| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初産

バナナの花を見たことがある?

寒い国の日本では珍しい

バナナの花が

本当に 咲いたのよ


大きい葉っぱのその下に

夢のように 咲いたのよ

パッと咲いたのよ バナナの花が


さあビニールを さあ竹を持ってきて

温室を つくってやりましょう

家中が大騒ぎ

ユラユラゆれて大きな葉っぱが

初産を祝っているようね


そっと のざきにゆきましょう

バナナのあかちゃんを

陽がキラキラ 照ってこい

もっと もっと 照ってこい

実はやっぱり小さいが

あなたに希望を

かけているのよ


1967.10.
スポンサーサイト

| 1967年 | 20:06 | TOP↑

≫ EDIT

死の進軍

死ね 死の中にとびこめ

死の進軍だ 死ね

死の中にのみこまれるのだ

死の大洪水がやってくる


進軍 進軍だ

死の大洪水だ


死の進軍がくるのが

見えないか

よろこんで高々に歌って

進軍


死の大洪水が 汝等を

のみこむ

それにのみこまれる勇気

死こそ 宇宙の大真理

未来を死によって築け

全人類


汝等の本性は死である

死である者が再び死ぬことが

ありえようか

よろこんで 平然と汝の

肉体の死を 肉体から去る

ことをよろこべ

それは歌なので

歌いなのだ リズムに合わして

よろこんで去れ

死の大故郷へ


おそれるなよろこべ

汝等よ いま 汝等に

死の洗礼をうけさせん

人類を救わんがために

大進軍が はじまったのだ

参加せよ とびこんで

死の泉となれ 力となれ

真の力こそ 汝の名なり

進軍のおたけび

進軍ラッパに

つづけよ!


1967.10.01.

| 1967年 | 19:13 | TOP↑

≫ EDIT

死のみ

死以外には何もない

多もなければ 一もない

ただ一つあるのみだ

そは 死そのもの

讃歌もなければ

蜜をすう蜂もない

ただ 死のみ

死が 死となるのみ

死のエネルギーが

ほとばしり出す

とび出しが歌と化し

踊りと化し

行為となる

死以外には

何もない


1967.09.29.

| 1967年 | 13:38 | TOP↑

≫ EDIT

頭のてっぺんで

息を吸いましょう

そして 強く吐き出しましよう

頭の てっぺんで

息を吸いましょう


私たちの本性は

「死}であります

恥じらい 体裁 

すべてを 捨てましょう

恥じらい 体裁

見栄 栄達も

すべて 自己の栄光であります

恥じらい 見栄 栄達

弱さ これらはすべて

栄光であります

それを 捨てましょう

飾る心の 恥ずかしさ

弱さもすべて

生への 栄光であります

悟ろうとすることすら

栄光であります


すべてを 投げ捨てることにより

自己本来の自由が やって来ます

自己にかえって 自己の蜜を

くむのです

花が咲くと 蜜蜂がきます

そして 蜂は蜜をすって

その中で 死にます


来なさい

来なさい

私の胸の中に

私はすべてをいただきます

わたしの胸に来て

蜜をくみとりなさい


善も悪も 恥じらいも

弱さも あらゆる 躊躇を

かなぐりすてて

私の胸に とびこみなさい

その胸は あなたのものです

あなた自身なのです

とびこみなさい

すべてがつつまれる胸の中へ

花が咲きました

蜜蜂が来ます

そして 蜜をおなか一杯に

すって

その中に 死にます


花が咲くとは

あなたの中に すべてを

投げすて

弱さを投げすてた

時のことである

死を 自己の本性を知った時の

ことである

そして 世の中のすべての相対を

なくし

すべてを一つの死とみ

自己も他も絶対もない

一つなる絶対もない

一つなる死そのものと

なった時

花は開くのです


一つの大きな花が開きます

すべてはその中に のみこまれます

多も一つもない

一つが 大いなる「死」そのものが

やってきます

そしてその 「死」そのものが

自己のかんばせをかいで

恍惚となります

自己への讃歌が

歌いはじめられます

歌わずには おれなくなります


死が死みずからの中で

死を讃嘆する

それが 蜜なのです

その讃嘆の蜜の中で

歌いつつ 蜂は

死んでゆくのです


私の胸の中に

あなたは 死ぬのです
 
蜜をくんで死ぬのです

そして 立ち去りなさい

死のよろこびにみちて

仕事はあなたを

すべてがあなたを

待っています

その中で 死のかおりを

発散しなさい


あなたは

すべてが自分であることの中で

恍惚となります



善も悪も相対意識も抜け

恥じらいも 弱さも

消えて

死のよろこびの中で

舞い踊りましょう


1967.09.29.

| 1967年 | 13:29 | TOP↑

≫ EDIT

そよ風の私

人生には 人間の考える様な

目的はない

人間の考えるような 社会への

義務もない


もっと無限なものがある


人間を去ってしまう

そよ風となる


1967.08.13.

| 1967年 | 19:51 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT