FC2ブログ

1977年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1977年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ただ それだけがある

消えた者には

人間も

自己もない

ただ それだけが

あるだけだ

ピュアーだけが

あるだけだ


1977.07.30.
スポンサーサイト



| 1977年 | 09:17 | TOP↑

≫ EDIT

白鳥パラマハンサ

今朝ほどいい気持になった日はない
体が羽毛につつまれている様なさわやかな感じだ
体が軽々として 
空を飛んでいるような感じだ
私の体は この肉体は 
あるのか無いのか分からない

二つの白く なよやかで長い翼が
動いているのを感じる
白鳥パラマハンサとは この事をいうのだろう
白鳥のように ふっくらと大きい
限りを知らぬ 羽毛につつまれて
軽々と翼を 動かしている
何と豊かな 軽やかなこのはばたき

古代人はきっと これを経験して
自らが自らに 白鳥という名称を与えたのであろう
一般人が 聖者を見て
それに与えた名前ではなさそうだ

羽毛につつまれて
私は 軽々と飛ぶ

人間が 自分におびえ
人間におびえていたとは
何と変なことなんだろう
私は そのおびえから解放されたのだ

1977.07.20.

| 1977年 | 10:30 | TOP↑

≫ EDIT

偉大な実現

万歳 二元と一元の同時存在
これを知ってから 人間におびえなくなった
また自分にも おびえなくなった
超越してきた
声も通るようになった
ピュアーな者になった
人間からのひっかかりがなくなってきた

同時存在の二重性のこの世界では 人間に関わるのであるが
関わりながら超越している
まるで関わっていないかのようだ
ピュアーな関わりとでもいおうか
ピュアーって なんていいのだろうか
ここまで来ると今までの解らなかった事 感じなかった事だが
私は今まで人間におびえ 自己にもおびえていた事がわかった

相対でありながら 同時に一元であるという
その素晴らしい世界
ラーマクリシュナの住んでいた 世界はこれだ

彼は決して 一元にとどまったのでもなければ
二元にとどまったのでもない 
二元におりて来たのでもないのだ

一元と二元の同時存在する 位置にやって来たのだ
偉大な実現者だ

1977.07.24.

| 1977年 | 00:16 | TOP↑

≫ EDIT

同時存在する世界

人間は人間である
私もあなたも人間である
人間直視は 一元の世界に入ると同時に 
人間の間にも とどまる

一元を二元に活かそうとするのでなしに
或いは二元をほって 一元にゆくのでなしに
一元と二元が同時に存在するのである
これが又しても 幾何学的構造の世界である

物の存在する背後には
このような構造がある
例えば 光は光波と粒子で出来ているように
二つの異なったものが
同時に存在するのである

人間と人間の間に 明るさを展開するのでもなく
人間と人間の間から……離れるのでもなく
人間と人間の間を……どうしようとするのでもなく
例えば 明るさが必要だとか
明るくやろうとか
明るい事はいいことだ……とか
明るさだけの必要ではだめだ

明るさの中には 暗さが内在している
明るいものを求める者は暗い

明るい者は暗さを感じさせ
明るい者は弱さを感じさせる
明るいものでも暗いものでもないものピュアー

ピュアーはどこからくるのか
ピュアーはもともとあるのである
それなのに人間は 明るさを求めて
失敗をする

ピュアーだ ピュアーが一切だ
人間直視がなされた時
そのピュアーがつかめる

その時特に 背骨の神経A点に
意識を集めておかねばならない
なぜならピュアーは一元に属するからである
一元は頭でなしに背骨の神経でなければ
それに参入出来ないのである

一元と相対がそこに同時に
存在するのである
ピュアーは一元にも相対にも
存在するというのではない
ピュアーは一元にも 相対にも
同時に存在するのである
万歳!

1977.07.19.

| 1977年 | 20:05 | TOP↑

≫ EDIT

私はすぐ間違ってしまう

私はすぐ間違ってしまう
直接直感の世界には
感情や試み――いわゆる 泥んこにまみれて
遊ぶのはよいが
遊ぼう……というような「考え」が
入ってなされる行為ではだめである

そこでは感情を美化されたその中で
満足させることになる
消えてあるものが
その「考え」を はさんで行為をするであろうか
これはやはり 論理の中の一員である
消えてある者にはただ
それがあるだけである

消えてあるものは感情と知を超えた
世界にあるのである
消えてある者は 他人を気にしない
気にしないという事は 
他人をほっておくということではない
消えてある者には ピュアーがあるのみである

「震え」がそこに来る
人間と人間との間に
明るいものを置こうとするのではない
ピュアーがそこに来るのである

人間と人間との間に
人間と自然との間に
何の技巧も そこにはない
「知」「感情」 それらもないのである

直接直感――人間直視の世界は
そこで自己が 消えるのである
自己があって 何かをしようとするのではない

消えて何かが 行なわれるのである
心と精神の切りはなたれた世界である

そこには ただ一元の「震え」だけがある
情感で受け止められるような
恍惚はないのである
「震え」の世界は もうろうとしている
その点においては 幻的神は存在してくるし
それこそ 神である

私は今 幻をつくるのでなく
幻のようなもうろうとした
消えた世界の実体の中をさまよっている
今この「実体」の森の中を
さまよい歩いているのだ

夢遊病者の如く 眼は釘づけにされ
意識も釘づけにされて
情感を排除された世界に
かきわけ入っているのである

1977.07.16.

| 1977年 | 17:24 | TOP↑

≫ EDIT

三種類の神

ここで神に 三種類の神が出来た

信仰宗教で拝まれている人格神
これはいわゆる はっきりとらえようとしている神である
そこでは手を合わせ 厳しい儀式があり
光輝にかがやく神の出現を待つ

次はウパニシャッド神秘思想でとらえた
非人格神
即ちブラフマンである

それは神という名称もつけられないものであり
はじめも 終りも 動も 不動もないものである
「一者」「絶対」「それ」ともいう

そして人は それに合一出来るとされる
小我と大我の合一
アートマンとブラフマンの合一ともいう
これをなしとげることが人生の最終目的であると 
ヒンドゥ教思想はいうのである

次にあらわれたのが「幻の神」である
これは決して 光に輝く神ではない
むしろ泥んこの中での遊びの中に
こそある神である

よごれた泥んこの着物を着た子供の中にあるものである
それらと遊ぶ時 それは分かって来るものである

遊びが礼拝となる時 それが感じられ 
その中で恍惚とさせられる 神話的 幻的神である

はじめも 終りもないとか
動と不動でもなく 非人格的なものという
言葉の説明もいらないもの
「遊び」の中からあらわれてくるもの

……クリシュナの遊んだのもその中にである
そこには神聖も 善も 愛も 光輝もない

そしてそれは 我々がどんな所でも実現でき
入ってゆけるものである
いつでも気楽に 入ってゆけるものである

神を捨てよ と私が言うのは
その英知でつくった神を捨てよといっているのである

はっきりしないものの中でこそ
自己は消されてしまうのである

1977.07.15.

| 1977年 | 20:27 | TOP↑

≫ EDIT

泥んこの大人たち

泥んこの子供と 泥んこの大人達 遊ぼう
泥んこの子供達よ 泥んこの大人達よ
遊ぼう 君達と

遊びこそ天国
誰とでも 遊べる天国の人々
泥んこの大人達よ 泥んこの子供達よ
どこにいるの

幻の中に 彼等は居る
幻の中から見えかくれして 私を招いている
夢の中に 神話の中に私は引き入れられてゆく
おお汝 神よ!

手をお出し
私はあなた 手をとって
夢の中に 連れてゆこう
神話の中に 神の中に 幻の中に
………おお私は狂いそうだ
涙とふるえとが 一つになってとけてゆく

幻の中に 入ってゆく
幻の中は神の世界であり 神である
この現実の世界にあって 現実の中で生きると
善し悪しがはっきりしている 
自分を良くしようという「良いもの」への憧れと足掻きがある
又他の人をも 善し悪しでとらえる
「幻」は 善し悪しがない世界である
現実のように はっきりしていない
「良い方向」に行こうとするのでなしに
泥んこの中に入ってゆく……泥んこの中で遊ぶ

これは 幻である
幻の世界に入って行っているのである
クリシュナは きれいな着物を着た
ゴピーたちと遊んだのではない

彼女等の泥んこの着物と 泥んこに汚れた彼女等と
遊んだのである
はっきりしないものと遊んだのである
いわゆる 幻と遊び
その中に入り 恍惚となっていたのである

一般人のとらえている神は はっきりした現実の神であり
幻の神ではない
幻の神こそ 神である
善し悪しでとらえるすぐれた者としての神は
人間の英知の神であって本当の神ではない
はっきりした神である
だから神は神々しく かつ光につつまれて
現われてくるのである

泥んこの神を 泥んこの中で遊ぶその遊びの中にある神を
誰がとらえたであろうか
神々しい光輝に輝ける神は 知恵の神 こしらえた神である
だから手を合わせてうやうやしく礼拝するのである
そのようにはっきりさせねば
ならない神と 人間と 儀式とである

泥んこの子供達と 泥んこの大人達と遊ぼう
遊べるように なろう
その者は神の世界に入る

神ははっきりしない世界にある
インド人が はっきりしない中に
生きているのも それである

彼等にとっては きたない きれいがない
きたない きれいの中に生きている者は苦をうける

神話はインドから消えないだろう
しかし クリシュナの愛人ラーダに奇麗な着物を着せた時
インドは滅びる
神が彼等から去ってしまう

泥んこの子供達と 泥んこの大人達と遊ぶ 
その中に 神がある
遊ぶこと自体が「礼拝」である

1977.07.15.

| 1977年 | 11:31 | TOP↑

≫ EDIT

「ふるえ」と「もがき」

ピュアーは明るさでも 暗さでもない
そのピュアーが「明るさ」である
「明るさ」とは 明暗の明るさではない
人間本来もっている そのものである

我々は人間であるという人間直視
そして我々は 宇宙と共にあるという人間直視
この直接直感は 全てを消してしまう

消されたものは恍惚となる
ピュアーは恍惚である
恍惚は「ピュアー」そのものである
震えがくる
人も世界も震えねばならない
震えの中に浸らねばならない

世界も人もまだ もがきの中にいる
焦りの中にいる
他人との関わり合いの中にいる
明暗の中にいる 幸不幸の中にいる
批判の中にいる
「ふるえ」 「消え」 「ピュアー」
「恍惚」そのものになっていない

幾何学の世界は それらへの通路を開く
いわゆる「震え」への通路だ

1977.07.15.

| 1977年 | 09:47 | TOP↑

≫ EDIT

消えてあるもの

消える人ではなく
消えた人である
消えた人が自分である
自分が 消えるのではなく

自分が 相対から一元に
入るのでもなく
自分のないものが
二元と一元のない そこに
あるのである

人も 自分も 人間も
ブラフマンも 宇宙もない
「それ」である

1977.07.08.

| 1977年 | 08:30 | TOP↑

≫ EDIT

一元に坐る

一元は全てを行うことが出来る
一元に坐れ
二元の中で 実現しようとするのでなく
二元も実現されてくるのである

一元と二元とは一つのものである
二元から一元を見上げていると
一元があるが
一元にとどまると 二元は一元化される

一元は全てを可能にする
全てとは 全てを意味するのでなく
人間の幸せに関して「全て」ということである
範囲は人間の「幸せ」にかかっている

一元に坐ると 二元は消されてしまうのである
何をしようかなど 考える必要がなくなる

チェンジ オブ ユアーステージは素晴らしい
これしかないのである
安心してここにとどまれ

1977.07.04.

| 1977年 | 10:26 | TOP↑

| PAGE-SELECT |