FC2ブログ

1976年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1976年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

品性を高めよ

品性を高めよ

品性の高い者は

言葉少なく

眼は一定所を見つめている

いわゆるブラフマンの彼方に


あなたの眼は まだ地上のものに

そそがれている
                                                                   
ちょうど小犬が えさを さがして

うろうろしているのと似ている

犬ころ同志がじゃれ合い

かみつき合っているのに似ている


あなたの眼を 天上に向けよ

言葉は少なくなり品性が出てくる

品性が出てくると

世界の騒動がおさまってくる

知識や知恵や理論で

世界はおさまるのではない


品性を持て

あなたはまだ品性が足りぬ

眼を地上に向けるな

うろうろするな

天の品性は 自己を鎮め

世界を鎮める


1976.08.08.
スポンサーサイト

| 1976年 | 20:35 | TOP↑

≫ EDIT

考えることをやめよ

考えることをやめよ

なぜそんなに 考えるのか

考えることをやめよ


考えることは お前があるからだ

お前があるから 考えるのだ


お前があるか?

どこにお前があるのか?

ないお前が どうして考えるのか

考えをやめよ

そしたら 本当のお前になる


マインドはいつも考える

本当の自分というものは 考えない

ただ 消えてあるものである

消えてあるものが なぜ考えるか

考えをやめよ

考えると人間を地上的にしてしまう


ブラフマンには 考えることはない

ただ それのみがある

それが霊感的世界だ

考える世界と 霊感の世界とは

天と地ほどの相違があるのだ


憩え そして仕事に打ち込め

歌にも 踊りにも 打ち込め

そこで恍惚となれ

人と人との間にあっても 恍惚となれ


――考えをやめよ

そこでは自己が消されてしまう

自己が消えない以上

何事もまともなことが出来ない


1976.08.03.

| 1976年 | 19:24 | TOP↑

| PAGE-SELECT |