1960年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1960年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

恋人が

涼しい風が吹いて

私は死にたくなる

恍惚が全身におそって

私は死にたくなる


その度に この世における

責任を感じながら

涼しい風を思うぞんぶん

吸うことのできない

悲しみ


人間としての生命が

私をゆかせない

人類救済の愛にもえながら


恋人が私を

さそいにくる

盛夏の涼風


1960.7.27.

       
スポンサーサイト

| 1960年 | 10:44 | TOP↑

| PAGE-SELECT |