FC2ブログ

1978年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1978年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

霊の翼 (2)

人間への興味がなくなって来た

女 男 日本人 いや 隣近所の

アメリカ人たちにも


霊の翼に意識が集められると

こんな事になってしまうのか

人間に興味がなくなったという事は

この社会も 世界にも

興味がなくなったという

ことである


今までアメリカに来て

何かをしようと思って来たのだが

来たそうそう こんな事に

なってしまった

両腕のつけ根に 翼がある

霊の翼だ

両腕のつけ根の翼に

意識が合わされているのだ

それは 連続されているらしい

意識していても していなくとも


人間への興味がなくなったら

そのあとは

どうなるのだろうか


笑いも 声も 言葉も

とまってくる


笑いもほほえみも 消えてしまった

つくられたもの

つくられたものは

消えてしまったのだ


歌を歌う事が 出来なくなってから

こんな事になってしまった

それは 霊の翼――夢を

もたねばならぬと

痛感してから

霊の翼の世界に意識が入った

そして 両腕のつけ根に

翼があると思って

それに意識を集め始めた

すると その翌朝のお祈りの時

ゆっくり 低音で歌い

始めたら

他の者の歌声が

いかにも 歌おうとしている

歌声なので

それが よくない事が

わかった

意識は霊の翼に集まっているから

それ以外の意識で

歌っている者の歌声は

聞けたものでない

するとすべての人々は

霊の翼に意識が集中していないから

歌が歌えるのだという事が

わかって来た


歌はつくるものであり

つくられたものである

知識の世界を通過し  

知識そのものである

我々はそんなもので

空どうを穴埋めして

いるのである


あらゆる芸術作品も

その穴埋めにすぎない

歌もそうだったのだ


すると歌が歌えなくなってしまった

詩もそうだ

すべて 穴埋めのようなものだ

それをつくって よろこぶのだ

よろこびとするのだ


歌声はとまった

声はとまった

霊の翼ある者には

声がない事が

わかって来た


声は霊の翼をもっていない者が

もちはじめたのだ

そして 知識 情感の美

はては

愛とかいう言葉までつくって

人間の空虚な穴を

埋めようとしてきたのだ


霊の翼をもつと

性 性別

はては 人間

それらへの意欲は切断

される

見事に切断されてしまった

こんな事がかつてあったろうか

一時でなしに長つづきするのだ

無理にするのでなしに

自然にそうなってしまったのだ


大昔の大昔の人間には

性と声と歌も

むろんなかった事が

わかって来た


アメリカ流のハーイという

言葉も

消えてしまったかのようだ


そうだ そうだ

この翼を この翼を

もっと大きく動かすのだ

幾何学的構図が 

えがけるではないか

これが「夢」だ

これが この声の起源を

発見する

きっかけの

インスピレーションとも

なったのだ

翼をもっと大きく動かそう

歌が歌えてくる


1978.07.31.
スポンサーサイト

| 1978年 | 11:36 | TOP↑

≫ EDIT

表現物

歌は芸術作品だ

芸術作品は 本当は

いらないものなのだ


本当の人間から

うその人間になった時

それらは 心の穴埋めとして

つくり出され始めたのである


歌は情感 知性で

何やかやと思索し

かざりつけられて

つくられたものだ


人間には思索する必要は

ないのだが

そうしなければ 生きておれない

人間に

なってしまったのだ


霊の翼をもて

霊の翼を


そんなものが いらない事が

わかってくる

相対にどんなに 関心が

あるかが

わかってくる

それ自身でいない 

自分がわかってくる

自分自身で居る事の

出来ない

宙ぶらりんの人間に

なっている事が

わかる


人間は 何かを表現しよう

歌も 詩も 絵も その他

ほとんどが

それは霊の翼をもっていない

宙ぶらりんの人間に

なっているからである


1978.07.30.

| 1978年 | 11:35 | TOP↑

≫ EDIT

歌はいらないものだった

歌はいらないものだった

歌が歌えなくなってしまった

声がとまってしまったのだ

歌が歌えなくなってしまった


今日からの 歌を歌うのは 

歌が必要でないということを

わかる訓練の為に

歌うのであって

歌うために 歌うのではない


歌がいらないということが

痛切にわかる為に

歌うのである


霊の翼のみで

十分なのだ

それ以外のものはクローズされてゆく

声が 歌が必要でなくなり

崩壊してゆく

ああ 何とした事か


1978.07.29.

| 1978年 | 11:07 | TOP↑

≫ EDIT

声の起源

声はいらなくなった

高い声も

明るい声も

きれいな声も


霊の翼のみで

声というものは

よごれた人間に

必要だったものだ

という事がわかった


ものすごい事だ


声はいらなかったのだ

人間に声がつきものだと

思っていたが

人間が発明したものだ


大昔の人間と

本当の人間は

声をもっていなかったのだ

声は ずっとあとになって

つくられたものだったのだよ


これはすごい

霊の翼をもったら

声がいらなくなってしまった

歌を歌っても

大きな声

高い声

勢いのある声

きれいな声も

必要でなくなってきた 


声は 実は

いらないものだったのだよ

それが 今頃になって

わかってきた

霊の翼を もってから

霊の翼にとってかわったのが

知識と声なのだ


声を克服できたなんて

信じがたい事実だ


これはものすごい

今までにない大事実

大発見だ


これは 発見されたもの

ではない

そうなってきたのだ


1978.07.29.

| 1978年 | 09:46 | TOP↑

≫ EDIT

霊の翼 (1)

霊の翼 ある者よ

汝は鳥だ

人間とは ちがうのだ


今の人間は 本当の

人間ではないのだ

本当の人間は

もっと透明なのだ

透明で 霊の翼を

もっているのだ


大昔の人間は

そうであった

今の人間は 知識の

にごった かたまりだ

肉体も心も 不透明だ

幻で出来あがった 人間だ


大昔の人間は

霊の翼のみで 生きていた

今の人間は知識 のみで

生きている


翼をもて 翼を

霊の翼有る者となれ

星の彼方までとぶ 翼を


こんな宇宙 

こんな人間どもに

かかわるな

意識の視点を

はるかなる 彼方におけ


視点があまりにも

近すぎる

人間 物 宇宙 星


そんなものは 近い 近いものだ

それに 固定され

それに とらわれて

直径範囲の せまい

カスのような人間に

なりきっているのだ


人間への

人間からへの

視点をはずせ


霊の翼のみで 生きよ

霊の翼あるものよ

霊の翼ある者達よ


1978.07.29.                                                          

| 1978年 | 09:40 | TOP↑

≫ EDIT

夢に 意識をとばせ

夢の遠い 世界でおれ

近くでおったら あかん

星でも 近いものだ

人間の眼で とらえられる

ものだ

それより もっと 遠い所


ピュアーの世界

夢に

意識を とばせ


ましてや 人間や食物

見るもの ふれるもの

味わうものに

意識を 向けるな


1978.07.28.  

| 1978年 | 12:58 | TOP↑

≫ EDIT

ほほえみ

我々に最も 必要なものは

ほほえみだ


ほほえみ ほほえみ

宇宙的 ほほえみ

ほほえみこそ 

我々のもの

それを 忘れると

人は つまらぬことを

言いだす


ほほえみ ほほえみ

ほほえみ こそ

我等のもの


1978.07.11.

| 1978年 | 12:49 | TOP↑

≫ EDIT

歌には感情を入れるな

消えるのは 衝突の中で

消えるのだ


歌う中に 感情を入れて

歌っては

ならない

感情はやすっぽいもの

である

感激や感情音は

音の高低で 消され

ピュアー化されねば

ならない


衝突の中で 破壊されると

最低速が くる

すごい 最低速だ


心の世界が破壊されて

速度と音波の高低の

世界に

そして ピュアーの世界に 入る


1978.07.03.

| 1978年 | 09:14 | TOP↑

| PAGE-SELECT |