1974年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1974年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

インド国民平和部隊

国民のエネルギーを結集しよう

インド国民よ 立ち上れ

人的エネルギーの結集だ

インド国民よ 立ち上れ


世界に冠たるインド国民よ

汝たちの力をすべて結集しよう

多くの人口と 大きい国土

無尽蔵の資源をもつ国 インド

インド国民よ立ち上れ


我等は世界の中心となろう

強く 正しく 清潔で

正確で

やさしく 平和を強く

愛する国民だ


インド国民よ 一つになって

立ち上れ

人類の範たる国民

インド全国民よ 立ち上れ

すぐれた歴史

古い文化を保持する国民

世界の為に 立ち上れ

人類の為に 立ち上れ

強く 正しく 平和を強く

愛する国民だ


一人の為に 全体が

全体の為に 一人が

平和とよろこびと 発展の為に

立ち上れ

人類の為に 立ち上れ

物質文明と精神文明を 共に

うけ入れて立つ

おおしく ふるい立つ国民


人類みんな 兄弟の結ばれをもって

一人の為に 立ち上ろう

全体の為に立ち上ろう

悪に眼をつむらず

正しきに眼をつむらず

ほめるべきものはほめ

罰すべきものは 罰して

明らかな世界をつくろう

インド国民よ

世界の中心となろう!

(インド アジメールにて)

1974.04.20.
スポンサーサイト

| 1974年 | 10:22 | TOP↑

≫ EDIT

世界をよごすな

何か あなたの為に 

させて下さい

鳥よ おお 鳥よ

太陽 七つの光輝もて

天かける 大いなる鳥よ

病よ あなたの為に

何か させて下さい

光の中に入りたければ

あなたを 光にしてあげよう


なやめる人々

病める人々

雨 水 嵐

あなたの為に

何かさせて下さい


政治悪で 苦しめられている人々

経済難で 苦しんでいる人々

何か あなたの為に

させて下さい


人は 人々の為に

人々は 国家の為に

国家は 世界の為に

動かねばならない


無になって 人類の為に

動こう

人類の為に 国家をよくしよう

人類の為の 国家にしよう

人類の為に 世界にのり出そう


無になって 人類の為に

動こう

人類全体が無になって

動こう


一人の為に 全体が

全体の為に 一人が

無になって 動こう

これこそ人類の最高の

目的である

自分の為にのみ 動くのでなしに

木々の為に

空気の為に

人々の為に

国家の為に

人類の為に

時間の為に

空間の為に

光となって 散ってゆこう

         (インドのハリドワにて)


1974.04.18.

| 1974年 | 10:16 | TOP↑

≫ EDIT

クンバメラ 真実なる響

考えが新たにわいてきた

内なる声が「時間を引け」

ときこえてきた

インドがもう一つ はっきり

わかってきた

フリフリのヨギの群集がいる

それでもインドは平気だ

モダンな者はすぐそこで

何とか考える

よいとか 悪いとか

彼等は時間を超えているのだ


おお私も踊り狂いたく

なってきた

時間をこえると そうなれる

時間を引けば踊らざるを

得ないものが わかってくる


泣いて 涙にみちて

踊り 狂いたい


十四日の夜中だのに

クンバメラの熱はきえない

方々から巡査の整理する

笛の音や

群集の讃歌のうずが

やまない


インドは すばらしい

政治がわるくて

米が高くて

困ってはいるが

すべての人々が 踊っているし

踊る事の出来る人々である


おおインディア!

歌の高い声は、マイクを通じて

一群の遠くで歌っている

それは

あのアジメールの村人の

うたう歌である

私はその歌声にひかれて

テントを出る

キャンプ場の裏門は

おそらく閉まっている

表門をのりこえてでも

行こうとしたら

棒をもった警視の者と

ばったりあった


尋問された私は


逃げかくれてテントに

もぐり込んだが

あのアジメールの村人の

讃歌の強烈なこと!

ああ 素朴なアジメールの村人たちよ

女は顔を布でおおって

人に見せない

下ずみにされながらも

彼らの心には平和がある

モダンではなく

地に足をつけて歩き

生きている人々だ

牛フンを頭にのせて

町に売れにゆく人々だ

クジャクが彼等のそばで

安心して歩いている

そんな平和な人々の

心からわく

神への讃歌だ


知的に組み合わされた

神への讃歌でも何でもない

ただ 素朴なもとのもの

はじまりが はじまる

よろこびの歌だ

シャクティ そのものなのだ


おお 私は 彼等の中に

とけこみたい

彼等の歌声をしたって

ついてゆきたい

たとえ それが何処であろうと

どこまでゆこうと

低い階級のみじめにみえる

姿の中であったとしても

私はついてゆきたい

インドはここに生きているのだ

低い階級の人々の中に

ガンジーはそこに

神を見たのだろう!

(インドのハリドワの十二年に一度行われる神への大祭に参加して)


1974.04.15.

| 1974年 | 11:22 | TOP↑

≫ EDIT

無を知った秘訣

無を知った秘訣は

無は幻であるということを

知ってからである


むろん悪も幻である

善は最高知を得る為の

足がかりになると

思っていたことが

まちがっていた


その善 そのものを

幻とわかった時

すべてが 幻として消えうせる

そして 無がくる

善をつんで 悪をほろぼす

のでなっく

無を知って悪をほろぼす

のである


性は無を知ることによって

のりこえられる

ただ一つの道

無を知ることだけである

善によっても それには

達しない


しかし ただ創造主である

マハマーヤのゆるしを

得なければ

そのマハマーヤをのりこえる

無を

知ることは出来ない


マハマーヤの信仰が

大切である

       (インドのハリドワにて  クンバメラの時)

1974.04.12.

| 1974年 | 13:06 | TOP↑

≫ EDIT

インド国民よ 立ち上がれ

歌え 歌え

インドの歌を

歌え 歌え

インドの歌を

神をたたえ 

インドをたたえる 歌を

歌わぬ 者は

国を ほろぼす


国を 国民を

立ち上がらせよ

インド

世界にかんたる

このインドを

歌え 若者よ 老人よ

すべての者が


はれよ

ビナーの弦を

ビナーの弦は

はらねばならぬ

よき音は

クリシュナの音

はらねばならぬ

ゆるんでいては

音は出ない

クリシュナの音が


インド国民よ

ビナーの弦の如く

よき音色を

もう一度 出そう


心をはりつめて

すべてがそろって

インド国民よ

立ち上がれ


世界の中心となろう

自分の身の回りの事を

すべて 正確にやりながら

力 正確 自信 清潔

整頓 忠実 迅速

親切

この八つをもって世界に

世界の人々を立ち上らせよ

神秘なる力

女神のあのシャクティを

身につけて

インド国民よ

すべてが立ち上れ


1974.04.10.

| 1974年 | 17:30 | TOP↑

≫ EDIT

日本国民は心を愛する

日本国民は 心を愛する

花の心 水の心

風の心 山の心

空気の心


日本国民は 心を愛する

仏の心 無言の心

静寂の心

日本国民は心を愛する

ふるい一つの石の中にも 心を

心を 彼等はみつけるのである


一つの線の中に

一つの色の中に

一つの光線の中に

彼等は心をみつけるのである


心こそ 神である

心こそ 真理である

無にして有

有にして無なる

宇宙の大真理をそこに

見るのである


発展 調和 秩序

忠実 正確 そして自由なる

国民である

美を強く愛する国民である


1974.04.10.

| 1974年 | 08:39 | TOP↑

| PAGE-SELECT |