FC2ブログ

1976年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1976年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

縛されてしまった

私は又 すぐ間違ってしまう
共同体をどうしよう……などと
人に情熱をわかさせるには……と考える

しかし 礼拝堂に入って
ラーマクリシュナの前に坐った時
彼の前で 恍惚の光に
包まれてしまった

私はそこに引き入れられ
縛されてしまった
――これだ これしかないのだ
我々には

我々は 彼の前で気狂いに
なるのだ
それしかないのだ

それ以外の事をつい考えてしまった
申し訳ないことだ

あなた 彼よ
私はもう間違いをしないぞ

1976.09.23.
スポンサーサイト

| 1976年 | 10:00 | TOP↑

≫ EDIT

消えて立つ

ラーマクリシュナをいい気持で
拝めるようになった
消えていた人

神の前に立った時
すでに消えていた人だった
いやいつも 消えていた人だった

消えていた人の前では
我々も 消されてしまう
神も 人間も 経典も消されてしまう

消えて人は 初めて人間となる
それには 消えた人の前に立つ事だ 
消えた人間として

これ以上の至福が どこにあろうか
知識 知恵 言語 すべてが
消されてしまうのだ

いつまでも礼拝し 見つめておれる
スリーラーマクリシュナよ

1976.09.22.

| 1976年 | 10:11 | TOP↑

≫ EDIT

消えていた人

消えていた人
消えてから神の前に立った人
スリーラーマクリシュナ
神の前に立った時 すでに消えていた人
これ以上に最高の人があるだろうか

消えていた人 スリーラーマクリシュナ
これを手本としないで 誰を手本とするのだろうか
これを拝まずに 誰を拝むのだろうか
消えている人の偉大さを 人々はこれから知るだろう

世の偉大者は 自己があって何かをしようとする
或いは革命 或いは殺戮
或いは 経典の解説

消える事の偉大さを
世の人々は知って来るだろう
彼の前に膝まづく者がもっと増えて来るだろう

彼の前では すべてが消されてしまう
経典 神 人間 そしてそれらが
更に 神話化されて 
現われてくるだろう

言語はそこでは
消されてしまうのである

1976.09.22.

| 1976年 | 09:53 | TOP↑

| PAGE-SELECT |