FC2ブログ

1978年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1978年09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

霊の翼 (3)

だが しかし これは

ダメだった

これは人間の中に

おあいそをしに行くような

ものだった


何も人間におあいそを

する必要はない

なぜなら 天使は

人間の中に 現われて

来ないだろう


今の人間は 天使であったことを

忘れてしまって

頭でっかちな「人間」に

なってしまったのだ

霊の翼のみでおれ

人間に離れた状態で充分だ

気を使うな


この霊の翼を両腕にもつという

意識は

ものすごいものなのだ

いっぺんに人間から離れられるのだ


それを又 その翼でもって

人間の間に「やさしさ」などと

夢を変形させて

あらわれようとすると

まちがってくる


「夢」とは何かをしっかりつかめ

「夢」はあくまで 「独立」を

意味する


光速をもて 光速を

光速の翼を両腕にもて

両腕のつけ根にもつのだ


1978.08.01.

| 1978年 | 14:17 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |