FC2ブログ

1973年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1973年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ドルガ女神来日 十月二日

神は 来たり

インドの神が


ドルガという

偉大なる神が

日本にはじめて

来たり


大いなるたまもの

をもって

日本に来たり


そのお陰で 私は

やっと ヴェーダーンタ

を知ることが

出来た


神への帰依が

偉大なるたまもの

となって

私にかえされて来た


日本にはじめて来た

インドの女神から

私に


―永い間かけて研究と 

信仰をつづけて来た

この者に

ピリオッドを うたせたもうた者

ドルガよ


ドルガの女神よ

汝は偉大な

知恵の破壊者か


そして

汝は創造の偉大な

る騎手か


槍持て われを栄光

の血まつりに

上げたもうた


おお 帰依者は

おお 帰依者は

汝の前で

よみがえりたり


創造 創造と

時間 時間と

質量の関係


脳細胞と 意識と 知識 

知識と 質と 量との関係

時間がもつ秘密

人間と若返り


おお 面白き事が

おきて来た


破壊 創造

質と量

何と人生はすばら

しいのだろうか


来た

来るべきものが

来た

ドルガ女神が

日本に来る事によって


彼女を日本は迎えた

のである

一九七三年 十月二日に


人々よ これを迎えよ

ドルガの祭りを

盛大におこなえ


汝はかならず

よみがえろう


1973.10.31.
スポンサーサイト

| 1973年 | 13:22 | TOP↑

≫ EDIT

破壊と創造の同時存在

この世のものはすべてマーヤである

幻である

すべて「有」であるものは

移りかわり

一定なるものはない


うごき移り変わるもので

あるが故に そこには

真なる実在はない


しかし 「有」は

移るものであると同時に

うつらないものを持っている

移るものは

移らないものを 意味している

すなわち 移るものが有ると

いう事は

移らないものが同時存在している

という事である


ではその同時存在している

移らないものは

どうして知りうるかである


それは存在しているもの一切を

マーヤとみとめたところから

それはかいま見られて

くるのである


マーヤの中から実在を

ぬき取ろうと するのでなく

マーヤをマーヤとみとめ

一切を 幻とあつかえた時

その門は ひらける


例えば コップはコップであり

物質であって

この物質の中に 神が 実在が

あるとさがすのでなく

コップは神ではなく

コップである

物質以外の何ものでもないと

認める


その時 自己が消される

消えた中から

実在があらわれてくる

創造はそこからなされる


自己が破壊された時

はじめて 創造がなされて

くるように

非真実な世界を

非真実な世界とみとめた時

そこから 真実な世界が

見えてくるのである


世界が否定された時 自己も

否定されて 肯定が来るように

同時存在する世界が

そこにあるのだ


1973.10.30.

| 1973年 | 14:18 | TOP↑

≫ EDIT

否定の肯定

自己の内なる善性 悪性をも

すべて うちくだいて下さい


世のすべては 幻であり

真実なものはない

幻であるが故に

非真実なるが故に

否定がおき

否定の上に肯定がおきる

すべてをみとめる肯定がおきる


自己が消えた時

すべてを肯定する力が

おきてくる


神話が神話となるのは

この時である

すべてが消えた時である


善も悪と同じ存在である

これらはすべて 消されねば

ならない


1973.10.12.

| 1973年 | 11:07 | TOP↑

≫ EDIT

おお 戦争

おお 戦争

よろしい やりなさい

おお どろぼう

よろしい やりなさい

そのどろぼうを 追っかける人

よろしい 追っかけなさい


何でもやりなさい

すべて それでいいのだ

善悪 そんなものは

この世には ないのだ


この世に は何をせねばならぬ

というような

一つの正しい方向というものは

ないのだ

すべては それでよい


泣く人 笑う人

それで よろしい

この世には何も これでなければ

ならぬという真実な方向は

ないのだ


この世は マーヤなんだ

ここには真実はないのだ

あの人がある様だが

あの人もなく

私もあるが これもないのだ

即ちマーヤ なんだ

すべて幻の遊戯をしているのだ


やりなさい

停まるも 行くもよし

やりなさい

やりなさい 戦争もやりなさい

人間には こんな事をするしか

他に 能がないのだ


1973.10.07.

| 1973年 | 10:52 | TOP↑

≫ EDIT

おおマア!

おお マア― わかりました

自己があって 母神があって

自己が その母神の前で

降伏をする

一切をやっつけてもらう

………と思っていましたが

泣いたお蔭でわかりました


神があるのでもなく

母神があるのでもなく

自己があるのでもない


その消えた自己も 神も母神も

消えてない その中から

あらわれてくるのである

いわゆる神話の実現だ


神話的すべてがここに

あるのだ 神も母神も人間も

あるのだ 神も母神も人間も

ここにあった

おおマア― おおマア―

1973.10.05

| 1973年 | 14:44 | TOP↑

≫ EDIT

ドルガプジャ讃歌

政治は政治家にまかしておけ

教育は教育家にまかせておけ

政治がゆきづまった時

反省がせまられ

政治家そのものが

政治をかえていくだろう


教育もそうだ

教育家が頭をうった時

反省して方向をかえるだろう

それまで放っておけ

決して 世界を救おうと思うな

歴史をかえようと思うな


歴史や世界は一人や団体の力で

かえうるものではない

たとえ かえ得ても

それは修正したにすぎない

世界は放っておけ

救おうと思うな

世界は世界自らが

政治家自らが

民衆自らが 頭をうって

あとがえりしてくる


それまで

その時でないと 本当のものに

ならない

失敗するまで まて

失敗した時

「我が許」に来るだろう


「我」が許で降伏せよ

お前たちの仕事は

「我」が許で降伏する事以外には

ないのだ

「我」が許に力を得にこい


汝等が内なる パワーの

まちがいを

まちがった力――悪の力を

やっつける“力”を求めに来い

その時 汝等は「我」に滅ぼされん

解脱はこの時ぞ来る


来たれ 「我」が許に

「我」は汝を殺す者なり

汝よ 我に殺されよ


勝利はその時にのみ来る

汝の勝利が


人も世界も 放っておけ

汝の仕事は ただ我が“力”を

得る事のみ

勝利の力だ

自己の殺す力だ


おお偉大者 ドルガ女神よ

我を殺したまえ

我がパワーを 殺したまえ

おお ドルガ おお ドルガ

ジャイ ジャイ ドルガ

ジャイ ドルガ


1973.10.02.

| 1973年 | 10:39 | TOP↑

| PAGE-SELECT |