FC2ブログ

1979年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1979年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ピュアーの対話

対話 対話
あなた
あなたに対話

人に 木に 石に
全てに
神に 神像に
空気に 空間に

あなた
あなた
あなたはピュアーだ
ピュアーなあなたに対話する

あなた
あなたに
あなた

木よ 人よ 時間よ 
神像よ

あなたは
ピュアーだ

あなたの全てが
ピュアーにみちている

1979.04.30.
スポンサーサイト



| 1979年 | 10:43 | TOP↑

≫ EDIT

あなたのすべてがピュアーだ

あなたの全てが
ピュアーにみちている
あなたの全てが
ピュアーにみちている

あなたの全てが
ピュアーにみちている
あなたの全てが
ピュアーにみちている

あなたの耳も 口も 頭も
あなたのもっているもの
全てが
あなたの全てが
ピュアーにみちている

あなたの全てが
ピュアーにみちている

あなたはピュアーだ
あなたは ピュアーだ
あなたは ピュアーだ
あなたの全てが
ピュアーにみちている

1979.04.26.

| 1979年 | 13:21 | TOP↑

≫ EDIT

ピュアーバウルの到来

ピュアーのバウルに 私はなりたい
ピュアーのバウルに 私はなりたい
バウル バウル ピュアーのバウル

ピュアーをふりまいて 歌い歩くバウルに私はなりたい
踊って 歌って ピュアーをふりまくバウルに私はなりたい

バウル バウル 何ものをそれ以外に感じず 
ピュアーのみの感じの中で生き通したい
バウル バウル ピュアーの歌を歌い 
ピュアーの踊りを踊って生きてゆく人 バウル

バウル バウル バウルの復活だ
バウル バウル バウルの復活だ

ピュアーを歌いまくるピュアーバウルの復活だ
ピュアーバウルの到来だ
ピュアー ピュアー あなたの全てはピュアーに
みちているのだ
ピュアー ピュアー あなたはピュアーにみちている

教え 説教 そんなものはいらない
このピュアーのバウルの通過のみが必要である
歌え 踊れ 歌い続けよ 踊り続けよ
ピュアーの歌を 踊りを
ピュアーバウルの到来だ

1979.04.26.

| 1979年 | 12:58 | TOP↑

≫ EDIT

アジアにいると

アジアにいると どうしても考える人間に
引き込まれてしまう
求道――道を求める中へと 引き込まれてしまうのだ
自己実現を探し しようとする動きの中へと
引き込まれてしまう
いわゆる間接直感の世界へ

早くアメリカにかえりたい 
直接直感のアメリカへ
人と人が抱き合う世界へ
神とか 真理とか 自己実現とかいうような
うっとうしいものを考えない世界へ

直接に 直に人と人が衝突し 
火花を散らす楽園の世界へ
人と人が直ちに抱き合い キスし合える世界へ
私はゆきたい

アジアにかえるとすぐ 
暗い歴史の重みにとらえられてしまう

おもぐるしいアジアとヨーロッパの歴史の風が
ふきまくっている

カリフォルニアの空のもとへ早く帰ろう

1979.04.25.

| 1979年 | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

光速をこえると

光速をこえると

低速のような

いや 低速でもない

速度のないものに入る


時間 速度 空間が

そこでは 消える


時間 相対のない

世界に入る

超えた世界だ

1979.04.23.

| 1979年 | 09:56 | TOP↑

≫ EDIT

中味があった

歌の中味にふれた
歌の中味にふれた
中味にふれて歌えた
踊りの中味にもふれた

それは歌のいのちとか 踊りのいのちとかとは違う
そんな知的 意識的なものが すっかり排除された所に
それはある
中味というものが

……何やかやというようなものが
すべてとり除かれたところに それはあった

蓮の華の実のようなものだ
花弁も何もかもをとり除いた所にそれは その中味はあった
中味 中味 中味
そんなものがあった

人間にも そんなものがあるのだ
生命といった そんなものでもない
全て知りうる 見うる判断のほこりを取り除いた時に
それが現われた

それにふれた 歌の中味に 踊りの中味に
歌は踊りだし 踊りは踊り出して来た
踊りは 歌は 歌となった
踊りとなった

1979.04.19.

| 1979年 | 09:30 | TOP↑

≫ EDIT

花園がそこにある

通りぬけよう
形のある世界を
通りぬけよう
形のある世界を

そこには 神話の
世界がある

通りぬけよう
形のある世界を
そこには 花園がある

形ある世界を 通り
ぬけよう

1979.04.18.

| 1979年 | 09:17 | TOP↑

≫ EDIT

ピュアーがおそって来た

おお ピュアー
おお ピュアー
恍惚に落ちそうになる私を 
引き戻しておくれ

ピュアーほど 
難しいものはない

しかし これが実現できれば
どんなに素晴らしいか
知れない

幾何学 幾何学
回転の世界
おお私は 恍惚に
おちいる

ピュアーがおそって来た

1979.04.12.

| 1979年 | 19:47 | TOP↑

≫ EDIT

歌にとりつかれた男

歌にとりつかれた男 
人も何もそこにはない
人間関係をどうしようとか 
それがどうされねばならぬとか
彼には 人間はなかった

歌にとりつかれた男 宇宙もなかった
むろん知識の世界は 彼の頭から除去されて
あるもの「そんなもの」だけがあった

それは 歌うことだった
大きな声で 勢いのある声でそれは歌った
歌うしかなかった

涙が又しても 流れて来た
歌がふるえて涙となるのであろう
大声で彼は歌う
それだけの人間となった

人の事など 宇宙のことなど 神のことなど
てんで 彼との関係の中にはなかった
知識をとりのぞいた 中味だけの人間となった

外側のもの 知識 人とどうしよう
宇宙とどうなろうなどと そんな知すらも
取り除かれた中味人間と彼はなる
歌人間だ

1979.04.10.

| 1979年 | 09:23 | TOP↑

| PAGE-SELECT |