FC2ブログ

1976年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1976年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人間であって 人間を消せ

まだお前は 人間に関わっている
まだお前は 人間に関わっている
それは自分を 人間だと思っているからだ
その意識が まだ抜けていないからだ

人間を見るな 
人間を見ると 人間に関わる
関わると 関わって来る
何やかやと考えが 或いは
問題が起きてくる

人間から離れよ
人間に関わるな
人間に関わらねばならぬ――など
毛頭 案じるな
人はいつも そのような案じを
持っている
案じる事はない

1976.05.31.
スポンサーサイト

| 1976年 | 09:42 | TOP↑

≫ EDIT

人と人が

手を取り合え 
そしてニッコリほほ笑め
意識 知識を停止して
消えた世界で
ニッコリほほ笑み合え

ラーマクリシュナは二つの極を
行き来した人である

二極とは
一つはブラフマンの世界
一つはマーヤの世界である

しかし このマーヤの世界は 
普通でいう
幻のマーヤの世界ではない

1976.05.18.

| 1976年 | 09:31 | TOP↑

≫ EDIT

静止の停止

言語以前のものがある
知識で整え 知る以前のものがあるのである
それが私のいうピュアーな世界である
一元の世界である

その発見 それへのカムバック
そこがいわゆる 幾何学の世界である
これは現存する宗教と全然ちがう
現存ずるものはすべて幼稚である

宗教以前 人間以前 宇宙以前
創造以前の自己に 帰るのである
一元の世界は これは宗教論理ではどうにもならない
自己が現われていない時点を扱うのだから――

いまの宗教は 自己がある時点から
考えをめぐらすのである

知恵が廻転し 論理が廻転し
言葉がならべられるのは 当然である

これらはすべて糸車のようなもので
糸の引き手と 糸と 廻転と 車とが
いつまでも行動 運動
芸術作品づくりをくりかえすのである

ピュアーな世界は
それ以外の何ものでもない「もの」である

ブラフマン それだけの世界
行くも帰るもない
そこは消す世界である
相対を消す世界である

静止し 停止している
一元の世界である

こちらから(世界)あちら(ブラフマン)を
眺めるのではない
今日までの宗教は常にこちらから
あちらを眺めている

我々のは「こちら」はないのである
「あちら」が「こちら」なのである
その「こちら」には「あちら」がない
いわゆる この我々の世界がない

「こちら」そのものである
ブラフマンそのものである
そこには言葉がない
理論がない

「静止」したものそのものがある
だけである

1976.05.16.

| 1976年 | 20:18 | TOP↑

≫ EDIT

否定と肯定

ここでいう肯定は否定・肯定の肯定ではない
根源的肯定である

全てのものは否定されて 喜びがくる
完全否定は すべてを生かすともいえよう

人々は今 自己を肯定しようとして 
世界を肯定しようとする
……それはかえって苦しみと 悲しみと 
迷いを生み出す
全てが否定された時 
そこから真実なものが現れて来るのである

全ての「うぬぼれ」をとられた時 
真相の心が現れるように
すべてが消される世界がある
それはブラフマンの前においてである

ブラフマンはすべてを消し 真相の華を開花させる
無価値という そこから価値と
無価値を乗り越えた華を開かせるのである

ブラフマンは 全てを消し
全てに 開花させるものである
その時 破壊と創造と保存が
現れて来るのである

我々はひとたび 破壊されねば
ならないのである
「生贄」そのものである

「生贄」は生贄の儀式において
「生贄」を生贄とする とは
この事である

我々が神の前で 人の前で
自然の前で 両手を合掌させる時
それは 全てを拝むのではない
全てを否定しているのである
全てを否定しての印である

否定した時 否定された時
そこから真実なる相が……
現れてくる
それは価値が現れてくるのではない

消える事 消される事
これこそ大祝福である
ブラフマンは それである

我々はそのブラフマンの中に消えて
とどまるのである

1976.05.13.

| 1976年 | 17:16 | TOP↑

≫ EDIT

復活

完全否定は 完全肯定である


この宇宙を無価値と否定せよ

その時汝は 汝も消えて

その底から完全肯定 ピュアーが

華の開花があらわれてくる


この開花こそが

リグヴェーダにいうところの

「いけにえ」である


「いけにえ」にいけにえをもって

いけにえとせよ

とは これである

完全否定は 完全肯定である

この宇宙を無価値と否定せよ
その時汝は 汝も消えて
その底から完全肯定 ピュアーが
華の開花があらわれてくる

この開花こそが
リグヴェーダにいうところの
「生贄」である

「生贄」に生贄をもって
生贄とせよ
とは これである

1976.05.13.

| 1976年 | 09:51 | TOP↑

| PAGE-SELECT |