FC2ブログ

1967年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1967年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宇宙は大きい

宇宙は大きい 何でも入る
善も悪も 何でも入る
人間のいう善や悪は
ちっぽけなものだ

宇宙は大きい 何でも入る
小さいものから 大きいものまで
何でも入る
すべてのものを一口に呑んで
そして 平気だ

宇宙は大きい 何でも入る
大きくなろう  
宇宙のように
善も悪もあるものか
大きくなろう 宇宙のように

1967.03.28.
スポンサーサイト



| 1967年 | 20:52 | TOP↑

≫ EDIT

すべてのもの

全てのもの
悪魔も幽界の人獣霊も 
迷える霊も災いしつつある霊たちも 
全てお前たちも 神性を内に
いや 神性そのものなんだ

お前たちも クリシュナなのだ
共に私と歌おう 神性の歌を 讃歌を
すべての中に入り込み
彼等と共に 神性の讃歌を歌う

自我意識も 識別力も
一元の調べに揺れ崩れて 喜びの涙となる
歌声は乱れて 
だがその宇宙の神秘な秘密を 状態を
尚も私は探らねばならない
その手を緩めることが出来ない

その二つの関係が歌いつつ 舞いつつ 
我れを深みに探り入らしめよ
遊戯は 二元性の喜びは続く

全てのものの神性
一つに目覚めよ 霊たち
清い流れに入る
汝の名は神性

1967.03.12.

| 1967年 | 20:10 | TOP↑

≫ EDIT

春の海

春の海 春の海 どこまで広い春の海 
春の海 どこまで広い
とび魚飛んだ かつおが飛んだ
春の海 春の海 どこまで広い

春の海 春の海 どこまで広い
私の夢を満たしてくれる春の海
心は広く 目は遠く 銀色の海 金色の海

春の海 春の海 どこまで広い
とび魚 かつおがのびのび跳ねる
羽を広げてとび魚 飛んだ
私の心も春のよう
かつおが 飛んで付いて来る
お舟は白い 気持ち良い

輪投げをしたり 泳いだり
時にはワイン 時にはジュース

お舟は白い 波はない 港に入るともっと楽しい
異国の人の様子を見るのが
町は人でいっぱい みやげ物でいっぱい
ほしいものがたくさんある

航海は楽しい 旅行は人生で一番楽しい
春の海 春の海 どこまで広い どこまで広い

1967.03.11.

| 1967年 | 11:25 | TOP↑

≫ EDIT

春の嵐は

春の嵐は トタン屋根に吹きつける
洪水に流されて 私は足許を失いそう
宇宙の中に入ってゆきつつ 科学的に分析の手を緩めない

御身 私は御身の中に入りつつ
御身を いや私は宇宙と御身の関係を観察する

一つの中に入りつつ 私は自己の状態を観察する
入るものと 入るものを見つめるものと

波に揺れて 自我は消える
私の声はもつれ 自我意識は崩れつつも
観察の手は緩めない

おお汝よ その恍惚の深みへの潜入の歓喜とリズムと 
そして観察者をも呑み込んで さらにそれを観察する

リズム
私の歌声は乱れ 歓喜の中で涙は洪水のよう
涙よ 私とお前の関係の美しさよ

私 涙君と一つになる
涙そのものの本性に入りこみ 語り合う
涙はさらに 滝のように流れ落ちる

1967.03.10.

| 1967年 | 20:51 | TOP↑

≫ EDIT

近づいて御覧

近づいて御覧 私は透明 
私は純粋 私の身体に光がさしている 
近づいて御覧 あなたは余り遠くにいるために 
私をはっきり見えないのです
近づいて御覧 私は純粋できれいです
私に近づいて御覧

清も濁もあなたの眼をさえぎっています
私はきれいに輝いています 
私に近づいて御覧 あなたの御眼から見れば 
私の光が見えないのは
余りあなたが私から遠くにいるためです 

近づいて御覧  私はあなたのように 
純粋で何のけがれもありません
透明で透き通っています
私を知って下さい どうか私を理解して下さい
私があなたの近くにいるのは その為です

だのに あなたは余りに私から遠くにいます
近づいて御覧 私はあなたの様にきれいです 
純粋です 光りに輝いています

遠くから見ないで近づいて下さい
もっとはっきり私がわかります
私はあなたの為にこうしてあるのです

1967.03.09.

| 1967年 | 20:15 | TOP↑

| PAGE-SELECT |