FC2ブログ

1978年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1978年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新リグ・ヴェーダ 「宇宙創造の詩」

始めに闇があった そこには何の興奮もなかった
動く者も動かないものもなかった
生命も 肉体も 物質もなかった
感情も 情感も 知力もなかった
英知もなかった 精神 心もそこにはなかった
闇は闇として 闇であった

その大闇に一つの穴があいた
そこから一つのあるものが噴き出てきた それは「時間」だ
時間は空間となった その拡がりは光を伴った
光るもの 走るもの 動くものと 動かないものが現れた
そこにはまだ心も 精神も 知も 情感もなかった

重なり合うものがそこにあった
時間と空間という異質のものが同時存在したのだ
興奮が大波の如くやってきた 光りだ 走るものだ
走るものが その構造の中から現れた
興奮は更に興奮を生み ぶつかり合って炸裂をおこした
エネルギーと質量がそこに生れた

「時間」は全てのものをたぶらかす如く 興奮の渦につつんだ
炸裂は炸裂を生み物質をつくった
電気はそれと同時に生れた
物質と物質はそれを生命として呼吸した
星々の存在はそれによって保たれた

それら動きは引き合った 力がそこに生れた
その時にまだ精神も心も 生命も意義づける思考もなかった
むろん意識すらなかった
時間の中から生命が生れた

始めあり終わりあるものは 始めあり終わりあるものを創った
生命がそれである
ヒューマンが現れ それらは意識をもった
心をもち 何か意義づけをもたないと生きられなくなった
心 精神はそこに芽生えた

彼等は真なるものを探し始めた
それでもって 自己を支えようとしたのだ
だが始めから真なる者というものは この世にないのだ
それを彼等は探し 創りだそうと努めた
心の安定を そこで得ようとしたのである

意義のあるものは この世にはないのである
時間が起きてから この興奮は狂い出したのである
時間は狂いのもとである

はじめにあるもの「闇」には
狂いも 興奮も よろこびも 情感もなにもないのだ
意義は人間の心の動きである
只の物質はそういう事を考えた事がない
人間の狂いが 意義あるものという
意義なるものをほっしたのである
始めなる闇にも そこからおきた時間にも
精神や心や 意義や心のかざりはなかった

時間はいろんな興奮と炸裂を起こし 
それら各自の炸裂の中から それぞれの新しいものが創られた
人間の中から 精神 心 意義という 狂ったもの
なくてもよい チリのようなものをつくった

大気中の宇宙のチリは 流星となって散って消えるが
人間の心のチリはなかなか散り消えることなく
より以上に チリをこしらえてゆく
経典 聖者等々が チリと闘いながらも
チリをつくる原因ともなった
神 神々もそのチリの一つだ
意義づける者を人間はもたなければ
支えを失ってしまうからである
光速 低速 光 時間 空間すらチリの一つである

眼(まなこ)あるものは光を欲した
光りが彼等にとって只一つの救いであった
だが眼なきものには 光明は何の関係もなかった
闇は彼等まなこある者にとって恐怖の世界であった
彼等は自己の故郷を忘れ去ったのである
そしてその他に何か意義あるものを探し始め
真理とはこれだ……と示そうと努力した

けれど彼等には 安らぐところが見付からなかった
生命有る彼等は始めと 終わりの繰り返しの中で
狂い叫んだ 神よ 真理よと
彼等の意識は狂いの中で狂うばかりだった

時間はいつか破れる 空間の衣と共に
時間の噴出口に立って 全てを睨みつけている

1978.08.25.
スポンサーサイト

| 1978年 | 12:51 | TOP↑

≫ EDIT

時間を噴出するもの

時間を噴出するもの

時間を噴出するもの


時間の噴出口

時間の噴出口


時間を噴出するもの

時間を噴出するもの


時間を噴出するもの

時間を噴出するもの


1978.08.23.

| 1978年 | 22:13 | TOP↑

≫ EDIT

時間の噴出口たれ

噴出口たれ

噴出口たれ

時間の 噴出口たれ


精神 心 意義づけるもの

一切が

消える

1978.08.23.

| 1978年 | 11:06 | TOP↑

≫ EDIT

消えた人が歌った

消えた人が
消えた人が歌った
消えた人が
消えた人が歌った

透明の人が
体全体が透明になって
消えた人が歌った

消えた人が歌った
消えた人の歌声は
低音で 空気のようで
透明な空気音をしている

声ではない 霊のどよめき
霊の振動だ

木の葉がゆれて 
さわやかに風音を
出すような歌声だ

消えた人が歌った
消えた人が歌った

1978.08.22.

| 1978年 | 11:01 | TOP↑

≫ EDIT

翼ある者

あなたの手は翼だ

手があって 

さらに 背に翼があるのではない

それは天使だ

あなたの手が翼だ


その翼で 人々を抱こう

人々の手に 体に

顔にふれよう


そよ風が 花々の許に

訪れるように

私は翼ある者となった

1978.08.21.

| 1978年 | 08:42 | TOP↑

≫ EDIT

海女

海女は海底にしずむ

海女は 海底にしずんで

真珠を取る


その真珠をかごに入れて

地上に持ち帰る

地上に持ち帰ることを

しないで

海底にとどまった海女がいた

 
真珠と彼女はなった

1978.08.14.  

| 1978年 | 19:40 | TOP↑

≫ EDIT

星の彼方

星の彼方に意識を向けよ
星の彼方に意識を向けよ
手は高く上がる
声は強くなり
勢いにみちてくる

人間のことなど 考えなくなる
人間に関係がなくなる

他人に歌を合わそうとするのでなく
自分一人で堂々と 歌えてくる
狂いだ
ブラフマンでの狂いだ
やはり それ以外の道をとるな

人に 気をつかうな
一人でしっかり歌えてくる
立つのだ
つっ立つのだ
人に関係なく
あちらを こちらとして歌え

星の彼方に 意識を向けて
大きい強い 自信そのものの
声が出てくる

こんなことは アメリカに来て
始めてではないか
何だか 自分を見失って
いた感じがする
アメリカのアシュラムの
人間関係の中で
人におびえていた様だ

自分をとりもどすことが出来た
大きい声を出せない環境に
いたせいもある

この段階は アメリカをしのぐ
人間の中で消える段階より
はるかに勝る
これが踊りだ

消えるな お前は
星の彼方で踊りつづけよ
それがお前だ――

1978.08.11.

| 1978年 | 10:05 | TOP↑

≫ EDIT

人間の道

相手の中で
消えて 歌え
消えて 歌え

人間の中に 跳びこんで
消えるのだ
それを忘れるな

幾何学の回転軸の中で
消えるのだ
歌がとび出てくる

飛びこんで 消えて
歌え

それ以外に
人間の助かる道も
人間のゆく道も ないのだ

1978.08.08.

| 1978年 | 11:31 | TOP↑

≫ EDIT

消えて立て

消えて立て 汝 雄々しき者よ
消えて立て 汝 雄々しき者よ
消えて立て 汝 雄々しき者よ

雄々しく歌い 雄々しく踊れ
雄々しく
雄々しく 汝 消えよ

道を見失っては立ち直り 探し出して進む
この頼りない師匠は 師匠たる値打ちが
あるのであろうか

道を見失いつつも ヨタヨタしながら進む私を
支えてくれている弟子たちに感謝する

もし私が落っこちた時には 私を助けておくれ
その親切な手で引き上げておくれ

この頼りない私によく付いて来てくれる事を
感謝する

1978.08.07.

| 1978年 | 10:11 | TOP↑

≫ EDIT

消えてあるもの



翼は 消えてあるものだ


消えてある翼は

はばたく

消えたはばたきをする


1978.08.04.

| 1978年 | 08:48 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT