FC2ブログ

1962年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1962年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

時間

時間は 非人格神の

財産である

彼は 時間の衣をまといて

自己を かくし

自己を 表現する


時間は非人格神の

衣である

人間は その衣の

糸目を とおしてのみ

彼を みうる


1962.07.21.
スポンサーサイト

| 1962年 | 23:04 | TOP↑

≫ EDIT

五浦海岸

断崖に臨む天心荘

六角堂の

絵ハガキを

お便りにのせて

お恵み賜り

厚く御礼申上げます


涙が 涙があふれ

海と 空と 松と

天心先生のつりざを姿が

私の心を かきたてます


ただぼう然と

吸い込まれる思いで

昔と今の友の愛の

さざなみに

さらわれそうです

 (大類純氏にあてたもの)


1962.07.14.


| 1962年 | 14:48 | TOP↑

≫ EDIT

山の開墾

朝 久しぶりに山に行く

奥田 春名 坪井 私の四人で

出発

荷物が多い

毛布四枚 パッキングケース一つ

リック その他


作業は はかどる

若者の力が 土にぶつけられる

土ほり

草刈り

樹を 切りたおす


夜三時半

雨が降りだした

起床の命令がとぶ

毛布 カヤは ナイロンに

包まれる


雨がやんだ 寒い

星もない

真っ暗だ

火をたく


ふるえながら

ヨイショ ヨイショ

がむしゃらに 土をほるより

他にない

少しでも 暖まる


八時 休憩

今夜帰るか 明日帰るか

話し合う

結局 今夕帰ることに

話がまとまる


仕事が はかどる

朝 また雨にみまわれる



すぐ晴れた

作業はつづけられ
 
一時半頃 昼食

六時まで また全員で

がんばる


夜九時

浜寺の学園に帰りつく


1962.07.12.

| 1962年 | 13:20 | TOP↑

| PAGE-SELECT |