1960年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1960年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハエの羽音

夜二時頃

誰か 祈っている声がする

耳をすませた


ハエがとんでいるのだ

羽音が 祈りに聞えて

くるのだ


ハエでも 拝んでいるのだ

ハエが神を 拝むのに

人間が もっとしっかりしないと

ハエに負けるじゃないか


ハエでも 神に祈る事を

知っているのだ!


1960.03.20.
スポンサーサイト

| 1960年 | 23:30 | TOP↑

| PAGE-SELECT |