FC2ブログ

1965年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1965年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

歌の野郎

我が友人 歌の野郎が踊り出した
歌自身が歌い踊る
一生懸命に歌う
声をはり上げて 
私はそれを聞いて 涙が出てくる

なぜなのだろうと
そのわけをさぐった
すると 歌君と自分の魂
―――生命とが一つにつながって
歌っているからだった
一つになると涙がながれ
踊りと歓喜に酔いしれてしまう

歌よ 音声よ 汝は
生きものだったのだ
私の魂が その魂とつながった時
私は本当に立派な声で歌えた

これが本当の歌だ
歌うことは 楽譜の上にはない
楽譜をこえて歌の生命と
一緒につながって
歌そのものが 歌うのだ

自分が歌うのではない
これを 楽譜にあらわせないものだろうか
歌君よ 我々に教えておくれ
お前は永遠に 知り人のみに
自分の姿を見せるのか

人々がお前の生きているのを知り
おまえの 歌い踊るのを聞いたら
悲しみも 苦しみもいっぺんになくなり
歌と踊りで この世が
うずまってしまうだろう

その楽譜を僕がつくりたいが
それはゆるされる事だろうか
まずそれを お前に問いたい

歌いびと 歌君よ
毎日 私の前に現れて来ておくれ
そして一緒に 歌い踊っておくれ

僕は はじめて音楽
いや歌うことが 好きになった
僕は昔から音痴で
歌うのがきらいだった
これで 勇気がでてきたよ
誰にも負けない立派な声で
歌が歌えるのだから

1965.10.31. 
スポンサーサイト



| 1965年 | 14:56 | TOP↑

≫ EDIT

一つの道を

あなたと 私
私と あなたが
菜の花畑で
蜜蜂の羽音をききながら
立ち話をした

私と あなた
あなたと 私が
のどかな湖水に 釣り糸をたれて
キャッキャッさわいで 魚をつった
針をとられ 餌をとられて

私と あなた
あなたと 私が
長靴をはいて
山の小道 田のあぜ道を
うつむきながら 通った
ゼンマイ スミレ
タンポポ セリを
つみながら

あなたと 私
私と あなたが
大きな自然の ふところに
抱かれながら
一つの道を―― 

1965.10.30.

| 1965年 | 11:47 | TOP↑

≫ EDIT

瞑想なき瞑想

私の心は 打ちひしがれて
瞑想が出来ない
知性が 高次元の「知」と
出会い
知力をなくしたのだ

その前にあって
瞑想行は後退する

そればかりか
打ちひしがれた知力は
どこへかくれたのか

あわれにも
……序曲をなくした瞑想が
はじめられる

1965.10.20.

| 1965年 | 20:19 | TOP↑

≫ EDIT

松たけがり

この裏山に 松たけが出るというので
弟子をつれて よじ登った
だがそれらしいものも
いや毒だけすら
みつからなかった

これは何も出ない山だなと
二人はつぶやきながら
ガサガサ地を這い
いじくりまわしていた

すると 一つの松たけを見つけた
二つ三つと 十に近い松たけが
出て来て
非常にうれしかった
面白い松たけがりだった

その松たけはラーマクリシュナだったことを
つい今朝まで 知らなかった
彼が私たちに 遊んでくれたのだ
その松たけは 村人たちの
言によれば
「アホタケ」というのだそうだ

1965.10.19.

| 1965年 | 20:16 | TOP↑

≫ EDIT

生き者

声が歌った
歌は声によって歌われた
生きたもの 声の精が
生きて歌った

私は声そのもの
音声そのものがラーマであり
クリシュナであるという
神として生きてある
生命にふれた

生命が 音声がもつ生命が
歌っている
歌はさえて
涙が眼にあふれる
ラーマクリシュナは 神は
音声 歌声の中で生きていた

歌声も 一つの生きものであった
それが勢いよく すべてに内在する
ラーマクリシュナを
讃えて歌う

1965.10.18.

| 1965年 | 14:11 | TOP↑

| PAGE-SELECT |