| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

神笛

あたりの そう音から

少しはなれた一室で

私は 

古代ギリシャの

大理石の 女神像を

堀出すように

恍惚となって 神の笛

――「魔笛」を吹いた


「悪の退陣」 「悪の除去」の

哲理が 掘り出されたのだ

歓喜に波打つ光にみちて 

黄金の 心の弦が

切れんばかり 「聖なるもの」

――「自然」の中に 再び突入した

光一色の中に――


科学と機械技術が

圧倒的に その支配を

たくましうし

人間の本質が「危険」の

深淵に かかっている時


「自由」なる彼方にむかって 

「癒やしの次元の閉鎖」の

鉄鎖を 断ち切る――


「神の欠如」 「神々の除去」が

「神々の充満」 「悪の除去」となる

おお 不可思議な神笛――

「魔笛」が吹きならされた


ハムリンの笛吹きに 

ついてゆく 子供たちのように

悪の子供たちは 

姿を消してゆく――


知性の力が 中心に向えば 

それは 明るさをます


甘美な恍惚の中で

私は再び おんみを識った

前進的流動の法則を――


たたずんで 待っている者も 

一切は 前進する神だと

いうことを


不思議な喜び……

おんみ自身のように――


1959.01.01.
スポンサーサイト

| 1959年 | 09:25 | TOP↑

| PAGE-SELECT |