FC2ブログ

1973年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1973年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

リグ・ヴェーダ讃歌 太陽のうた

おお 太陽はのぼった
おお 太陽はのぼった
一切の上に
私の眼を開かせてくれるのは太陽です
神々も 人々も 鳥 獣に至るまで
一切のものが動き始め 燃え始めるのは
この太陽によってです

おお 太陽よ おお 太陽よ
汝は 七頭の金色の馬によって曳かれたり
汝が光線は馬となりて 太陽の車を曳く
太陽は動くなり 娘なる七頭の馬によって

おお一切よ おお あなた達よ
あなた達は 私ではないか
あなたは 私です
私はあなたを拝まざるを得ない
汝は我が娘
車はあなたによりて動くものを

燃え盛る私は あなたによって燃えるなり
捨てるもの 捨てねばならぬもの
「ない」もの 我れが 
更に「ない」ものとなって
燃えるのはあなたによってです

あなたを私は 拝まざるを得ないのだ
私にあなたを あなた達を
拝まさせて下さい

おお 我が光線なる
汝 娘たちよ
私は あなただ
あなたは 私だ
私はあなたの中においてのみ 燃えるのだ
この車は動き出すのだ

おお太陽は 輝く
太陽は繋げる栗毛の七頭の馬によって
繋がれて動く 天空を
一切のものが 見らるるために

星宿は盗賊の如く 夜陰から遠ざかり
太陽に座をゆずる
おお 太陽はのぼる

人々の病は幻の如く
一切の間から消え去る
病は全て
空飛ぶオウムに わたすのだ
黄疸も 胃潰瘍も 全て
空飛ぶオウムに
渡してしまえ

1973.06.03.
スポンサーサイト

| 1973年 | 10:44 | TOP↑

| PAGE-SELECT |