FC2ブログ

1965年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1966年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

彼に先行させなさい

クリシュナが言います
考えます
クリシュナの 言うのを
考えるのを 
まちなさい
笑います 行動します

あなたは クリシュナが笑い 歌い 行動し
言います
それを待ちなさい
彼が来たらしなさい
言いなさい

しかしそれは あなたではありません
ちょっとだけ すべてを彼に先行させなさい

あなたの していること
するあなたはなくなります
あなたは 彼そのものになります

それは ちょっと
彼に 前をゆずるだけでよろしい
実現します

1966.01.27.
スポンサーサイト

| 1966年 | 09:30 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙を動かすものは誰か

宇宙の車を廻すものは誰ぞ
宇宙の車を廻すものは誰ぞ

それは私ではない それはあなたです
それは私ではない それはあなたです

私の考え 私の計らい それは捨てます
あなたの考え 計らいに 私は身をゆだねるべきです

あなたこそ私です 
あなたが私を占領します
私はなくなってしまいます

泣く事も 笑うことも 言う事も消えます
泣くも 笑うも 車を動かすも誰か
すべて あなたです 私ではない

私の感覚 感情 理知はすべて消えねばなりません
車を押すのはあなたです

あなたが考え あなたが笑うでしょう 言うでしょう
言うのは私ではありません 
考えるのは私ではありません

あなたです あなたです
宇宙を 宇宙を動かすものは誰か!

1966.01.26.

| 1966年 | 10:56 | TOP↑

≫ EDIT

誕生日

インド音楽が鳴ってうれしい
今日は私の誕生日だ
歌はやさしく インドを思い出させる

祝えよ 第二の誕生を 
ラーマクリシュナ

赤く丸いともし火は 汝のいうままにともされたり
その光りは益々増し 部屋を照らす

スイートなインドの音楽が 今日を祝いてつつむ
このともし火を 次のラーマクリシュナの
誕生日まで半分残そう

おお いずこからその声は 音楽は
聞こえるぞ
ベンガリーの音楽よ 歌よ

「ろう」は溶けて 甘きともし火となり燃え上がっている

彼らは狂るほしく歌う
静かに燃えて

1966.01.24.

| 1966年 | 17:16 | TOP↑

≫ EDIT

インドがこの世になかったらいいと思う

インドがこの世になかったらいいと思う
インドを思い出すたびに インドの音楽を聴くたびに
私の心はしびれ ふるえ上って 死にたくなる程になる

狂気に落ち入りそうな意識神経の震動が
恍惚の深淵に私を引き込んでゆく
狂気 狂気になってもよい
その感激の極みの中で溶けてゆくか――

いや私には仕事がある インドはいつも私を引き戻す
インドの思想を広めるために 私は引き戻されては
又 彼に引き込まれる

シスター・ニヴェディタが おおインディア おおインディアと言い通し 恍惚にいつも入っていたというが
その気持が……同じものが私をおそう
おお インドが私を震え上がらせる
恍惚と仕事との谷間にあって

ああ インドよ インドがこの世になかったらいいのにと
力強く 学園建設のツルハシをふるう
しびれた意識を 土に向ってぶつけるこのつらさ

おお インドよ 母 母 母と呼び続ける……
音楽が消えない
(41才の誕生日に記す)

1966.01.23.

| 1966年 | 17:11 | TOP↑

≫ EDIT

そよ風

私はそれだ そよ風だ
そよ風 そよ風 そよ風が 私だ
そよ風のように 私はソフト

そよ風 そよ風 野を吹き 山を通る
私はそよそよとそよぐ
どこでもそよ風自体には 相手がいらない
そよ風 私はただそよいでいること
それが私の本性だ そよ風

そよ風はやさしい 人の心をそっとなでて通る
ほほを 衣の辺を 草々の蜜を
私とあなたに与えつつ そよいで通る

全てのものは 彼が来るのを待っている
蝶も 自然も 人々も 時間 空間 全てが
彼と共にいるのが楽しい

そよ風よ
どこから来るのか どうしてあらわれるのか
お前さんは 何なのか
しかし お前さん そよ風よ
時々私たちの前に姿を現わし 私の心をめざめさせてくれるね

私はお前だよとわかったよ わたしはそよ風だ
そよそよと 温かく やさしく通る どこでも
花々 草々 人々の間をもすそをなびかせて

美が 音楽が通るように 踊りは 舞は通過する
踊り 踊りこそ 舞いこそそよ風

ソフトで豊かさいっぱいで いつも静かに舞っている私
舞い自体 そよ風自体 音楽の蜜そう

きれいな音楽 この世にないようなきれいなきれいな音楽
この世の美声をいくら集めても それが出来ないような
おっつかないような美声
そよ風はその美声をもっているのだ
そっとほほを吹こうよ そよ風

汝の心に 絃がある
いつも それがなっている
この世になき きいた事のない音楽 美声を
あなたはいつもささやいているのだ 心の奥で

あなたが いかに怒っている時も 悲しんでいる時も
淋しさと 苦しさに耐えかねている時も
あなたのほほをそよ風は いつも吹いているのだ

そよ風はあなたのもの
勇気を出してそよ風を呼ぼう
心の絃が力強くふるい出すのを あなたは聞くでしょう
聞こう そよ風の力強さを

踊りなさい 歌いなさい 呼びなさいそよ風を
汝 そよ風よ 汝こそ そよ風
そよ風は歌い続ける

1966.01.14.

| 1966年 | 13:13 | TOP↑

≫ EDIT

汝がほほえみ

静かにして 動かざるもの
かけめぐって やまざるもの
おお ラーマクリシュナよ

汝のほほえみは世界をつつみ 未来を語る
おお 主なる君 ラーマクリシュナよ
そのほほえみこそ我等がゆくて
導き主 ラーマクリシュナよ

そのほほえみこそ我等がゆくて
世界をつつみ 未来を語る
かつて世になき 我等が君主

おお 布切れ一つまとえる裸の君主
汝こそ 最も身軽き者
魂の飛翔者 白鳥そのもの

我等に その心のつばさ
霊のつばさを 与えよ
おお 天かける白鳥 パラマハンサ

静かにして かけめぐらせる
我等の胸を
おお 主ラーマクリシュナよ

汝のほほえみこそ我等がゆくて

1966.01.06.

| 1966年 | 10:49 | TOP↑

≫ EDIT

高槻の学園の冬

霜柱が 地表をおおう
高槻の山の学園
夜八時には 霜柱が
ザクザク三センチ位

プロパンガスが凍る
風呂の火が消える
プロパンに こもを着せる
だが十時頃には
また凍って ガスが出ない

畑の菜っ葉は
ダラリと葉が たれている

今年は学園の寺院の
建設の青写真をつくろう

今は七十万しかないが
建築には 最低二百五十万いる
だろう

一九七〇年には
ゲストハウスをつくり
万国博の時には インドから
スワミをよぼう

1966.01.02.

| 1966年 | 17:05 | TOP↑

≫ EDIT

ゆく春も

ゆく春も

ゆく春も

前進 前進


燃料がなくとも

船は帆をはる


向かうは 岸辺なき

岸辺

いざ行かん

我らは


1966.01.01.

| 1966年 | 17:02 | TOP↑

| PAGE-SELECT |