1966年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1966年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夜は夢見る如く

夜は夢見る如く

星の群をみる

それは 高貴なるものの群勢

輝けるものたちを

うっとりと見る

だが人間は

放下なきが故に

高貴なる本質から

遠くきすぎた


戦争は

高貴なる星々の

輝きであろうか

人をころす事は

人をなやます


経済のあり方は

高貴であろうか

美わしさは そこに

何もみられないではないか


人間性そう失の経済

人間性そう失の戦争

それは少しもよくない


美わしさから

それている


美わしさこそ

我らが すべて

美わしさこそ

すべてのすべて


1966.10.01.
スポンサーサイト

| 1966年 | 21:32 | TOP↑

| PAGE-SELECT |