FC2ブログ

1977年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1977年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

教会をもて

頭に意識をおくと 人間たちのことを考え
俗人の世界に入り とやかくいう人間になる
意識を頭から背骨のA点におろせ
恍惚となる
宇宙や宇宙の根源ブラフマンに結合する
これには 波動しかないのだ

悩み 迷っている時は教会堂にゆけ 
自分の家の中にも教会堂はつくれる
神への 或いは宇宙への 或いは自己への 或いは真理への
讃歌をうたう所だ

歌の調子を整えよ
体のバイヴレーションを整えよ 歌声をととのえよ
人を救ってくれるのは歌だ
ピュアーな歌を ピュアーな声で歌え
人は助かる

歌を忘れると 人は死の道に急ぐ
一日に一度は必ず坐って歌え 坐って歌うのだ
体の調子が整ってくる
歌声の調子とともに

歌え ピュアーな歌を 霊的な歌を坐って歌え
教会がそこに出来てくる
教会とは瞑想の場 歌う場 
手を高く上げて踊る場である
                  
1977.08.25.
スポンサーサイト



| 1977年 | 09:54 | TOP↑

≫ EDIT

反撥する時のお前の顔を見ろ

生きる事と 死ぬ事が同時に
設定されているのだ
アメリカ流は生きる事でもあったし
アジアは死ぬ事でもあったかのようだ

だが自由の中にも 死が設定されて
いなければならない
しかし 死ばかりでも息づまる

人間には一つの組織が必要であり
必然的にそうなる
即ち 自己の主張可能の範囲と
他に従わねばならぬ範囲とが必要である

組織内では自由に泳げるが
命令には従わねばならぬ
軍隊においても
会社においても
――その命令に従えない者は
そのグループから出るより仕方がない

長の命令に従わない者は自己を失う
如何なる正しそうな理由があっても

そこで人間の幸せにとって 最も
大切な事がある
自由か死かのいずれでもなく
ここにピュアーの道というのがある
自己が消えた中から 現われてくる
大自由である
そこには死でもなく 自由でもない
遊びが 待ちかまえている

遊びを人間はわすれては人間でなくなる
遊び 波動 曲線 A点だ
直線の世界から離れよ

天子や天女には 直線がない
ピュアーだ!

反撥する時のお前の顔を見ろ
まるでオニだ
直線のオニだ
直線は人を殺してしまう

曲線 曲線 波動
細かい光速のかかった波動
回転する世界で助かれ
背骨の中での回転軸を忘れるな
いかなる直線もそこではやってこれない

直線の世界は 人間の頭の中にある
頭でなしに 体で体の波動を変えてゆけ
物理学的 幾何学的な純粋な世界に 入れ
知情意の世界では ぶつかり合いしか起きない
その顔は頭に 血がのぼっている顔だ

1977.08.25.

| 1977年 | 00:25 | TOP↑

≫ EDIT

究極の消えた世界

消えたものに何が残るだろうか
美感も何もない
自己も 他人も 神もない

消えたものに何が残るだろうか
考えの一切は消えるのだ
恍惚がくる
ピュアーの恍惚が
震えが全身をつつむ

人間は人間との世界に
住んでいるから
すぐ 人間からの影響を受けてしまう
そして何かを考える
消えた者には 
何ら 過去の文化もいらない

消え方には
アインシュタイン流とリンカーン流の
消え方とがある

アインシュタインのは 相対を光速で突き切って 
一元に入る
リンカーンのは 相対の中に飛び込んで行って 
一元に入る 
 
しかしそのいずれにも 幾何学的構造
の世界が待ち受けており
それを突破している
その世界の奥が 消えた世界
実在そのものである

アジアの宗教思想はこの幾何学的構造の
世界のあることを知らず
いつまでも 幼稚な知的情感の世界を
うろついている
そしてこの古い果てしもない道を
いつまでも
歩みつづけているのである

ただ 一つの道
人間の幸福への道は
人間の中に 飛び込んでゆく
ことである

そこで幾何学的変化が起きる
光速を意識神経にかけて
人間の中に
宇宙の中に 飛び込んでゆけ

1977.08.14.

| 1977年 | 21:01 | TOP↑

≫ EDIT

孤独な道を選ぶな

人は昔いなかった 
人は昔いなかった
人は昔いなかった

この宇宙も 昔はなかった
宇宙もなかった
私の行く所はどこだ

人でも 宇宙でもない
私もない そこだ
そこに私は とどまるのだ 

ああ 人も宇宙も離れてゆく
「束縛」 というものが
離れてゆく

私のゆくところ とどまるところ
それはそこだ ブラフマン!
それ以外にはないのだ!

しかし人間から遠くにある
ブラフマンでなしに
人間を避けてのブラフマンでなしに
人間直視の中から現われてくる
ブラフマンである

人間は人間から期待はずれな結果を 
たびたび得るが
人間を嫌って 聖賢の道を
選ぼうとするが それはだめだ
意識に緊張としこりが残る

聖賢の道はアジアの道であり
アメリカの道は 人間への道である
人間の中でブラフマンに到る
二重性の発見の道である

明るさが形の破れた人間が
ピュアーが生れる
形をつくろうとすると 無理がくる
人間は人間に帰るところから
人間が人間をはるかに超えた
ブラフマンを発見する

人間が人間に帰るとは
人間の欲望に帰るということではない
人間は人間を避けて 何処へ行っても
救われないという事である

人間が人間から 離れず
人間の中にとどまり 勇気を出して
人間の中に 突き進んでゆくのである
そこに人間と宇宙を超える
二重性の道 ブラフマンへの道を
発見する

それ以外にはないのだ!!
人間は人間から裏切られるものであり
裏切られては落胆するけれど
人間を嫌って 聖賢の道に
逃げようとしてもだめである

政治家は常に国民に裏切られ
国家は常に政治家に裏切られるが
人間とはそんなものだ

恋人から裏切れれる事もあろう
夫から 妻から裏切られる事があろう
けれど あきらめてはならない
人間嫌いになってはならない

人間はつい神に 聖なる形に
一人ぼっちになる道を
選ぼうとする

ブラフマンへの道を人間の中から
勝ちとれ
決して孤独な道を選ぶな

1977.08.12.

| 1977年 | 10:10 | TOP↑

≫ EDIT

闇を破て あらゆる囲いを
闇を
闇を破って 進め光

光より速い光よ 進め
囲いを破って 時間を破って
空間を破って 進め光よ
いざ 進め いざ破て いざ闇を

囲いを 時間を 空間を
つき進め 汝
汝は 光より速い光だ
宇宙を突き刺して
走り続けよ
ブラフマンまで 走り続けるのだ

そこに人間の的
的である人間がある
夢がすべての中で
結ばれる

1977.08.09.

| 1977年 | 09:19 | TOP↑

≫ EDIT

夢をつくる

現在 夢を実現する
夢をみるのでなしに
夢は今つくるものである

仕事が大切なのではない
夢を今 つくることが
大切なのである
ピュアーな心は 夢を現実化する
ピュアーな心には過去はない

過去の善悪も 
神話的物語もいらない
アメリカ人の心には 神話がいらない
ピュアーは それ自体だから

1977.08.02.

| 1977年 | 09:26 | TOP↑

| PAGE-SELECT |