FC2ブログ

1975年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1976年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

怪物ヴェーダーンタ

ヴェーダーンタは今日までの様々な宗教思想を
切り抜け 切り抜け いいものを見つけた
しかし それまでにあったガラクタな思想が
……愛が最高のものだ 信が最高のものだ
などと それさえあれば人は救われるのだとかいう
それらの宗教思想が 足をひっぱる

聖仙たちは せっかくそれらを切り抜けて
ヴェーダーンタ神秘思想にまで到達したのに
一般人 俗人たち 或いは聖者や賢者たちが
すぐガラクタを 愛の宗教を良いものだとして 
それに重点をおいて説いてしまう

賢者でもだめだ 聖者でもだめだ
聖仙でなければ

聖者も賢者もやはり
愛を説いてしまって 
ヴェーダーンタの「本当」のものを 
それらガラクタの中にわからなくしてしまう

聖仙は 聖者や賢者とはちがうのだ
聖仙になれ 聖仙の言う事を聞け
ヴェーダーンタは彼等によって
その光を 輝きをくらまされてはならない

しかしいくら くらまされかけても
ヴェーダーンタはくらまされず又 ぽっかり現われる
それ自身の力によって 彼は聖仙を生みなす

ネス湖に現われた怪物の如く
前世紀のものが今世紀に又現われて 人々を驚かす

人々はその間に立って迷うけれど
前世紀のものの出現をもはや
疑うことが出来ない

ピュアーはそれよりもはるかに以前の怪物である
その怪物を ヴェーダーンタは掘り出したのである

しかし 聖者 賢者 或いは一般人が誤った事をして
又愛の宗教でそれらを見えないようにしてしまった

しかし又 ここにそれは 
それ等の圧迫にもかかわらず 
ニョッキリ 頭をもたげたのである

ナーラーヤンという怪物によって ピュアーは又 
ニョッキリ姿をこの世に現わしたのである

面白い 面白い
怪物の出現によって 人々は逃げ場を失うであろう

人々は愛の経典を持って逃げまどうであろう
私は怪物ヴェーダーンタという
怪物だ!

1976.01.19.
スポンサーサイト

| 1976年 | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

愛に迷うな

この地球でいると 愛や スイートや やさしさや 信頼や 
尊敬や その他美しい人間関係が必要とされる
それらのものが人間を平和に
最上のものにするものと思ってしまう

しかし それは地球の内にいて考える事である
地球の内にいると 宇宙の内にいると
それしか 考えようがないのである

その中で考えると 他の考えが少しもわかず
それらの情感を最上のものとして 人間が選び出すのである

しかしそれらから人は 喜びを得る事は出来ない
それは 一時の喜びである
愛から憎しみがわき 尊敬から不尊がおき 
信から不信がおきる
つきる事のない繰り返しがおきるのである

それを知りながらも それさえあれば「おさまる」と
思ってしまうのである
しかしその結果 それと反対の結果がやって来る
人はいつも裏切られてしまうのである
自分に失敗した事に そして幾度かそれを繰り返し経験する
……悩み さらにそれらを強めれば 助かると思い
又愛を 広い愛を考える
しかしそこからは又 とめどもない繰り返しが来るだけである
それはこの地球上にいて とやかく考えるからである
そこからは 愛 尊敬 信 美しい情感の数々が
その候補にあげられる
……そしてそれ以上のものが見つからない

地球から離れよ 世界は地球だけではないのだ
この宇宙だけではないのだ
我等の知る経典以外に経典のある事を知れ
この世の経典は愛に満ちている
信と尊敬に満ちている
それらはすべてトランプのようなものだ
それらを持てばゲームをしたくなる 
果てしなく続くゲームを 損 得 恨み 憎しみ 喜び 嘆き
ダイヤは微笑み スペードは苦い顔をする
愛の経典は 人々をめくらにする

この地球から この宇宙から離れよ
宇宙が生れる以前に帰れ
ピュアーの一点 ブラフマンの一点に帰れ

汝は 剣を持つ者として現れる
迷える者をして 迷いを醒まさせる為に
足場を変えさせよ 足場を変えない以上
愛の経典に 信仰宗教にとりことなってしまうのだ

人類に栄光あれ 人類に栄光あれ 人類に
偉大な栄光が来る事を心から祈る
私のこの言う事に耳を傾けよ
そうでなければ 汝等は永久に救われないだろう
私の声に耳を傾けよ!

1976.01.19.

| 1976年 | 11:10 | TOP↑

≫ EDIT

剣をとれ

剣をとれ 剣をとれ
刃となれ 雷となれ
そこで それとなれ
一切を切り捨てる汝は刃となれ

汝は有を焼き焦がす落雷である
龍が雲間に現われた如く 汝は汝となれ
汝は祖先のいる所に帰れ

ピュアーの世界 消える世界にあって
有のすべてを持つ者を切り捨てさせよ

汝の名はピュアー 消える者なり
汝は切る者 消えさせる者なり

言語 美 美人 美的情感
知的美感 思考
すべて宇宙にあるものを 人間から切り放つ者なり
名声 金 女 物 宇宙 神
それに迷う人を

それらから引き離し
ピュアーな世界に 消える世界にぶち込め

汝の名は刃 剣なり
ピュアーの剣なり 切れ!!

1976.01.17.

| 1976年 | 23:26 | TOP↑

≫ EDIT

人間の目標地点

原始フィーリングによって
この世界の人間が言語へと進展するも
我々のとどまるべき所は
その原始フィーリングの世界ではない

我々は元の元である静止 停止
ピュアー 消える世界に
とどまるべきである

故郷に 故郷に
故郷は一つである
我々はそこに 帰り住む事
それ以外の所であっては
ならないのである

汝は 汝は消える
ピュアーなる消える世界にとどまれ
それ以外の世界でとどまっては
ならない
それがブラフマンの世界だ

1976.01.17.

| 1976年 | 19:50 | TOP↑

≫ EDIT

はじめに踊りがあった

はじめに 踊りがあった
原始フィーリングの時代に……
その時は言語はなかった
その当時の人々は踊り部落を形成していた
人々は踊っていた

その踊りはどこから来たか
彼等はその足跡を 聖仙の中に見付けた
それは「停止」である
即ちブラフマンからである

その停止が動きとなった
それが創造の始まりである
宇宙創造はピュアーが踊りとなって
リズムとなって狂い出たのである

人間の生活はそのリズムにのって始まった
そして彼等は ずっと後に言語をつくった
言語はリズムを持った
停止を根底とした
宇宙創造のリズムを

しかし 彼等はそのリズムを 
肉体で感じられなくなった時
虚しい言語のみで生活をしだした

言語のもとにリズムがなければならない
宇宙リズムが
ピュアーなる停止を根底としたリズムが

そのリズムこそが踊りであり
そのリズムを肉体で感じながら
太古の人々は 生活をしたのである

今の知的な人間から見れば
それらは気違い部落の人間たちであったろう

しかし 今の人間こそが
気違い部落の人間群だ
「がらくた」な言語のみで生きる
気違い部落の人々である

1976.01.15.

| 1976年 | 09:59 | TOP↑

≫ EDIT

ジャイ ラーマクリシュナ

シュリーラーマクリシュナは人間が恋しくて 
人間に帰り 人間を拝んだのではない

すべての理屈 感情を越えて人間を讃えたのである
神々を讃えるのである
神と自己との相対的人間感情でなしに
理論外で人間を神々を すべてをその栄光を
讃えたのである

彼はブラフマンから人間に
元の人間に(以前の)帰って来たのではない
彼はブラフマンそのものとなり
そのもので とどまり
しかもすべてをその中で その栄光を讃えたのである
そこには相対感情と 相対観念の何ら入ることのない
ものである

人間的に彼をとらえてはいけない
間違ってくる
彼を讃えよ 偉大なものとして
彼はすべてを越えている
人は彼のことを書くことが出来ない

ホリーマザーよ あなたの夫は偉大でした
あなたがどんなに偉大だったのかは
私は少しも知らない

彼のことばかり研究して
今日まで 長い年月を費やして来てしまいました
それであなたを少しも知らないが
多分あなたも彼と同じくらい偉大だったのでしょう

私にあなたのことを調べる時間があれば幸せですが
あとの事は何とも考えていない
調べる時間がないでしょうし 
又 私はあなたを 彼と同じように
扱った方が賢明なようです

偉大人への研究はもうくたびれました
これぐらいで堪忍して下さい
ラーマクリシュナよ もう私を解放して下さい
もういい時期です

長い間あなたにつかまりました
もう私はあなたを忘れます
あなたがなかったものと思います
あなたが 私になってしまいました
もう研究するところがなくなってしまいました

1976.01.01.

| 1976年 | 19:55 | TOP↑

≫ EDIT

人間に帰る

気狂いになった様に拝め
天も神も人も何もかも知識で分析せず 文句をぬいて……
お前はもう一度人間に帰れ
神になるのでもなく 人間でおるのでもなく
改まって もう一度人間に帰るのだ

元の人間でなしに
以前のような知的に いろいろ研究する自己でなしに
天も地も神も人も知識も全て投げ捨てて 人間に帰るのだ
人間でない人間に すべてを拝む人間に
即ち違う人間に 狂人に

狂人に 狂人に
お前は狂人なんだ
全てを拝む狂人だ
何の理屈もない 何の哲学や理屈も考えないで
そんな人間に 拝むだけの人間に帰れ
即ち 新たな人間に

狂人 
正常な人間はいろんな事を考える
そして行きつく所まで来る
そこで反転が来る
その反転の入口で言葉を失う
言葉を失ったその時から
以前の人間でなくなる

「時」が流れる 
そして朝が来る
彼は床の中で起き上がる
すべてを放って 人間となって甦ってくる
その反転された人間は全てを拝む
神も 人も 石も 山も 
木々も 草々も 星々も
すべてをただ拝む いわゆる狂人

朝日がウシャス女神に導かれて上がる
ウシャスの中に 狂いそうにとけてゆく
暁光の女神ウシャスは彼を抱く
彼はその中へとけてゆく
狂人は その中に消えてゆく

言葉の門は人間を違う人間に
本当の元の人間にさせてしまう

停止がある
そこから 人間への狂気への第一歩が始まる
すべてを拝む 
ただそれだけの人間――お前

槍の穂先に突き殺された人間
突き殺されたるこの栄光 一つの賜
ウシャスの手から落ちた一滴の水 
それになった
狂人として 彼は来た

1976.01.01.

| 1976年 | 10:31 | TOP↑

| PAGE-SELECT |