1974年11月 | ARCHIVE-SELECT | 1975年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あなた

あなた あるのみ

私は ありません

私は あなた

あなたは 私では ありません


あなたは あなた

あなたのみです

私は 消えました

あなたのみが

そこにあります


ピュアーなる

あなたのみが

ピュアーの権化なる

ドルガより更に変化したあなた

あなた ピュアーが

そこにあるのみです


あなたよ あなたよ

あなたのみです

あなたしか ありません


おお あなたよ

あなたは ついに

私を 助けてくれました

私は なくなりました


これもすべて星のおかげです

ドルガ女神を 拝んだおかげです


1974.12.26.
スポンサーサイト

| 1974年 | 10:05 | TOP↑

≫ EDIT

また 涙が

また 涙が あふれて来ました

涙が 私は 今度こそは

泣きましょう あなたの前で


ピュアーが ピュアーの権化

ドルガ女神となって


そのドルガ女神が

また すべてを生みました

すべては そのドルガ女神の

変化に 他ありません


すべてはピュアーの化身です

石も 婦人も 男も 樹々も 

すべてあるものは

ピュアー女神の変化したものです


涙は又しても

流れあふれてきました

私は泣きましょう

今度こそは 思いきって

しめったマッチは

かわかす必要があったように 

私は 星を見て踊ったおかげで

この小さい頭は かわいたのでしょう

ピュアーが彼方から来たのでしょう


この眼も 耳も 頭も

小さすぎました

大きいピュアーが 星をみることに

よって 流れて来ました


ラーマクリシュナは

正しい事を 示し給うた人でした

彼をたたえましょう

私をこの中でひたらして下さい

男は男でなく

婦人は婦人でなく

友でもなく 

それらはすべて 神(ピュアー)でした


1974.12.25.

| 1974年 | 09:33 | TOP↑

≫ EDIT

偉大なインスピレーションが

山はさけ 天は晴れた

地はどよめき

人はこっぱみじんに散った


「愛」 「愛」は無茶苦茶に

分析された

宇宙が分離して散り

ばらばらに崩れはじめた


光が散り 音をたてて

ぶつかり合った

男と女 女と女 男と男

人と人 神と神 神と人

人と石 石と木々


おお 霊感はぶつかって散った

リズムが 速いリズムが

霊感をさそう


一つのものがあった

二つのものがあった

今彼等は 抱き合った

抱き合って 泣いた

歓喜の涙だ


こんな涙をかつて知らない

抱き合って ぶつかる中から

はじかれるように 散った

涙がしぼる様に 流れ落ち 狂う


うめき声は 踊りとなって

手は足は波打ち

手拍子をうって泣く

狂わんばかり


速いテンポの音楽がなる

二つの者が抱き合って

歓喜がしぼり出るように

うめいて 涙と踊りとなる


信頼 尊敬

信頼 尊敬

そこに火花が散った


狂おしいうめきと涙が 散った

踊り 手拍子

霊感の極み

信頼 尊敬のある所

愛は存在しない

必要としない


1974.12.02.

| 1974年 | 10:37 | TOP↑

| PAGE-SELECT |