FC2ブログ

1975年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1975年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

兄弟たちよ 早くこい

集まってこい 
集まってこい
我々の中で一緒になって 踊れ 歌え
憩いをとれ!

憩いを忘れた人間は
遂に疲れ果てる
我々と一緒に
歌って 踊って 憩いをとろう
食物を作って
ゆうゆうと生きてゆくのだ
我々の社会には 金はない
金のいらない社会だ
金のいらない社会をつくるのだ

あまり バタバタしない社会を創るのだ
その「憩い」の中から 
人は半透明の光に輝く
人間となってくる

人は今
生きんとする恐怖の中で
頭と 肉体と 社会機構が
混乱状態に深く落ち込み
疲れ果てている

我々の中では 全てが解放される
生きる恐怖から
或いは 社会機構の恐怖から
救われる

どんよりにごった肉体人間から
半透明のまともな 人間に帰ろう
今の社会と人間は
間違った騒々しい中で
無茶苦茶にされている

いわゆる「憩い」のない人間たちだ
歌と 踊りと 憩いと 自分自らを
忘れ切った人たちだ

それらの人たちよ ここに来て
しばしの「憩い」をとれ
そして又 社会の中で
生き生きと働け
ゆっくりと 生き生きと 
歌と 踊りに満ちた
生活をし通すのだ

みんな 手をとって踊ろう
みんな兄弟なのだ
月も 太陽も 
星も 夜も 人間も
「憩い」の中から
それらを 感得されよう

1975.02.25.
スポンサーサイト

| 1975年 | 11:46 | TOP↑

≫ EDIT

大声で歌い 踊れ

ハリボーを歌え 大声で 歌え
歌いまくれ 大声で
ピュアーな大声 神の声だ
その大声の歌を歌って 何もかもを吹き飛ばせ
大声の歌の中に巻き込まれよ

この肉体も 知識も 知恵も全て放ってしまえ
宇宙も 何もかも放ってしまえ
放って ピュアーの大声の歌の中で 踊れ
踊り 狂え 何もかも放ってしまえ
死すら怖れるな

善も 悪も放ってしまえ
歌え 大声で 歌え ピュアーな歌
ハリボーを歌え その中で自己を解体せよ

他人の事を 何も考えるな
大声で歌い 大声で踊れ
あまり多く働くな
歌ってさえおればよい
宇宙は大きいし ピュアーはもっと大きい

皆 手をとれ
大声の歌の中で 全てを消せ
いこいをとれ いこいだ 
手をとって歌え

1975.02.24.

| 1975年 | 10:48 | TOP↑

≫ EDIT

自己を分解して踊りまくれ

舞え 踊れ 歌え

皆で 皆で

肉体のもつ 恐怖心も

意識のもつ 恐怖心も

すべて 出て来て

踊るのだ 舞うのだ


ピュアーの中で 

高く 手を上げて

踊りまわれ

すべて 皆が

ピュアーで 踊れ


みんな みんな 踊る

ピュアーの中で

肉体意識も 知的意識も

うちくだいて 恍惚として

踊る


ピュアーの中で

踊れ 踊れ

歌い 踊るのだ

知識人間も 肉体人間も 

家人間も 宇宙人間も


すべて分解させてしまえ

お前たちも帰る所は

そこしかないのだ


さあ 大声で 歌え

ピュアーの歌を

踊り狂うまで

踊れ 歌え

ピュアーの中で


1975.02.24.

| 1975年 | 00:33 | TOP↑

≫ EDIT

涙が奥の方から

涙が溢れて来る

感情もなく 

何も 恍惚的な味も

感じないのに

涙が奥の方から

溢れて来る


感覚 感情で味わうことの 

出来ない奥の方


意識を越えた世界で 触れ

合一しているピュアーなるものが

あるのかも知れない

マインドを分解し始めたら

1975.02.23.

| 1975年 | 12:49 | TOP↑

≫ EDIT

家人間

人間は 家人間になっており

肉体人間になっており

マインド人間になっている


それから ピュアー人間へと

帰らねばならない

二元から一元に

1975.02.23.

| 1975年 | 10:56 | TOP↑

≫ EDIT

消える

今朝は 肉体を分解してしまって
お祈りをしていると
上げた手が見えなくなり
感じなくなって
透明になってしまった

そのうちに 肉体全体が
消えてしまった
ここでは少しも恍惚はない
恍惚を味わう肉体感覚が
ないのである

まるですべてが
ピュアーにかえった様だ
むろん肉体を支えておこうとする
肉体の保存 
死そのものを怖れるもの
即ち 知 理性といった
意識での支えはない

その意識のない者には
肉体が消える
即ち形が消える

1975.02.20.

| 1975年 | 10:48 | TOP↑

≫ EDIT

この肉を

この肉を この肉をお取り下さい この肉を
この肉を この肉を
あなた あなたの許にお取り下さい

心は取れても 心があなたの許にいっても この肉が残ります
残った肉がこの地上に 私をややしばりつけ
引っぱる重りとなっている様です

この肉があなたのもとに行きます
肉があなたのもとに カムバックしてもだえ狂う時
いや もだえではありません
あなたの許にゆける時
情感に狂い 乱れそうになります
この肉まで あなたの許に溶けてしまう時 
私はなくなってしまうのを 感じます

心霊よりもむつかしかったのは 肉のカムバックでした
肉がカムバックしてあなたの許に届く時 狂いがやって来ます
何もかも その一時忘れてしまいます
即ち自己の破壊  破滅がやってくるのでしょう
その時 物質宇宙も無縁のものとなります

おお あなたよ この私の肉を あなたの許にお取り下さい
いってもいいですか
私に狂いが始まる事でしょう
おお あなたよ 私はいい気持ちです

1975.02.19.

| 1975年 | 10:47 | TOP↑

≫ EDIT

問うことは

リグ・ヴェーダ以降の人間は
徐々に宇宙を問い 人間を問い始めた
それは 宇宙と遊んだ舞台を
失ったからである

宇宙と遊ぶ事をなくした人間は
宇宙を問い 人間を問い始めるのである

リグ・ヴェーダ時代や
それ以前の人々は
宇宙を問う必要がなかったのである

現代人は このあやまちから
抜け出して 元の 
宇宙を舞台として遊んだ
宇宙と共に神話の中でいた
その舞台を もう一度 
つくり直さなければ
ならないのである

1975.02.01.

| 1975年 | 15:55 | TOP↑

| PAGE-SELECT |