は 給料が安いのに

わざわざ買って

遠い所から おくってくれた


その真心の 厚いその香り

であろう


神前に 火がともされ

香がたかれた

寒い冬の夜


まだ 氷もはってないが

ストーブを 入れはじめたばかりだ

新潟は もっと寒いだろう


聖者のような

天使のような 奥村さんの

あの細眼で笑う あの顔と心が

つたわってくる


彼こそ 天の一粒だねだ

生きたものでない 生きたものを

こえた 死んだものだ


草一つも抜くことが 彼には

出来ないのだ

私が 「草をひいてくれ」といったら

「私は草をひかないことにしてあるの

ですが……」と答えた


彼こそ 天と地をつなぐ者だ

細い眼をした 奥村さんの

遠い所からの贈り物 梨は

生々と神前に ならんでいる


彼の幸福を

ただただ祈る


1972.11.21.

| 1972年 | 20:04 | TOP↑

≫ EDIT

ヴェーダンタの社会づくり

ヴェーダンタ経済の社会は

血まようてはならない

新ウパニシャットの社会は

金の手に作品をけがすな

我が心をもけがすな


創造

芸術作品をいっぱいに各自がつくり

心と場所と世界を飾りつけよ

仕事はなんぼでもある


空虚な生活をやめよ

根と幹と果実を

一直線に保て――


1972.11.19.

| 1972年 | 17:33 | TOP↑

≫ EDIT

芸術作品は



芸術作品は売るためのものではない

「贈り物」としてこの世に出すべきであり

そうされるべきである

芸術作品と経済とは無縁である


作品は芸術から贈り物として来たもの

経済の手をふれさすな

ふれた時には芸術作品ではない

生産された製品と作品とはちがう

芸術の創造は人によってなされ

贈り物として来た

故に贈り物として

止められるべきである

止めの中に それはそれとなる

けがしてはならない


1972.11.19.

| 1972年 | 11:34 | TOP↑

≫ EDIT

新ウパニシャッドによる社会改造

一本の樹ができた

ラーマクリシュナはその樹になった

甘い果実だ

枝々と葉っぱのたわむれだ

あざやかな 青空

星々のささやきと

甘きよろこびの歓声の

歌を共に歌う 茂れる葉っぱだ


そして彼はヴィヴェーカーナンダに

太い幹をつける事を教えた

彼は世界をかけめぐり

大衆の中に入り込み

彼等に奉仕すべき事を

示された

彼は人間の中に神を見て

奉仕した

だがまだそれには根が

ついていなかった

すなわち下部構造だ

私はその下部構造をさがした

根の構造はどうあるべきか

社会の組織だ

社会の組織が改められない以上

いくら貧乏人に奉仕してもだめだ


樹の頂上に甘い実がなり

葉っぱが 星々の詩の中で

恍惚となっていてもダメだ

私は思い切って その仕事に

とりかかった

下部構造の設立に


根が出来て 幹が出来て 実がみのる 

神の名による一本の樹が

サット チット アナンダ

真実在にたっする根を知り

歓喜を歓喜たらしめる

根は神の真理の構造によってなされ

真理の養分を吸いこみ

幹におくり 枝々 葉の端々に

いたるまで おくられる

果実は 歓喜の甘実は

ここになる


真の民主主義は共産主義的な

社会の中に見いだされる

個人の利益と国家の利益が直結する構造

これこそ 真の民主主義である

今のような物の奪い合いの社会では 

悪の社会である

良くしようと人々は努力しながら 

悪がなんぼでもふえてくる

奪い合いの社会 これは真理に

反する

こんな社会をそのままほっておいて

何が奉仕活動だ

何が神だ

何が恍惚か


根がととのえられた時

実はみのる

サシダナンダの世界がくるのだ

天へ天へ水は根からくみ上げられる

自由 魂の自由が

この地下の構造から

一貫してなされて来るのだ


故郷は根にもあり 幹にもあり

枝にも 葉にも 実にもある

いたる所に故郷を見る

サチダナンダの歌ごえが

こだまする


さあ 力づよく国づくりをするのだ

民衆の国を 民衆の手によって

工業生産は個人にまかしてはならない

搾取は絶対やめねばならない

雇用関係は搾取である

個人と国家の利益を直結し

循環の法則にしたがわねばならない


根づくりに全力をかけよ

天を地にかえし

地を天にかえし

天と地をつなぐのだ

新ウパニシャッドの進軍ラッパが

ふかれた


1972.11.16.

| 1972年 | 10:44 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT