FC2ブログ

1966年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1966年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高貴が私に

あなたは来ました 私のもとに

やっとあなたが 私のもとに

来ましたね


私はもう 見失いません

高貴なる あなたを


すべての者が 高貴です

この声も 高貴です

人々よ あなたは高貴です


高貴が 私のもとに

来てくれました

これもすべて あなたの

おかげです


ラーマクリシュナよ

クリシュナよ

ソフトなる風 そよ風よ

やさしく どこでも

通る汝 そよ風よ


汝は 高貴で 崇拝そのもの

そは あなたです

そは あなたです


あなたであったものが

私に


私であったものも

あなたに なってしまいました


私と あなたは 消えます

ゆずる者と

ゆずられ手先行する者とは

もはや一つに

同じものになりました

彼らはそこで 遊戯をするのです

ブラフマンとマーヤが一つの

そよ風のやさしさ

高貴 崇拝 そのものとなって

舞うのです 踊るのです

歌うのです


あなたよ やっと一つに

なりましたね


人々の姿をとっている

あなたも

私も

あなたとの 出合いを

楽しみます

夢みます

1966.02.18.
スポンサーサイト

| 1966年 | 16:14 | TOP↑

≫ EDIT

私とあなた

宇宙を動かすものは 私です

あなたではありません

あなたは だまっていなさい

あなたは 一体何ですか


あなたは 私ではありません

あなたは 消えねば

なりません


私があります

私が あなたです

あなたは 私ではありません

私があなたで

宇宙を 宇宙の車を 

動かします


1966.02.05.

| 1966年 | 20:19 | TOP↑

≫ EDIT

おお あなたよ 私を

おお あなたよ

私を 許して下さい

私を 見捨てないで下さい

時に私は あなたを

みうしなってしまいます


私の考えが

私の言葉が

出てしまいます

私があなたを 

おい出してしまいます


来て下さい 私に

あの時のように

私から 離れないで下さい

私を 見捨てないで下さい


悪いのは 私でした

おお 先行者よ 

私の前に 行ってください


だのに 私は時々

私に 下落してしまい

あなたに去られて

しまいます


私の神経の流れに

あなたが宿り

私を見て下さい


私は もはや私に

かえることは出来ません

時々私は 私に

すべりおちます


あなたに かえる事の

いかにむつかしいか

私は 実感しました

しかし 努力の結果

私は 去りそうです

あなたが 出てきました


これは ただちょっと

神経のうごきを

かえるだけですが

これでやっと 私をはなして

見ることが できるように

なりました


すると 私の知情意が

停止した状態となりました


考えてくれるのは

言ってくれるのは

あなただったのです

おお この溝の

うめがたかった事よ


だがお陰で

私は やっとあの状態

神実現の状態を

とりもどせました


苦しかった一と時

人間になってしまった一と時

人間と神とは いかに

ちがうか

人間とは 何かが

わかりました

今まで 何をしていたかが

わかりました


わたしがこうして 筆をとっている

のは

私が考えて 書いているの

ではありません

私の知 情 意はすべて

うごいていません


やっとあなたに なりました

もう私を すべりおとさせ

ないで下さい

失敗は もう一度で沢山です


私がわるかったのです

許して下さい

もう人間には 帰りません


私は 泣けます

いかにそれが むつかしいか

一たんあなたをみうしなうと

人間にもどると


………私をもとに

もどして下さい


1966.02.05.                     

| 1966年 | 09:07 | TOP↑

| PAGE-SELECT |