FC2ブログ

1966年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1967年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

泣いてあなたは

科学者よ 泣いてあなたは研究しましたか
科学者よ 泣いてあなたは祈りましたか
科学者よ 泣いてあなたは顕微鏡を覗き込みましたか
科学者よ 泣いて下さい
人々を救うために

科学者よ 泣いてあなたは研究に向かいましたか
科学者よ あなたは泣いて祈って下さい
名誉や地位 ノーベル賞があなたの涙を塞いでいます

人を救うために 人が救われるために 
泣いてあなたは研究して下さい

あなたの内から生命が躍動してこないと
人生は空虚なものと化します
生命を込めて 神秘の活きたものに触れて下さい

科学者よ あなたは泣きましたか
人々のために 泣いてあなたは祈らねばなりません
生命を打ち込んで下さい

1967.01.28.
スポンサーサイト



| 1967年 | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

死者ハ

死者はどうして甦るのか
死者はどうして甦るのか
死者は甦らねばならない

一匹の青白い狼か 幽霊か
冴え渡りたる 月の夜の崖淵に立ちて吠えるよ
夜は氷の如く冷えて 鳴き声は響き渡る
深い夜のしじまに こだまして

彼は自己と別れを告げねばならないのか
彼方を見て吠えたてている 呪わしき運命を宿して
遠吠えは尚も聞こえて 聞きとる者もなし
月も闇も樹々も沈黙
哀れ 狼は吠え続ける

導き手 今も間見えぬ見知らぬ人 青白い獣は
死期を予期したのか
彼の求めているものは何か
夜か 彼自身の内なるものをか

知られぬままに 彼は求める
世界の闇が深くなる時
青白い獣はただ一人 友と別れて断崖の上に立つ
彼の叫びは悲痛だ

世界は死なねばならないのだ
彼はそれを予言している
世界は死すべきものなのだ
世界は元の世界に帰らねばならないのだ
成長した世界となって

狼は尚も吠え続ける
夜のしじまの中に 彼の求めは消えてゆく
いまだ知られざる彼方へ

見知らぬ彼の内なるものが 彼をこの断崖に連れて来たのか
夜は青く冷えて 彼を待っている
死すべき運命をもつ狼よ

古人は知っていた 昔 狼がいたと
山中で人を襲い もっとも怖れられていた獣なのだと
だがその彼も今はその種族が絶え 昔物語と化さんとしている

月の夜の青き花束の中に彼は消えていったのか
遠吠えはこだまして
世界が岸壁に立ちて 幽霊の如く吠えるのか

見知らぬ者 内奥の叫びをもって
「誠」が再び 彼の許に来ることを求めて
求めなき調べが 岸壁にこだまする
月は冴えて

1967.01.21.

| 1967年 | 22:32 | TOP↑

≫ EDIT

待つことは

法がこの世に出生するのは母と法 それ自体の意志に
かかっている
助産婦はあくまで助産婦であって 助産婦が子供を産むのでも
産み出させるのでもない

芸術家が 芸術から何かを引き出すのは
芸術家にかかっていない
芸術家は 助産婦にすぎない

芸術そのものが 生まれんと意志する時
芸術家の手中に 彼の御子は生まれ給うのである
芸術作品はあくまで芸術家の手にはなるが
芸術家が 芸術の中から何かを引き出したのではあるが
引き出したというよりか 生み出てくるものを助け
引き出したにすぎないのである

世界が救われる天なる真の法が この世に降り給うのはいつか
人間の手によって それは引き出され得るものか
そうではない 
母が法を産まんと意志しない限り 
子供は母の体内に生じないだろう

法の御子が 母の体にて成長した時
母の意志をこえて 彼は世界に出てくる
だが母もその子を意志によって 自由に宿すことは出来ない

すべて法の意志にかかっている
ではいつその法が世界に生れようと 意志し給うのであるか
それは 法自らが知るのみで
創造主なる御母と むろん我々も知るよしはない
法の御子と母が産まん 産まれんと意志した時に
法の御子は宿る

作品は芸術家と芸術が意志の通じ合った時に 産み出される
芸術家は 助産婦である
創造するのでなく 創造はなされるのである
芸術そのものの中に 創造の力はあるのである

我々人間は芸術作品であり 芸術家である者は
では一体 法の御子をいかにして授かるのか
如何にすれば授かり得るのか
時期を待つより仕様がない

その前にあっては 我々は無力である
何も生むことには力がない
では……それはその生まれんことを待つより仕方がない

彼と彼女が結合し 創造が行われ出すのを
来たらんとするのを 気長く待つのだ

待つことは 彼と彼女の中に入ることである
入って待つのだ
この三者が一つとなる時 始まりは始められる

1967.01.06.

| 1967年 | 21:16 | TOP↑

| PAGE-SELECT |