1968年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1968年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金持はかわいそう

金持は バカだ

金持は かわいそう

金で幸せは 買われないものを


金持は みじめだ

金持は かわいそう

金のおかげで 人情を

とられた


金持はつまらぬ かわいそう

金なんか いるものか

たくさんの金は

金はいるだけあれば

充分なんだ


金持はあわれ 金持は困っている

心が次第に 死んでゆく

金のために 心を失ってゆく


心は金で 買えないもの

貧乏もつらいが

金持もつらい

金をみんなに 分けてやれ


舟にたくさん物は つめない

だが金持は 舟さえ

大きくすれば

いくらでも つめると思っている


だが 人間一人の体は

舟ではない

これ以上に 大きくなる

わけにはいかない


大きくすれば

高血圧で 倒れてしまう

人間の体は 舟ではない


1968.07.17.
スポンサーサイト

| 1968年 | 19:55 | TOP↑

≫ EDIT

不完全のよろこび

我れを滅ぼせる者なし

我れを滅ぼしてみよ

我れを絶対に滅ぼせないぞ

我れ「不完全」なる者を

どうして ほろぼすことが

出来るのか


神よ 悪魔よ 汝

我れを滅ぼしうるや

滅ぼしうるなら 滅ぼしてみよ

この不完全なるものを

不完全を汝等 

滅ぼしうるや

おお 悪魔ども


完全をよそおう者

人間をたぶらかす者

雷よなれ 雷を我が上に

落ちるなら 落ちるよ

落ちて 我れを殺してみよ

この反逆児を

この不完全なる我れを

どうして 殺し得るや


雷の頭上に ひかる夜

祈りの時に 人類よ

よろこべ 汝たちは

不完全なのだ


不完全こそ 真に

偉大なのだ

不完全なればこそ

この世に存在しうるのだ

不完全でないもの

この世に 存在しうるや


1968.07.07.

| 1968年 | 20:27 | TOP↑

| PAGE-SELECT |