FC2ブログ

1971年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1972年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヴェーダラニヤン森林大学

サッチャグラハ 真理を把握する人間社会の形成
農業生産を中心として自然と人間と動物が
一つになってゆく生活
健全なる労働の中から生きる喜びを得る生活

学びかつ遊び 働く ヴェーダラニヤン森林大学
一つの村が この森林大学になればいい
みんなで生産する社会 新しい町の建設だ
それらは名づけて森林大学 町でもどこでも森林だ
学ぶこと 生きること 遊ぶこと 生産すること
それが真理にかなっておればヴェーダの森だ 森林大学だ

自己の欲を捨てて みんなでみんなの為に働き
みんなで遊び みんなで踊る
歌は 音楽は 寺院の中でこだまする

僧侶は清く 正しくそこでは生きている
自然 人間 生活 労働 勉強 動物が
みんな一つに連なって 個人と全体が一つになっている社会
これがヴェーダラニヤン森林大学だ

朝に 太陽の光を仰ぎ夕べに 星々の輝きをながめ
詩をつくり瞑想し 火を焚いて歌い或いは踊る そんな世界が
ヴェーダラニヤン森林大学
素朴で簡素で明るい
――マハトマ・ガンジーの生活が眼にうつる

1972.01.03.
スポンサーサイト

| 1972年 | 10:06 | TOP↑

| PAGE-SELECT |