FC2ブログ

1964年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1964年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本についた!

昨夜は何だか

ねつかれなかった

三時間ほどしか

ねむれない


日本のことを あれこれ

次々思いうかべたから

だろうか


いつの間にか寝ていたが

夢をみていて

五時半に眼があいた


ねむたかったが

日本の港に着くのだと

いう事で

がまんして

日本をみるべく立ち上り

船窓から顔を出した


海はノタリ ノタリと

鏡のように平たい


その海に

赤い太陽の波が

うねっている

太陽は柿のように 紅だ


うす曇りの中に入って

輝いている


井上や川崎を起しにゆく

ねむそうにして起きて来た


日本の太陽を見なさい

と言ったら

二人が船窓から

ねむいまなこで

のぞいていた


私はさっそく甲板に出た

男がドラをかついで

船尾に行き 鳴らし始めた


甲板はすっきり

水にぬらされていて

ちょうど

正月の様にすがすがしい


日本についた朝だけに

正月元旦のような

新たな感がするのである


母国はかくも

我々のものなのか!


船は止まっている

パイロット船に導かれ

横浜港に入るのだろう


しばらくして我々は

船の上で入国の

手続きをすませて

上陸


1964.06.24.
スポンサーサイト

| 1964年 | 21:11 | TOP↑

| PAGE-SELECT |