FC2ブログ

1973年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1973年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

前むきと後ろむき

娘が発って その後片付けをしていた
小さい小物入れのカバンの中を 書きさしのノート
香港の友達から来た手紙 古切手の集まった小袋
その他がある

くずは屑かごに入れ 本棚に収めるべき物はよけた
フランス語 ドイツ語 英語の本
あれもこれも 勉強しようと思って買ったものだろう
何でもこまめにしたい気の散る 気の多い娘だった
どれもこれも 中途半端でほっておく娘だった

かわいい手紙の便箋が出て来た
男みたいな娘だったが 線のほそい子であった
一つの事をしだしたら いつまでもやっている子だった
かわいい娘らしい便箋を持っていて 
花入り模様のその便箋で
香港のリンダちゃんに返事を書いていたのだろう

かわいい小娘のいたいけない娘心が 
私の胸に触れて来た

嫁にやった後の親のように 
娘の残して発ったその後の小物整理をしながら
放すのではなかったという親心のような 
人生のわびとさびと哀れさがしみてきた

私はいつも前向きであまり居すぎた
かわいい心の故郷 子供心に 青年の心に
少女のかわいい心にもっと眼をむけて
人間を思い 人間にとどまるべきだった

小さい事 後ろむきではなくとも 
小さくとも前向きで 忘れて進みつつあるその忘れ
なおざりにしているものを 今 はっと気付いた

芭蕉のさびのようなものが
いや何といっていいかわからないが
娘を外に出した者のさみしさが 今頃わいてくるのだった

人は少年時代に 少女時代に
とどまるべきだった……という事を
人生は忙しいばかりが 人生ではない
かばい合いながらゆくことが人生だ
前にゆくことばかりでなしに

1973.02.14.
スポンサーサイト



| 1973年 | 12:33 | TOP↑

≫ EDIT

泣きの主よ

おお 泣きの主よ
私は泣けます あなたの泣きの中で
泣きの主のる壺の中で 私は泣きにひたります

泣きの主の甘い蜜の壺が 
破れて流れてゆきます
甘い蜜が徐々にトロトロに 
泣きの蜜壺から流れてゆきます

泣きの主 
おお甘い蜜の壺が壊れる
私はあなたの中で 壊れ流れてゆきます

泣きの主よ 
泣きの主の甘い蜜の壺の中で
私はこわれ 流されてゆきます
おお 泣きの主 私は――

この宇宙は 大きな泣きの壺のようなものです
泣きの大きな壺の中に そのただ中に私は坐っています
大きな蜜の壺です

蜜は人々を喜ばすでしょう
それより他に蜜には仕事がないのです
まっただ中に坐っている私
泣きのる壺の中に泣いています

1973.02.04.

| 1973年 | 20:29 | TOP↑

| PAGE-SELECT |