FC2ブログ

1967年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1967年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

客よあなたは

客よあなたは 何が欲しいのですか

あなたは何が 欲しいのですか

私がそれを してさし上げましょう

客よ 何をあなたは

欲しているのですか

あなたの してほしいことを

私にさせて下さい


私はあなたの してほしいことを

何でも心よく させて頂きましょう


言って下さい 客よ

何がほしいのか 何をして

ほしいのかを

入ってそれを 私に告げて下さい

あなたの 困っていることは

私が困っていることと 同じです

あなたよ 私にそれを

言って下さい

私はよろこんで あなたの役に

たちましょう


あなたのして欲しいことは 何ですか

私は 何でも

あなたのしてほしいことを

して差し上げましょう

あなたのして欲しいものは

何でも言って下さい

遠慮なく 何でも

言って下さい


1967.06.12.
スポンサーサイト

| 1967年 | 13:46 | TOP↑

≫ EDIT

乙女

私の中に あなたがいます

あなたは 私の中にいます

おお乙女よ あなたは私だったのです


私の中に 私がいます あなたも

います

私の中に あなたと私が

いるのです

乙女よ あなたは 

実は 私だったのです

私のねがいも あなたのねがいも

実は ここにあったのです

私とあなたは 二つでは

なかったのだと いうことを

乙女よ あなたは私の外にいますが

本当は 私自身なのです

乙女よ あなたは私だったのです


私は何と 親しくあなたを

無条件に したい讃え

あなたに 仕えることが

出来るのでしょう

私は 私自身へのささげを

乙女よ あなたにささげることが

出来ます


あなたの願いも それだったのです

私のささげを 欲していたのです

一つであるものが 二つになって

それを知るための 発見の

出会いのよろこびを

知るために

あなたは いろんな手をつかって

わたしのそばに 近づいて

来ていたのです


私の願いと あなたの願いは

一つだったのです

二つのものが一つに結ばれ

ささげ合うことの よろこびが

秘密のうちに 行われることを

私は あなたに


あなたという言葉は 忘れました

おお 私のあなたよ

乙女よ 私の内に家を

うちたてました

小舟にのって 乙女はまた

遠くへ出かけました

しかし わたしはもう悲しく

なくなりました



乙女が かならず私のところに

いや 彼女の家に 

かえってくることを 私は

知ったのです


私は又の日 乙女が彼女の

故郷 私の心の内に帰って

旅のみやげ物や 旅での話を

私にたくさん 語ってくれる日のことを

身近かに感じるからです

私は さみしくも悲しくも

なくなりました

私の家が 見るものすべての中に

あるのを見ました


すべてのものが 私に

乙女のかんばせを ただよわせて

くれます


私は私の中に 彼女らの家を

見いだしました

彼女がたとえ 大洋に小舟を

あやつって行こうとも

私は ついて行けます

彼女と共に

私は ゆくのです

彼女について

私は行くのです 大洋へ

そして そこでの旅の物語を

すべて 筆にすることが

できるでしょう

私と乙女が 大洋へ旅してゆく

たのしい

波さわぎを


1967.06.12.

| 1967年 | 12:49 | TOP↑

≫ EDIT

私の礼拝

魚よ 私はあなたを礼拝します

ミミズよ 私はあなたを礼拝します

鳥よ 私はあなたを礼拝します

草よ 私はあなあたを礼拝します

私は未完成 私は未完成


魚よ 鳥よ 草々よ

私は あなたを礼拝します

道端にはう ミミズにまで

私は 礼拝します

私は 未完成

すべてを 私は礼拝します


すべてが 私の友になりました

すべてが 私に真相をしめしてくれる

様になりました

宇宙が私のふところの中に

入りました

私の礼拝の中に


未完成なる私

私はいつまでも 未完成

いっても いっても未完成

行けば 行く程

あなたの中に

すべての中に

入ってゆきます


私にすべてを 礼拝させて

おくれ

私は あなた方の

足許にいます


1967.06.06.

| 1967年 | 19:15 | TOP↑

≫ EDIT

私は未完成

私は未完成 私は未完成

人々が私を 聖者だとよぶが

私は未完成 私は未完成

あなた達と同じように

私はまだまだ未完成です

人々は 私を聖なる人と

拝むけれど


私はいつまでも いつまでも

未完成

私をまつる部屋の壁は

未完成でおいておくれ

それが私の象徴なのだ

私はまだまだ 初歩の段階だ

私はまだまだ 未完成です

あなた達と 同じように


人々は私を 聖なる人と礼拝するが

私はこうして まだまだ未完成

もっともっと 勉強と努力と

修身をつづけてゆこう


私の部屋を未完成にして

おいておくれ

それが私の 象徴なのだ


歩は 一歩もゆるめない

私は あなた達への奉仕者

いつまでも

もし 私を拝むのなら

もし 私に灯をともして礼拝

するのなら

私の顔を ともしびに照らして

よく見ておくれ

この 未完成の顔を

もし 私を賛美するのなら

この未完成に 歌っておくれ

もし灯を てらして拝むなら

私のこの未完成の この顔を見て

拝んでおくれ


私はいつまでも つねにあなた達の

足許にありたい

あなた方の足許を 私はつねに

礼拝しています

私は 私はあなた方と共に

いつまでも 未完成です

私はいつまでも いつまでも

未完成で 奉仕者です

私を奉仕者にさせて下さい

あなた方の

      「私」とは ラーマクリシュナ


1967.06.06.

| 1967年 | 15:53 | TOP↑

| PAGE-SELECT |