1968年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1968年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宗教よ消えよ

さあ 消えよ 消えよ  

宗教が 消えよ 

すべての 母胎なる

宗教よ 消えよ 

汝こそ 母胎


消えよ  消えよ 

宗教よ 消えよ 

汝は すべてに

生気を与え

すべてを 立たしめた時

汝は 消えるのだ

宗教 宗教はすべての母胎

母胎なるが故に

すべての確立の中に

汝は 消えるのだ 

おお よろこばしきかな 宗教


汝の消える時こそ 私は待つ

宗教がまだ この世にある間

宗教は 本当のものを

世におくっていないのだ


宗教は 我が体を

すべてに 与えて

すべての中に 生きるのだ

そして 汝は

宗教は 消えるのだ

汝 宗教


宗教よ 消えよ 

宗教よ 消えよ

すべての中に すべてを

生かして

すべてを確立させて


実がなると 花は散って

落ちる如く あるいはまた

母は 子供を生み育てつつ

おとろえてゆく如く

それらの中に 生きて

立つのだ


宗教の 消える日を

私は 心まちに待つ

その時 世界は

確立される時なのだ

いわえ 宗教

本当の宗教が来る時


1968.06.20.
スポンサーサイト

| 1968年 | 09:05 | TOP↑

| PAGE-SELECT |