FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自由の本質は自由である

物質の本質は 自由である

精神の本質も 自由である

宇宙全体は 自由の中に

いこう


宇宙は 自由の中から

自由として あらわれ

自由に眠る

自由は 自由として 自由である


人間の本質は 自由である

自由の楽園から 人間は生れた


死もまた 自由の生命をもち

自由の楽園――時間 空間の

中にかえる


1962.12.10.



スポンサーサイト

| 1962年 | 10:52 | TOP↑

≫ EDIT

自由の法則

宗教は 物理学に包含される

自由を ときうるものは

宗教でも 哲学でもない


宇宙の本質「自由」を

見いだすまでには

宗教も 哲学も必要だった


しかし 自由にもぐり込むには

物理学をもって

しなければ ならない


自由の法則

宇宙の核心の法則が

いつとけるだろうか


1962.12.10.

| 1962年 | 08:27 | TOP↑

≫ EDIT

物理学と悟り

私は今

自由の中で 遊んでいる

悟りの世界を はるかに超えて

物理学の領域に 入った


宗教的な探究は もはや

なくなり

まるで世界が 変ってしまった


この人生に こんなことを

知ろうとは 思わなかった


人生が 楽しいやら

すばらしいやら 

……驚きやらで 交錯する


自由のよろこび

すべての頂点は 宗教でなく

物理学をもって 統べられる


1962.12.08.

| 1962年 | 22:40 | TOP↑

≫ EDIT

雲が 光って

東の空を

南から 北へ進んでゆく


空は あおい

木は少し ゆれている


雲の上には 太陽がある

まぶしくて 見られない


1962.11.29.

| 1962年 | 07:00 | TOP↑

≫ EDIT

無分別の世界

秋の静かな朝

百日紅が 咲いてゆれる


向いの屋根に 鳩がきて

くちばしを合わせて 仲よく

している

二羽で また飛び立った

はばたきが 頭上をかすめて

去った


雀のなき声が きこえて来た

一つのものに 気をとられている

間に

他のもの音が わからないのだ


静かさや 平和は

どこにでも いつでも ある

耳をかたむけて 聞こう 見よう


故郷の空

ここが 心の故郷だ


黒もなく 白もなく

長もなく 短もない

緑もなく 赤もない

無分別の世界


1962.09.06.

| 1962年 | 15:14 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT