FC2ブログ

1977年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1977年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブラフマンの実現

ブラフマンの実現は 様々な道を

経て 実現される

第一に 星をながめ その彼方に

あるブラフマンに 意識を集め

頭脳のコンピュータに百億光年の

距離と時間と そして光速を与え

意識をブラフマンにまで カムバック

させる


第二 物と物との統一点――人と人

との統一点に意識をおき

その相対の視点を消す

即ち相対事物の中に自分がとびこみ

そこから ものを言う

訓練をする

その時 自己が消え

一元の世界に入る


第三 「過去は敗者だ 未来と現在の

明るさの中に 生きよ」を

くりかえし 認識された時

自己が消え 明るさの中で

一元に突入する


第四 人間を直視する

「お前も人間 私も人間」というように

人間直視が充分なされ

意識がそれに集中され

定着しふれた時 一元に入る


第五 以上いずれの方法も

背骨の神経Ⓐ点を敏感に

させておかねばならない

なぜなら梵への突入はⒶ点を

もって通らないと 通れないのだ

からである

――そのⒶ点が 無の世界から

この有の世界にあらわれる

最初の点である


又 宇宙にも それと同じⒶ点がある

この幾何学的構造の重なり目(Ⓐ点)を

背骨のⒶ点でもって通過させるのである

それが故に 自分のⒶ点を敏感に

しておかないと

以上五種類の方法が完全に

行なえない

通過すると その証拠として

「ふるえ」が やってくる



1977.06.30.
スポンサーサイト

| 1977年 | 13:44 | TOP↑

≫ EDIT

人間直視

人間と人間との間に

一元の世界がある

そのふるえの中で狂うのだ

そこは消える世界だ


そこで狂うのだ

狂いは ハーイだ

ハーイは 狂いだ

恍惚だ 明るさだ


人間直視とは

人間と 人間との間の

認識である

即ち その中に入るのである


人間は 消える

人間が なくなる

一元だけが のこる

明るさだ ピュアーだ

人間は どこにも

いないのだ


1977.06.23.

| 1977年 | 11:22 | TOP↑

≫ EDIT

明るさの化身となれ

古人は知ることは 成ることであると

言うが

私は することが 成ることであるという


昨日のことを 忘れて

今 明るさの化身となれ

あらわれる事は

消えることである


1977.06.20.

| 1977年 | 20:12 | TOP↑

≫ EDIT

政治と経済と宗教

消えるということは

消えることなのだろうか

あらわれるということである

あらわれることによって

消えるのだ 


この世での実現は

消える中で 消えてから

又 あらわれてくるのだ

そのあらわれの中に

消えるがある

人間界と ブラフマン界とが

ここで実現される


人間としてある以上

ブラフマンに 消えるのが

第一段階で

第二段階は

人と人との間で 消えねば

ならない  


それも あらわれて消えるのである

あらわれこそ 「消える」である


政治の前に宗教がこなけれが

ならないのだ

そこでこそ 政治が政治となり

宗教となる

経済も経済の前に 宗教が

こなければならない

そこでこそ 経済は経済となり

経済は宗教となるのだ


人間のすべてが宗教となる

これが 人類最高の道である

あらわれるのだ

あらわれの中で 消えよ

あらわれこそ 実現である


集中だ 金も一カ所に

集められねばならない

散らばっていたのでは 力にならないし

それは「宗教」にはならない

人的エネルギーも 時には集中されねばならない

散らばっていたのでは 力にならない


金と人的エネルギーを一カ所に

集中せよ

何でもできる

楽々と 世界は動いてくる


あらわれこそ 消えるである

この世での 消えるは

あらわれることによって

消されが 実現されるのである


人と人とが 抱き合う事によって

手を強くにぎり合う事によって

消えるのである 自己が


最高の至福が

そこからくるのである

そこに 至福がある

宗教とは 実現であり

実現とは 宗教になることである

世界は楽々と 動いてくる

結集だ エネルギーの結集だ

世界は動く 軽々と動く

政治も 経済も 自己も

すべて宗教たらしめよ

万歳!


1977.06.19.

| 1977年 | 23:43 | TOP↑

≫ EDIT

政治と宗教

民主主義政治をとろうとするなら

民主主義宗教が 成立されなければならない

政治だけの独走は出来ないのである


宗教は政治の前に

くるべきである

即ち 人間がピュアーになっていなければ

政治もとれない

完全なものとは ならないのだ


民主主義の宗教よ 生まれよ

世界中にひろがれ

民主主義は 絶対一元論に通ずる


民主主義をはぶいて

一元的実現は出来ない

人間を 讃えよ

我々は人間であるのだ

すべてはそこから 出発だ

その出発を 忘れてはならない


1977.06.16.
  

| 1977年 | 23:40 | TOP↑

≫ EDIT

人間と人間との衝突

「ハーイ」の中で恍惚となれ

ハーイ ハーイ

ハーイと言ってあいさつをし合え

私とあなたの 囲いが消える


囲い 囲い

囲いが消える

私とあなたの 囲いが消える

もとのもとのもの

そのもの自体となれる


衝突 衝突

あるものと あるものとの

衝突だ


相対観念は消え

個人は消える

宇宙も 空間も 時間も

消える


そこにあるものは 真実なるもの

ピュアー

恍惚 恍惚

恍惚がくる

真理と真理とのぶつかり合いだ

人間と人間とのぶつかり合いだ

光速 光速 光速でぶつかれ


1977.06.16.

| 1977年 | 19:34 | TOP↑

≫ EDIT

人間と人間の中に

「ハーイ」の中で 恍惚として

倒れよ

狂人 狂人となれ

一元の中で倒れる 狂人となれ


「ハーイ」と 右手をあげ

その中で 狂人となれ

恍惚者となるのだ

これが最高だ

人間と人間の中に

一元となれ


讃えるのだ 人間を

人間を讃えよ

人間を讃えた時

個人的人間が 消える

恍惚的人間となる


至福が来る

至福がそこから 来るのだ

人々よ その中で助け合って

生きよ


1977.06.16.

| 1977年 | 10:21 | TOP↑

≫ EDIT

民主主義にかえれ

直接直感と間接直感の分析法は

ものすごい威力を発揮する

直接直感の中には いかなる

間接直感――即ちいかなる論理も

介入できない

論理の世界はどこまでも

ゆきつくところまで論理を

展開しつづける

しかし一番肝心な普遍性を 失う


哲理に終止符をうて

論理的解明に終止符をうて

民主主義に帰れ

「お前も人間だ 私も人間だ

人間ではないか」の一元に 帰れ

それ以外にどこへも

ずれてはならない

それを強く おし進めよ!!

過去を見ると間接直感が

わいてくる

現在と未来にのみ生きよ!

前進だ


1977.06.16.

| 1977年 | 10:11 | TOP↑

≫ EDIT

指のキズを治す水たまり

指のキズを治す水たまりがあった

その水は 透明ですきとおっている

指のキズを治す水たまりがある

そこで指のキズを治している

私があった


その水をひとしずく

指につけている

水は すきとおっている

その水たまりでは

心のキズもいやされるのだ


その水はどこにあるのか

どうして その水たまりが出来たのか

その水たまりは

一元の世界だ

一元の位置だ


自己を消し

あなたをも 消してくれる

位置だ

現在と未来の明るさと

相対が消される その同時存在の

位置だ

そこでは 心のキズがいやされて

しまう


その水をのむ者は

永遠の至福を うる

その水たまりがあった

それは透明で 底まで見える

明るさの水だ

一元がそこにある

指のキズが そこでは

いやされている

いやしの 水たまりだ


それがそこに あった

それが見える

見えて きえない

眼底にやきついている


私は それを見うしないは

しないだろう

この水たまりを


1977.06.16.

| 1977年 | 10:10 | TOP↑

≫ EDIT

「ふるえ」と「明るさ」

自分も消され 相手も消される

その点に

一元の世界がある

そこに意識が集められると

ふるえがおきる

過去は敗者として 自己を消し

未来を消した 現在の一点に

立つのだ

現在という一瞬の明るさの

中に

立つのだ

ふるえがやってくる

一元の至福のもとに


1977.06.15.

| 1977年 | 09:13 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT