FC2ブログ

1977年11月 | ARCHIVE-SELECT | 1978年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

神はなかった

神はなかった

創造主のような神は


神は消えた

ブラフマンに自己が合流する


そのブラフマン

その時

そのブラフマン


――消えてあるもの

ピュアー

ピュアーなる消えてあるそれ


――それは神だ

ブラフマンと自己と神の

三つはなかったのだ


安心してそこにとどまれ

ブラフマン以外には

何もなかったのだ


1977.12.24.
スポンサーサイト

| 1977年 | 08:11 | TOP↑

≫ EDIT

警戒させる心

あなたの中に

人に警戒心を与える

ものがないか

私の中に 

人に警戒心を与える

ものがないか



それを観察せよ

あなた即ちお前だ 私だ


私の中に 他人に

警戒心をいだかせるような

ものがないか

それから 捨てよう

修養とか 神とかは

あとまわしにしておけ

先ず自分の中に

そんなものがないか

警戒させるようなものが

ありはしないか

それから捨てよう


お早うなどのあいさつも

まだかたい

ハーイでいい

ハーイと言え

かたぐるしい言葉は 

捨てろ

自分から 捨てよ

ハーイだ

ハーイ

警戒心が 消える

自分からも 他人からも

警戒心が消える

他の者が

自分の前で 何をしていても

その者が 安心しておれるような

自分であるか



いかなる警戒心も

おこさせない 自分であるか


お前よ 警戒心を

他に与えない 自分となれ


人はそこから とけてくる

これが我々が 人間にかえる

第一段階だ

これも しないで

かたいこと――修養だとか

神様だとか

かたぐるしいことばかり 言っているから

よけい 堅い人間になって

他人を警戒させる人間と

なってしまったのである


そして かたぐるしいあいさつや

その他が 生れたのである

道徳もその部類の中から

生れている

人をだめにするのは そんな

道徳や聖典や宗教だったのだ


そんなことより 先ず

自分の中にある

他人を警戒させるような

雰囲気から

捨ててゆくのだ

これが 人間が人間にかえる 

第一歩だ


「修養」……もし そんな

ものがあるならば

まず その第一歩が 出来てからのことだ


人間が 人間になってから

天になれ

天はもっと大きなピュアーを

もっている

お前達など ふっとんでしまうぞ


感覚 感情 理知など

そんなケチなものは

すべて 消されてしまって

透明になってしまうぞ

空っぽの箱のようになってしまうぞ

透き通って スカスカになってしまうぞ


悟りとか 恍惚とか 

そんな夢みたいなことは 

どこか かき消されてしまうぞ

そんな事はすべて人間の

欲求の幻

夢見るいたずら

悪夢のようなものだったのだよ


空っぽに透明に 「ピュアー」になった者には

この上もない 幸福がそこに

いっぱいに みちあふれてくるのだ

軽い軽い 身と心に

いや身と心もないピュアー

神経とピュアー意識のみが

ピリピリして

ふるえの中にいる

光速を突破して この宇宙を

突き抜けているのだ


ただ ふるえのみがくる

歌いと踊りが いっぱいとなる

まず 他人に警戒心を

与えるそれから

とりのぞいてゆけ


1977.12.04.

| 1977年 | 10:45 | TOP↑

| PAGE-SELECT |