1978年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1978年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

言語

言語をつくってから

人間は失敗をした

言語は はじめはなかった

人間ができてからずっと

後の方にそれはなった

はじめの頃の人は

言語をもたなかったのだ

その頃

人は非常に 幸せであった

人は天使であった

彼等は霊の翼をもっていた

霊の翼は

だまっていても意志を

通じ合えた

彼等は常に 通過する人であった

星が言語をもたず

通過しているように

人は天使から人になった時

顔と顔が向かい合うようになった

それから天使は人となり

霊の翼を失い

言語をもたねばならなくなった

言語は霊の翼にとってかわった

人ははじめ意志を表現できると

よろこんだ

だがそれは つかの間の

幸せだった

話せば話すほど 

自己を失った

かくて 向かい合い 

顔と顔は輝きを失い

にがい顔 朗らかな顔

怒った顔となった

一日に何回もその顔はかわった

人となった彼等は

憎しみ合った

愛し合った

親切にし合った

けれどもそれだけでは

もとの幸せを取り戻すことは

出来なかった


聖者がさらに彼等を

だらくさせた


「神」を彼等の前に

提供した

しかし それでも彼等には

幸せはこなかった

愛 神……これらの言葉は

つかい古されたが

それにかわるものを

見付けることが出来なかった

哲学がやって来た

形而上学がやって来た

神秘思想がやって来た


しかし彼等には 幸せが

……もとの幸せがやって

来なかった


人は発展と名付けて

混乱をつくった

そこからも彼等は 幸せを

得ることが 出来なかった

混乱は益々発展という名のもとに

くりひろげられていった


1978.09.30.
スポンサーサイト

| 1978年 | 22:11 | TOP↑

≫ EDIT

自己は波動だ

自己は波動だ

ピュアー波動だ

2も1もない 波動だ


インドでいう ブラフマンそのものだ

それが自己だ

そこまで人は高まり かえり

そこまでならなければならないのだ


ただ単に お腹をふくらませたり

性を楽しんでばかりいたり

他人と けんかばかりしていたのでは

だめだ


それからはなれよ

人間はいつまでも 低迷していてはいけない


人は天を飛び 天かけねばならない

低迷する者はいつまでも

低迷する

低迷とは低い所を うろつくものだ

うろついていると

天が見えなくなる


情感や 感情や 知的ぶつかり合いの

中で

一生も二生も 終えてしまう


低迷する者は 地上をはい

天かける魂の者は 天を飛ぶ


低迷するか 天かけるか

どちらを選ぶか

それはあなたの自由だ


1978.09.30.

| 1978年 | 12:10 | TOP↑

≫ EDIT

波動そのもの

波動だ 

波動だ

汝は


波動だ

波動だ

人間ではない

波動だ


恍惚がくる

人間に関係がなくなる

波動そのもの


1978.09.30.

| 1978年 | 00:34 | TOP↑

≫ EDIT

モラル

アメリカの友人が

「今のアメリカの若い男女は

モラルがない」

といってなげいていた

なぜかとたずねたら

「エニタイム オーケー ゴーイングベッド」

と女性から息子に電話がかかってくる

というのである


では彼の青年時代の大人たちは

どうだったか

やはり 「今の若い者はモラルがないので困る」

と嘆いていたにちがいない

モラルというものは 年々新しく

若くなってゆく

だから いつの時代でも

古い考えの者は

「今の若い者はモラルがない」

と嘆いてきたのである

モラルはこのように いつも

新たに若々しく

変わりつつある

だから アメリカのモラルと

日本のモラルとは

ちがうのである


日本でも 親孝行 奉仕の精神

いけにえ 忍耐 その他

古い言葉が流行したが

今はそれも 古くさい言葉と

なってしまっている

インドも昔は主人が死んだら

婦人が一緒に

その火葬の火の中に飛びこまねば

ならなかった

これがその当時の

インドにおけるモラルであった


道徳 美徳などの考えは

このように年月日に

かわりつつある

このテンポのおそい国民ほど

おくれてゆくのである

古い考えの者はいつも

眼をみはり 或いはいきどおって

おらねばならない

ヨーロッパでも テスト結婚

というのがある

男女が同棲していて

よければ それをつづける

これなど 日本人にとって

驚きであり

かつ不道徳きわまりない

ことである


だが世の中はこれらの

古い考えの人々を

尻目に どしどし新しく

なって行っている

新しくくるものを理解できず

「今の若い者はモラルがない!」

と嘆いた人々は

この日本でも 古い古い

過去の人々なのである

モラルには現在と

未来しかないのだ

太陽に背を向けて

鎖を大切にするか


1978.09.28.

| 1978年 | 00:45 | TOP↑

≫ EDIT

性を解放せよ

我々にとって この宇宙は

幻であろうが

なかろうが

そんなことは問題ではない


神があるとか ないとかも

問題ではない

一番大切なこと

大切とされることは

この人間という自分たちが

仲良くゆかなければ

どうしようもない

ということである

仲良くゆくため

向かい合ったり

知識のつっぱり合いをしていたのでは

どうしようもない

ただ仲良くゆかなければ

やっかいであり

苦しいし 面白くない


この人生を面白く 愉快に

明るく 仲良く かつ清らかに

澄みきったものとしたいものだ


神のことで あらそったり

哲理のことであらそったり

男をとった 女をとったで

あらそったり

物を取った土地をとったで

あらそったり したのでは

最低だ

仲良くゆくことだ

それには 第一番に

人間同士が 向かい合うことから

横につらなり合うこと

そして 損や徳の観念を

消すこと

それと 自己を宇宙的に消してしまうことだ


人と人の間で消すこと

人と宇宙の間で消すこと

消えたら人間はすべてと

一体となる

人と動物 植物 時間空間とも

一体となれる

波動が人間をつつむ

情感的人間 知的人間から

波動的人間にかわるのである

宇宙には ピュアーな波動が

ただよっている

その波動を全身にうけとめ

波動そのものとなるのだ


今の人間の眼は疑にみちている

眼を解放せよ

心を解放せよ

頭を解放せよ

性を解放せよ

波動人間には 性交も

いらなくなる


しかし 今の人間は性交による

大きいストレスをもっている

秘密 独占 禁欲主義

これらからくるストレス

まず このストレスから解放されよ

このストレスを先ずとれば

向かい合いの人間は

連なり合いの 人間にかえってくる

そして宇宙的な波動人間へと

かわってくる


まず 最初にそれ等の

シコリから取り除いてゆけ


人間にとって現実に

人間は何が必要なのか

神でも何でもない


人間と人間が 仲良くゆくことだ

愉快に明るく 仲良くさえ

ゆければ

それでいいのだ

それが出来ないから

神や信仰を求めるように

なったのだ


人間が素裸でおれるように

なったら すばらしい

何の秘密もなく 

透明になれたら すばらしい


1978.09.25.

| 1978年 | 21:50 | TOP↑

≫ EDIT

最後の関門は

最後の関門は

やはり幾何学の世界を

通過するのだ

言語や知識の操作の

世界ではない


光速がその速度をこえると

速度はなくなる

時間も空間もなくなる


自己もなくなる……のであるが

それを観念でわかり

そのわかった観念で操作して

そうなろう そうさせよう

……としても

なれるものではない


それは理論的にいえば

そうなのだというだけの

説明であって

そうなるには

そう分った観念で

そうなろう(我を消す)としても

そうなるものではないのだ


そこは観念の世界の

入れない世界である

そこは幾何学的な世界なのだ

いわゆる構造の世界が

待ちうけているのだ


――これを 今までの聖者たちは

わからなかった

そして観念でそれを

おし切ろうとした


それではダメだ

実現はそんな なまやさしい

ものではないのだ


光速をかけたA点の神経を

やしない

そこで回転軸をまわすのだ

あちらとこちらの 中心軸を

まわすと

「ふるえ」がおきる

あちらとなる


観念での実現法は

昔のユークリッド幾何学と同じくらい

限界のある世界をさまよいつづけて

いることになる


最後の世界は 観念の世界で

なしに

物理学的 幾何学的な

コンピューターと幾何学の舞台である


1978.09.22.

| 1978年 | 23:57 | TOP↑

≫ EDIT

歌だ 歌だ

歌だ 歌だ

フィーリングだ 波動だ


一者のフィーリングだ

講話や教典は知識の

世界に入る


歌うことからくる波動は

自己を知識の世界から

フィーリングの波動の世界へ

導いてくれる


これしかないのだ

光速以上の波動

フィーリングの世界よ


1978.09.22.
 

| 1978年 | 23:00 | TOP↑

≫ EDIT

カルマは消える

高い世界での恍惚

……これは 何であったろうか

これは やはり

そこに それに意義があった

からである

自己が消えた時

そこに 高いブラフマンの

世界での実現も消えて

本当の実現がくる


人間のその実現を さまたげて

いるものの一つに

人と人とが

向かい合って立っているという

ものがある

こんな構図から

横につらなる構図に

人はかわらねばならない


向かい合いは 

カルマをつくる

批判 警戒 緊張……

これらすべて 潜在意識に

しみ込んで

カルマとなる


人間はもともとカルマを

持っていなかった

向かい合いは

何か意義あるものを

捜しはじめてから おきた


捜しはじめるところに

自己が出てくる


自己のないところには

意義あるものも 

意義のないものもない

そこでは人は

横につらなる


道徳も宗教の教義も 消える

そこには 本来あるべき

「ピュアー」があるのみとなる


人は「ピュアー」を失い

意義のあるなしの中で

生きてきた


人が「ピュアー」になると

人と人の間の壁が

崩れ

一つの体 一つの霊の

かたまりとなる


人と人が 向かい合いの構図で

立っているかぎり

いくら宗教を となえても 

道徳 秩序をとなえても

それらは カルマをつくる原因と

なるばかりである


先ず 人と人とが

多くの人と人との中で

抱き合うことからはじめねば

ならない


1978.09.20.

| 1978年 | 11:22 | TOP↑

≫ EDIT

横につらなる者

横につらなる者と

向かい合う者とが ある

アメリカは 横につらなり

アジアは向かい合っている

向かい合う者は いつまでも

向かい合っている

そこには 永遠の空間と

時間がある


幾何学的構図をかえると

隙間が なくなる

つらなった者は

次々とつらなる


向かい合う者は すべてと

向かい合い

つらなる者は すべてと

容易に つらなる


つらなる者には かこいがない

これが 人間の本当の姿だ

人間という感じも消えて

ただつらなりだけがある 

それは 「それ」だ


1978.09.18.

| 1978年 | 13:20 | TOP↑

≫ EDIT

みんな 私

みんな 私

みんな 私


みんなに キスし

みんなを 抱く


みんな 私

みんな 私


みんなに キスし

みんなを 抱く


みんなは みんな

皆は皆


みんなは みんな

みんなは みんな


みんなが キスし

みんなが抱き合う


1978.09.17.

| 1978年 | 13:01 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT