| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画を見て

Ⅰさんと映画を見に行った

これが最後の映画になって

しまった


……というのは

その晩から お祈りをすると

もう映画を見てはならない

ような

神経になってしまっていた


この頃の私の神経は

非常に清澄になっていて

清らかでないものに接すると

具合が悪くなって来た


よほど注意して 今の神経の

清澄さを

けがさないようにしたい


潜在意識の門が

開け放たれているような 

気がする


1960.11.03.
スポンサーサイト

| 1960年 | 10:21 | TOP↑

≫ EDIT

小鳥の愛

鳥が 子供の鳥が

他の鳥から 餌をもらっている

羽を ひろげて

嘴を あけて


大きい兄貴分の鳥が

仲間と 餌をうばいあい

ながら

その口に ふくんだ餌を

弟の 小鳥にやっているのだ


欲と愛とは また別だ

愛は 欲をはるかに

超越している


1960.08.17.

| 1960年 | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

兄弟のような

孝ちゃんが 九州から帰った

私は なつかしい心が

みなぎって

彼が帰ったら 手を取り合おう

そう思っていた


二人が会った時

私は 彼の両肩に手をおいて

やあ お帰りといった


彼の方からも 両手を差し

だした

私はうれしく 両手をにぎった

兄弟のような 結ばれが

瞬間つたわった


私が 彼のおじいさんに

親の愛に 似たものを見た

時のように

似てはいないだろうと 私は

思うが

似ていると思える日が いつか

くるだろうと

私はたのしみに まっている


1960.08.14.

| 1960年 | 23:45 | TOP↑

≫ EDIT

静かさ

八月八日に 泉尾教会で

インドのスワミの講演会を

催した

スワミは五十九才で タゴールに

すごく似ていた


長曽我部さんに 通訳をたのみ

私は

清い者たちの中にあって

インドと日本を結ぶ

仏陀以前からの 縁と

宗教の流れを 想う


ああ 一つなる心

インドと日本

彼には私を 人々をつつむ

ベールがあった


静かさだ


1960.08.10.

| 1960年 | 23:40 | TOP↑

≫ EDIT

老人よ 私と

友よ この世を楽しもう

人と 人の愛

人と自然と 人生の

相互の心を

清いもので つなごう


欲のない人々

欲のない者たち

私は お前をすきだ

子供のような心が


老人は 私をしたう

私は 老人をしたう

そこには 年齢の差が

また歴史のように

楽しく感じられる


存在の中に

やすらう われ


1960.08.10.

| 1960年 | 23:35 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT