FC2ブログ

1977年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1977年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

物語があった

物語があった

それは 堅い物語であった

それは 信じがたい物語であった


だが その物語が

幾何学の世界を通過すると

それは本当のもの

息吹きを 与えられたもの

神話となった


それは 動き出した

幾何学の世界では

知識 理性がこわされて

堅さは 失われる

そして 本当のものとなって

動き出す

知識の世界では 動き出すものがない


幾何学的世界を 通過し

その中でいると

すべてが 生き物となる

神話として 生きてくるのだ


蝶がとぶ 蝶がとぶ

羽を動かして とぶ

その羽の動きが

幾何学を創る

幾何学の世界が

その羽の動きの中に出来る

そこに 夢がいや現実が

創られる


ピュアーがはじめて 動きと 

なる時は 今である

蝶の 鳥達の

羽ばたきの中から 生れる 


宇宙もこの鳥達の

羽の幾何学的

動きの中から

羽ばたきの中から 生れた



ピュアーが生きて 動きを

とるのは

この時である

そのピュアーな世界が

今では 失われてしまった


そして知識で創った現実が

のこってしまった


いわゆるカスのようなものだ

カスがたまったのだ

少しも生きていない

少しも生命をもっていない

動きがない

神話の動きをもっていない


石は石であり 人間は人間であり

車は車であり

少しも動いていない

翼を閉じた 鳥のようなものだ


霊の翼を 霊の翼をもて

それを動かせ

――それが 知識と現実によって

硬直しているのだ


幾何学の世界を 通過させよ

直ちにそれは 氷がとけるように

柔軟になり

動きはじめる


知識はすべてを 殺してしまう

自己と宇宙の生命を

殺してしまう


永い間

宇宙と人間は

死んできたのだ


ピュアーに帰れ

ピュアーの動きに

神話に帰れ

霊の翼あるものとなれ


1977.10.21.
スポンサーサイト

| 1977年 | 14:52 | TOP↑

≫ EDIT

何も考えない世界

何がどうならねばならぬ という事を

考えない

考えはすべて ピュアーからはずれる

何がどうならねば ならぬなど

考えない


何という自分もなければ

どうならねばならぬという

自分もない

人の事も 宇宙の事も

ブラフマンのことも ピュアーのことも

考えるな 


するとピュアーの 「ふるえ」がくる

A点より

A点より「ふるえ」がふるえ上がってくる

直接直感だ

そこには 何の考えもない

頭が介入できない 世界だ

極微と極大が 衝突する世界だ

光速以上の世界が A点にある

何が何をを考えるな


1977.10.20.

| 1977年 | 13:31 | TOP↑

≫ EDIT

第五回 ドゥルガプジャ

ドゥルガよ 一年間 

お会いしませんでしたね

あなたが 来られたのです

今 又こうして


あなたのお顔は 何ときれい

なのですか

私は ひと眼見て すぐ眼を

閉じました

いつまでも 見ておれません

そのきれいな お顔を


又 来て下さいましたね

ドゥルガ女神よ


この一年間 私には

いろんな事が ありました

すべてあなたの 加護のもとに……


あなたが 私を

見守って 下さっていることを

いつも 知っています


今年のお祭りも 又立派に

やりましょう

私を 泣かせないで下さい

永遠に 私はあなたと共に

いたいのです

私の手を放さないで下さい


1977.10.19.

| 1977年 | 10:25 | TOP↑

≫ EDIT

願いを言いなさい

おお 私は ふるえながら

おお 私は ふるえながら

あなたの前に立つ

おお 私は


あなたよ 私に 

あなたの してほしい事を

すべて 言いなさい

私はすべてを あなたに

かなえてあけましょう

おお あなたよ すべての願いを

すべての願いを 言いなさい

私は あなたの願いに答えるために

あるのです


おお あなたよ 言ってごらん

私に

私はそれを かなえてあげましょう

あなたの願いを あなたの願いを

言いなさい

私はそれを かなえてあげましょう

どんな事でも おじずに

恥じずに 言いなさい


私は あなた方の願いを

かなえるものです

ピュアーそのものです

ピュアーは 透き通って

あなたのものです


あなたも そうです

あなたも それです

願いをかなえるものです

おおピュアーよ すべてがピュアーで

輝いています

ピュアー以外には 何もありません

ピュアー以外には 何もありません


空気よあなたは 私に何を

してほしいのですか

机よ あなたは私に何を

してほしいのですか


太陽よ 月よ 星よ あなたは私に

何をしてほしいのですか


犬よ 小鳥よ 何を私に

してほしいのですか


言ってごらん 私はをれを

かなえて あげよう


おお ピュアーなる君

おお ピュアーなる君

おん身 自身よ


1977.10.17.

| 1977年 | 15:47 | TOP↑

≫ EDIT

直接直感の恩恵

私はこうして 何辺も

間違いを くりかえす

これだけ 最後のものは

むつかしいのだ

本当に むつかしい


ゆきつ もどりつ

雪どけの道を

さまよい 歩くようだ


これに光となり 方向を

示してくれるものは

「直接直感」だ

……いつもそれが

助けてくれる!


1977.10.17.

| 1977年 | 10:08 | TOP↑

| PAGE-SELECT |